アジアスポーツフェスタ2011

この日1日、横浜あげて“難民の日”
金メダリスト9人勢ぞろい


インドシナ難民の国内定住者支援のスポーツ大会「アジア・スポーツフェスタ2011」は10月30日(日)、神奈川県立横浜国際高校(横浜市南区・羽入田眞一校長)でベトナム、カンボジア、ラオスなどから子供を含め約170人の男女が参加して開かれ、体育館と芝を張り廻らした新装のグラウンドで心地よい汗を流しました。

モン・スポのメーンエベントは今年で4回目。10月最終日曜日の横浜は“難民の日”です。ボランティアは横浜国際高校生徒、同職員、同父母会、東海大や早大の学生、横浜市職員、南区体育指導員ら約150人。午後、雨が降って駅伝大会は急きょ中止になりましたが、バレーボール大会には男子15、女子11、子供3のチーム(6人制、時間制1セットマッチ=女子チームは4人+東海大女子バレーボール部員2人)が出場、6面のコートで熱戦を展開しました。中でも男子決勝、ベトナムVSカンボジア戦は得点ごとに喚声を上げ、プレーもVリーグ並みの一コマも。勝ったベトナムなどは着ていたビブスを投げあげて優勝の喜びを爆発させていました。女子も優勝はベトナム、2位カンボジアでした。

子供達を喜ばせたのはグリーン一色のグラウンドです。中には裸足で芝の感触を足しまめるようにしてフリスビーやドッジボールに戯れている少年もいました。昼食の目玉はカンボジアのカレーうどん(1杯200円)、昨年の春巻き(ベトナム)に続いて好評でした。

毎年のことですが、参加者の一番の楽しみは協賛各社からいただいた品々のプレゼントです。大会の成績順に一人一人に手渡されると、まるで2か月早いクリスマスがやってきたように、笑顔で大はしゃぎしていました。これには久しぶりに顔をそろえた金メダリスト(白井貴子=代表理事、岡本眞理子=副代表理事、前田悦智子=副代表理事、中村きよみ、金坂克子、高柳昌子、矢野広美、横山樹理=以上理事、いずれも旧姓)も顔をほころばせ、大きな拍手を送っていました。夜の打ち上げ会は京急弘明寺駅近くで、約40人が出席してお互いの労をねぎらい合いました。

校長先生以下学校上げて全面協力をしていただく横浜国際高には「ありがとう」を百回言ってもまだ足りないほど感謝しています。

モン・スポのFacebookページに写真を載せていますのでこちらもぜひご覧ください。

▽主催  モン・スポ、神奈川県立横浜国際高校

▽後援  UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)駐日事務所、NPO法人国連UNHCR協会、横浜市市民局

▽協賛  ミズノ梶Aヱスビー食品梶A大塚製薬梶A潟~カサ、サウジ・ペトロリアム・リミテッド東京支社、
       (有)草加豊田せんべい店、三国コカ・コーラボトリングス、ブルボン、 草加・八潮地区遊技業防犯協会、
       横浜南陵ロータリークラブ、加藤彦三商会

▽協力  日本スポーツ振興センター、東海大女子バレーボール部、WAVOC(早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター)



 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved