.
 
           アジアスポーツフェスタ2010
toto
 

スポーツ振興くじ助成事業


今年で3回目を迎えた「アジアスポーツフェスタ」、10月24日(日)、横浜市南区の神奈川県立横浜国際高校はいつもと同じ会場ですが、これまでの2回とは様変わりしていました。バレーボール大会に加え、早稲田大学ボランティアセンター(WAVOC)主催の駅伝大会が行われるからではありません。第1回では、WAVOCのサッカー大会を経験していますから、体育館とグラウンドを一度に利用することは別に目新しいことではないのです。



今にも雨が降りそうな肌寒い朝でした。この日、年に一度の難民にとって一番大きな催しもの「難民の集い」が都内で開かれたため、事前の申し込みも少なく“主客”の集まりが心配されました。案の定、難民の皆さんの出足は悪く、ヤキモキしました。ベトナム、カンボジア、ラオス、中国などから約120人は、これまでの半数でしょうか。心配は杞憂でした。3回目のイベントへの広がりが、予想を超える形になりました。会場を提供してくださる県立横浜国際高の生徒や横浜市の職員の方、高校のある南区から体育指導委員、難民の方が多く在住の泉区から上飯田中学校の先生方、東海大女子バレーボール部員、早稲田大学ボランティアセンターの学生たち、これに駅伝関係のWAVOCの皆さんとその数140人を数えました。“主客”と“持成す側”とが逆転したことで、難民と一般市民との交流の輪ができ、お互いの意思が通じ合ったのです。様変わりは“瓢箪から駒”でした。



開会式の顔ぶれは壮観でした。主催者のモントリオール五輪金メダリストは高木(旧姓白井)貴子代表理事、田村(旧姓前田)悦智子副代表理事、田中(旧姓金坂)克子、吉田(旧姓高柳)の両理事、かつての世界的マラソンランナー瀬古利彦さん、そしてタンザニアの星イカンガーさんが勢ぞろいです。「私の国、タンザニアにも難民キャンプがあり、難民たちが暮らしています。日本にも難民の人たちが暮らしていると聞きました。カンボジア、ベトナム、ラオス、それぞれの国の事情があり、皆さんの思いもそれぞれでしょう。しかし、今日、ここに集まった皆さんは、それぞれの事情はさておき、一緒にスポーツをしましょう。スポーツを楽しみましょう」挨拶に立ったイカンガーさんの感動のメッセージです。まさにこのイベントの意義を表現してくれました。




バレーボール大会(一組6人、時間制1セットマッチ)は難民チームだけではなく、高校生、大学生、体育指導員らボランティアのスタッフも交じった混合チームもあって、難民のためのコートは難民と一般市民が交流する場となりました。瀬古さんもイカンガーさんもチームに加わり、楽しくボールをはね返していました。



参加者らは三々五々に弁当を食べたあと、準決勝、決勝で大盛り上がり。男子の準決勝はカンボジアチーム同士、「(3回目となると)みんな、上手になりましたね」高木代表理事も驚くほど。決勝戦はベトナムとカンボジアで競われ、強烈なスパイクもあれば、ブロックも出る、白熱の攻防に館は歓声がうずまきました。そしてこの間、外では子どもたちを対象にボールを使った基本運動が行われ、こちらも笑顔と子どもたちの歓声が校舎にこだましていました。



駅伝大会へ向けランニングの用意。体育館のこもった熱気から離れて、どんよりとした天気もグラウンドではすがすがしくさえ感じます。再び体をほぐしたあと、早大競走部員からタスキの受け渡しの指導を受け、いよいよスタートです。バレーボールのチームがそのまま駅伝チームになって、1周450bをタスキリレー。「(バレーボールで)もう、疲れたよ」「走るのはいやだよ」と言っていた声は、もうどこにもありません。走り出したら、本能か、本性か。「負けてたまるか」で一生懸命、ちびっ子から大人まで、難民も一般市民も一緒に顔をゆがめて健脚を競っていました。



横浜国際高の前身・神奈川県立外語短大付属高OGの福徳未来さん率いるチアリーディングの華麗な演技、早大生安藤勇太さんの一輪車による世界一の妙技は、時に参加者の度肝を抜き、大いに目を楽しませてくれました。目ばかりではなく舌を喜ばせてくれたのは昼食時のベトナム春巻き。これも県立語短大付属高のOGらと現役高校生が、ベトナムからの難民の指導のもと作りました、なんと500本(2本1組100円)。完売です。
 


もっと美味しいことは最後です。賞品あり、お土産あり。山崎パン、丸美屋、ミズノ、エスビー食品、日本バレーボール協会、加藤彦三商店のほか個人からも寄付、物品の提供をいただき、参加者には嬉しいプレゼントとなりました。

いつもながら多くの人に支えられている喜びを感じていますが、メダリスト以外の本会メンバーも奮闘しました。鍼灸師でもある稲葉俊顕会員は白衣で救護の面倒を見てくれました。大上志麻会員は遠く宇部市からも助っ人に来てくれました。そんな中で、一番重い荷をおろしたのは、県立外語短大付高出身でこの大会のプロデューサーを務めた宮嶋泰子理事。“案ずるより産むが易し”、ボランティアや難民の責任者らから「これまでで一番楽しかった」の声が聞こえてきたのです。



主催=NPO法人バレーボール・モントリオール会、県立横浜国際高校、
後援=国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)駐日事務所、 横浜市市民局
協賛=山崎パン、ミズノ、丸美屋、大塚製薬、ミカサ
独立行政法人日本スポーツ振興センター助成事業
同時開催=早稲田大学ボランティアセンターEKIDEN for PEACE、


以上
Written by 奥本浩平


 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved