アジアスポーツフェスタ2012

新たに「ちびっ子テニス教室」 グレードアップしてアジ・スポ終わる

2012年10月28日(日)

夜になって雨脚が激しくなりました。打ち上げは京急弘明寺駅近くの居酒屋。横浜市職員、南区スポーツ推進委員、横浜国際高校の教員と父母、救護担当の東洋医学の先生、早大生ら“裏方さん”約30名が、「アジア・スポーツフェスタ2012」を振り返って、労をねぎらいました。2007年の第1回から陣頭指揮の宮嶋泰子さん(テレビ朝日アナ、モン・スポ理事)へ誰もが「お疲れさまでした」とお礼の声を掛けました。約3時間の慰労会。いつものことながら「また来年も会いましょう!」の言葉を交わして雨傘を開いたのは、午後9時を回っていました。

 どんよりとした朝でした。10月28日(日)、横浜市南区六ツ川の県立横浜国際高校(YIS)=里見正憲校長=、午前7時半前にはスタッフが集まり始めます。今年で5回目のアジア・スポーツフェスタ。「去年は雨で駅伝が中止なった。今日は出来るといいね」そんな願いもむなしく9時前にはポツリときました。この日は、横浜市界猥在住のベトナム、カンボジア、ラオスなどインドシナ難民の集い、横浜市挙げての難民の日でもあります。ちびっ子からおじいちゃんまで総勢120名。カンボジア勢は行事が重なり昨年に比べ激減しましたが、ボランティアは今年も約170名です。

 準備体操は東海大女子体操部がリードします。体操部は“先人”の女子バレーボール部に刺激され、向学ためにと手を挙げました。赤羽綾子監督(幻の1980年モスクワ五輪代表)ほか11名。「この日のために試行錯誤」(赤羽監督)だったそうですが、やっぱりユニークです。舞台の4名がリズミカルな音楽に合わせて、しなやかに体を動かします。フロアでは300名近くがこれに合わせて「イチ、ニイ、サン…」。少女と大人が一組になって両手を持って体を前後に引っ張り合います。汗が出始めると、バレーボール教室へ。田村悦智子(旧姓前田、モン・スポ代表理事、エッコさん)、中村きよみ(旧姓加藤、カトちゃん)、池田廣美(旧姓矢野、ヒロさん)、西川樹理(旧姓横山、ジュリさん)金メダリストの出番です。東海大女子バレーボール部員の補助で初心者用のボールが行き来します。パス練習が一通り終わると、ゲーム。男子9(1チーム6名)、女子7(同4+東海大2)の16チームが4つのコートでリーグ戦(時間制10分)を行い、決勝トーナメントの組み合わせを決めるのです。

 この間、雨のため芝のグラウンドをレスリング場のマットに変えて、ちびっ子15名が体操部員と一緒にボール遊びや新体操用ループに4名ずつ入っての競走などして歓声を上げていました。

 お昼休みはラオススープ(@100円)。大根、ニンジンなど野菜いっぱいに豚肉と鶏肉のミンチボールの入った塩味。おにぎりにお弁当に、パンにも合う。大鍋の下には長い行列です。ベトナムの春巻き、カンボジアのうどんに続き、これもまた大好評でした。

 今年の目玉はプロテニスプレーヤーによる指導ですが、その前に午後一でプロの腕を披露。体育館に簡易テニスコートをつくり、ネット向こうに立てた小さな空き缶ピラミッドをサーブで当てて崩すという技。赤羽毅朗プロ(26)=日本プロテニス協会=はさすが、見事倒しました。いかに難しいか、テニス部顧問の橋本一光教諭、OBの李文馨さんもチャレンジしましたが敵いませんでした。幸い雨は一休み、グラウンドを使う駅伝は早々中止になりましたが、全天候のテニスコートはOK。ちびっ子たちは一人一人がラケット片手に初体験のテニスに戸惑いながらも心を躍らせました。「子どもに教えるのは初めてです。難しいですね。喜んでくれたでしょうか」イケ面プロの感想でした。

バレーボールは年々上手になっています。スパイク、ブロックなど、ワンプレーを取ればトッププレーヤー顔負けです。決勝は時間制15分。男子は「Super Drive」が32-23で「友好」を、女子は「天使」が35-24で「てへこつバーベル」を、それぞれ破って優勝しました。今年は3位まで賞状と特製メダルが授与され、表彰式も盛り上がりました。ところでチーム名が“いかにも”でしょ。「幸せ」「世界平和」「湘南」「希望が丘」「アンコールワット」など。受付後、チーム編成する際、予め用意した名前が与えられるのです。これらの名前が書かれたプラカードは、蠅たたきに厚紙のプレートを張り付けたもので、一昨年からYIS生が制作し、引率までも行っています。

 最大に盛り上がったのは、駅伝に代わって、10名がタスキでつなぐ障害物競走リレー。南区スポーツ推進委員の皆さんが張りきってくれました。体育館のフロアにバレーボールのネット、テニスボールとバドミントンラケット、体操用マット、バレーボールと金メダリスト、この4つの障害をクリアしながら競走します。13チームが手を挙げ、3組に分けて、タイムで競います。スターターは元早稲田大学競走部マネジャ―の中村仁さん。ネットくぐりでもがく、テニスボールが落ちる、タスキが脱げる、メダリストとのパスはまるで玉突き…。爆笑と喚声、拍手も入って、締めの一大イベントとなりました。

 表彰式と抽選会。協賛各社、個人から贈られた品物が山のように並びます。アジ・スポは、難民の方々にとどまらず、ここに集まった全員が、スポーツで心と心を繋ぎ、スポンサー様から贈り物でさらに満足感を味わう。一時的とはいえ、物心両面の喜びを満たす、チーム名そのままに幸せ、世界平和、友好、希望が丘の催しでした。そして、暗くなった外は、天気予報そのままに本降りの雨でした。

 横浜国際高校に集まったすべての皆さん、お疲れさまでした。ありがとうございました。協賛いただいた各社、個人の皆様には感謝するばかりです。
来年もまた会いましょう!

横浜市体育協会のサイトには当日の模様が掲載されています。ご覧ください。

また、モン・スポのFacebookページにも写真を載せていますのでこちらもぜひご覧ください。

 ▽主催 モン・スポ(NPO法人バレーボール・モントリオール会)、神奈川県立横浜国際高校

 ▽後援 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、NPO法人国連UNHCR協会、横浜市市民局

 ▽協賛 公益財団法人日本バレーボール協会、ミズノ梶A森永製菓梶A大塚製薬梶A竃セ治、潟~カサ、アラムコ・アジア・ジャパン、サウジ・ペトロリアム・リミテッド東京支社、横浜南陵ロータリークラブ、渇チ藤彦三商店

   ▽協力 日本スポーツ振興センター、東海大学女子バレーボール部、同大学女子体操部、横浜市南区スポーツ推進委員、横浜市南区さわやかスポーツ委員、横浜市泉区上飯田会、WAVOC(早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター)


 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved