アジアスポーツフェスタ2009
toto
 

スポーツ振興くじ助成事業


2009年10月25日、朝から小雨が降り、受付が始まる9時過ぎ頃には風も強くなって、寒ささえ感じられる始末。 「いやあ、去年の12月にやったときより寒いね」こんな声が聞こえてくるほどでした。 「アジアの人たちは寒さに弱いから、少しでも暖かい時期にイベントやって欲しい。」
そんな声に答えて、去年は12月に行ったイベントを今年は10月に繰り上げました。 それなのにこの寒さ! 果たしてどれだけの人たちがやってくるのか心配しながら受付を眺めていました。


 

インドシナ半島などから日本にやってきた定住難民や留学生などを対象にしてソフトバレーボールの教室と試合をするイベント「アジアスポーツフェスタ」は今年で二回目を迎えます。寒さのために不安から始まった今年の大会ですが、蓋を開けてみれば、心配したのが嘘のような盛況振りとなりました。 私たちNPO法人バレーボール・モントリオール会とともに、共催でこのイベントを支えてくれた神奈川県立横浜国際高校にはカンボジア、ベトナム、ラオス、ミャンマー、スリランカ、ブラジル、中国、フィリピン、ネパールなどの国々から180人が参加してくださいました。見学の家族の方も入れると来場者は200人を越えました。 さらに、その参加者をサポートするために、高校生47人が控えます。参加者の中にはまだ日本語が不自由な方もいらっしゃるので、高校生たちが大きな役割を担います。 開会式ではモントリオールオリンピックの金メダリストの紹介、横浜国際高校の羽入田校長のあいさつ、さらには、今回後援をしてくださった国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)駐日事務所の久保さんからごあいさつをいただきました。



モントリオール会から白井貴子、前田悦智子、岡本眞理子、金坂克子、矢野広美、横山樹理と、6人もの金メダリストが顔をそろえました。博多、大阪、名古屋、東京、千葉と普段は各地で生活をしているメダリストが6人も集まって指導するのはNPOを結成してから初めてのことです。その顔ぶれの豪華なこと!? まずはとってもスマートな金メダリスト、前田悦智子さんのストレッチ&リズム体操から始まります。とにかくこれが楽しいのなんのって・・・音楽にのりながら体を柔らか〜くほぐして、みんな笑顔笑顔。



そのあとは、いよいよ金メダリストたちの真骨頂。バレーの基本レッスンです。
サーブ、レシーブ、トス、そしてアタック。 体育館の中に作られた6つのコートそれぞれに、金メダリストが1人つくという豪華な指導です。
さらには、大学生のバレーボール部員10人が実際にボールをあげてくれます。 ボールが柔らかくて痛くないためでしょう。みんな笑顔です。
アジアでは体育がない国が多いので、女性がスポーツをすることが少ないと言われています。 今回初めてボールを追いかけたと言う人もいたほどです。

さらに、小学生の子供たちは別室でボール遊びに興じます。 矢野広美さんが、ボールを使った楽しいコーディネーショントレーニングをしてくださいました。さっきまで ゲーム機を手放さなかった子供たちが、今度はボールをしっかり抱きかかえて走り回っているのです。
お昼はPTAのお母さんたちが作ってくださった野菜汁をいただきながら、ほっと一息。寒さも吹き飛びます。

午後はチーム対抗戦です。
男女ミックスのチームで、試合を進めていきます。しかし、日本語で説明したルールが言葉の壁に阻まれ、時に試合がストップしてしまうことも。そんな時にメダリストたちがワンポイントアドバイスを行い、潤滑油の役目を果たします。みんなどんどん上手になっていくのがわかりました。
できるだけ多くのチームが対戦できるようにと1セットマッチでしたが、かなりの接戦続きで、予定よりかなり時間がオーバーしてしまったほどです。国の対抗戦になったところが多く、みんな真剣そのものでした。
バレーボールの試合を見慣れているスタッフが、「日本人がもう忘れてしまった熱気があるね。凄いパワーだ」と感心しきりでした。


国連難民高等弁務官事務所からもチームが参加。かつてモントリオール会のメンバーと一緒にネパールの難民キャンプにご一緒した上月光さんや、今回実行委員になってくださった南オリビアさんもボールを追いかけました。
 


6つのコートごとの優勝チームどうしで決勝戦をおこない、優勝チームを決めていきます。 試合を終えた人たちは床に座って、べちゃべちゃとおしゃべりをしながら、のんびりと観戦。 ナイスプレイや、同じお国の選手には大きな拍手や掛け声を送っていました。
アジアの「まったり感」がそこかしこに漂います。
  
ラストは新体操の登場です。
日本女子体育大学OGの玉野さんが代表をつとめるShaleurRG<シャルール アールジイ>の中学3年生、上藤佳絵さんと中学2年生、風岡涼香さんの2人が見事な演技を披露してくれました。 おそらく新体操を目の前で見るなんて初めて!という方がほとんどだったと思います。
先ほどまでの「ゆる〜い空気」がピリッと締まり、みんなの眼が選手の一挙手一投足に注がれていったのです。 本当にきれいでした。



演技後、参加者の子供たちにクラブやボールを持って演技に挑戦もしてもらいましたが、どれだけ新体操が難しいものか、皆さんにもわかっていただけたことと思います。

するスポーツ、見るスポーツ、支えるスポーツ、いろんなスポーツの形を一度に体験し、さまざまな国の方が一つになった1日だったように思います。 表彰式で優勝、2位、3位のチームの首にかけられたのはアジアで絶大な人気を誇る「ドラえもん」のメダルです。何でも願いがかなう?ドラえもんを手にしてみんなご満悦。
 


ほかに、会場にいらしたすべての方に当たるくじ引きが行われ、今回このイベントに協賛品としてご提供いただいたさまざまなプレゼントが配られました。
素敵なお財布から、チョコレートの詰め合わせ、さらには金メダリストの矢野さんのお父さんが作ったサツマイモまで、山のようなプレゼントに、参加者は大喜びでした。
 


チョコレートの詰め合わせをご提供くださったロッテ様、おしゃれなポーチをご提供くださった株式会社クイーポ様。スポーツシャツをご提供くださったライフ・フィットネスジャパン株式会社様、サウジアラビアのグッズをたくさんご提供くださったサウジ・ペトロリアム・リミティッド東京支社様、シャンパンをご提供くださった加藤彦三商店様、多くのご支援をいただきました南陵ロータリークラブの皆様、県立外語高校OGB会6期生の方々、いつものようにボールや用具をそろえてくださったモルテン様、ポカリスエットをご用意くださった大塚製薬様、今回ご後援をいただき一緒にボールを追いかけてくださった国連難民高等弁務官駐日事務所の皆様、横浜市市民活力推進局のスタッフの皆様、そして、何よりも、一緒に笑い、ボールを見つめ、応援をしてくれた県立横浜高校の生徒たちと先生方、おいしいお味噌汁をサービスしてくださったPTAの皆様、金メダリストのアシスタントをしてくださった大学生の皆さん、さらには今回の実行委員会委員をお引き受けくださった方々、各コミュニティーのまとめ役をしてくださった皆様、本当に本当にありがとうございました。また、この事業を助成してくださいました日本スポーツ振興センターtoto事業のスタッフの皆様のお力添えなくしてはこのイベントを成功させることはできませんでした。深く感謝いたします。
 

アジアスポーツフェスタ2009企画運営プロデューサー宮嶋泰子 
 
アジアスポーツフェスタ2009を振り返って 白井貴子

アジアスポーツフェスタ2009の感想 横浜国際高等学校長 羽入田眞一

 




 



 
 
 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved