アジアスポーツフェスタ2013

 
台風一過、テニスコートでサッカー教室

2013年10月27日(日)

アジスポ2013“アジアの交差点”に300人

秋晴れのすがすがしい朝でした。「初めてですね、こんな天気は」顔なじみのボランティアさんから声を掛けられました。週の初めから台風27号にやきもきしていましたが、まぎれもなく台風一過。おテントウさまが「6年間文句も言わず、よく頑張ったね」とアジアスポーツフェスタにご褒美をくれたのでしょう。

10月27日午前10時の県立横浜国際高校、アジスポ2013は突然の澄み切った横笛の音が合図でした。ベトナム、カンボジア、ラオスなどインドシナ難民の皆さん約100名、日本からの参加者とボランティア約180名は、体育館に流れる、爽やかな笛の音色に目をパッチリ。中国人の張素奇さん(東海大国際部職員)が奏でる「万年紅」(中国の曲=いつまでも健やかに、と言う意味か)に、誰もが耳から元気をもらいました。

過去5回とは趣の異なるオープニング。そして「お早うございます!」プロデューサー、ディレクター、司会・進行役、宮嶋泰子アナ(テレビ朝日、モン・スポ理事)の、いつもの歯切れの良い声が響きました。

 贅沢なコーチングスタッフが揃いました。1976年モントリオール五輪女子バレーボールの金メダリスト、飯田高子、前田悦智子、加藤きよみ、白井貴子、金坂克子、高柳昌子、横山樹理の7名、元なでしこジャパンの宮本ともみさん、1980年幻のモスクワ五輪女子体操代表の赤羽綾子さん(東海大女子体操部監督)。それぞれが紹介された後、準備体操に入る前に、びっくりがありました。

 脳を活性化させる体操、シナプソロジーです。メダリストの加藤さんのリードで、参加者全員で“じゃんけんぽん”が始まりました。脳を混乱させ、リフレッシュさせるために何通りものじゃんけんを組入れます。例えば、指導者がグーを出すと右手は勝ち(パー)、左手は負け(チョキ)を出すなど。上手くできなくて、笑いが起こります。混乱が確実に脳を生き生きさせたのです。実はメダリストの5名は前日の26日、ルネサンス両国本社でシナプソロジーの講習を受け、普及員の資格を得て最初の仕事がこの日でした。ちなみに、シナプソロジーはシナプス(SYNAPSE=脳の神経細胞の結合部分)からつくられた造語です。

 バレーボール大会をメーンに始めて6年目。駅伝は障害物タスキリレーに代わって続いています。子どもたちを対象に昨年は体操教室、テニス教室、今回はテニスに代わって宮本さんのサッカー教室。コンディションの良いテニスコートで、元なでしこのテキパキした指導に、サッカーボールと戯れるちびっ子たちの目は輝いていました。お昼休みの体育館では滝沢龍二くん(9)=ベトナム=がリフティングの妙技を披露して、感嘆させました。

 バレーボール大会は男子がパラダイス(カンボジア)、女子はライオン(ベトナム)が優勝。16チームが参加した障害物タスキリレーではハゲンナム(ベトナム)が勝ち、抱えきれないほどの景品をもらってはしゃいでいました。年々増える団体、個人からのプレゼント品。この日の全員に行き渡り、皆が笑顔になりました。

 同じことの繰り返しのようで、実は毎年進歩・成長しているのです。「『ゆるさが最高』という価値観コンセプトにしてもいいかな」と総合プロデューサーの宮嶋アナ。「それもまたよし」、イベントの意義も価値観も時とともに変わってよいのです。

帰りの車の中で(優勝した)カンボジアの人たちはメダルを首から下げてうれしく笑い通していました。ベトナムの人も『楽しかった』『土産をたくさんもらってうれしかった』と上々の評判でした。(横浜国際高の)高校生たちがカンボジア人たちから『ありがとう』をクメール語で教えてもらっていました。文字が芸術的なので感動していました。アジアの隣国を知る大きなチャンスでした」(元難民事業本部の志賀ツヤ子さんからのメール)

 「初めてイベントを行ったとき小学校3年生だったベトナムの男の子が、今年は敬語を使ってしっかり話す中学2年生になっていました。人と人との繋がりの温かさを感じさせてくれるのです」(宮嶋泰子さんFB)

 「2年ぶりの参加です。2年前、グラウンドで見つけた四葉のクローバーをくれた子に会えるかな、と思っていましたが、来ていませんでした。来年は会いたいですね」(早大3年・飯塚悠介くん)など。年に一度、“ここ”は、アジアの人たちの交差点になるのです。

 何にもましての感謝はここ横浜国際高校です。教職員、生徒、保護者など有志のみなさんのバックアップなしにはアジスポはありません。羽入田眞一校長(現湘南高)に始まり、里見正憲校長、今年は高橋勝己副校長が打ち合わせから打ち上げまで通して顔を出してくれました。学校と地域の連携やモン・スポとの窓口になって、アジスポ誕生からお世話になった橋本一光体育教諭は、今年度限りで異動とのことです。6年の間、本当にお世話になりました。記念にメダリストのサイン入ボールを小会から贈りました。弘明寺駅近くのいつもの居酒屋、「また来てくれるかな!」の呼びかけに「いいとも!」。来年、橋本先生はモン・スポ賛助会員で来てくれます。

詳しくは、横浜市体育協会ホームページモン・スポFBを参照してください。
奥本浩平

 

▽主催
モン・スポ(NPO法人バレーボール・モントリオール会)

▽共催
神奈川県立横浜国際高等学校

▽後援
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)
NPO法人国連UNHCR協会
横浜市市民局

▽協賛
公益財団法人日本バレーボール協会
公益財団法人横浜市体育協会
館山市スポーツ課
一般財団法人遊技機リサイクル協会
ミズノ株式会社
株式会社ミカサ
株式会社明治
大塚製薬株式会社
久光製薬株式会社
平塚製菓株式会社
株式会社加藤彦三商店
アラコム・アジア・ジャパン株式会社
横浜南陵ロータリークラブ

▽協力
日本スポーツ振興センター
東海大学女子体操部
横浜市南区スポーツ推振委員
横浜市南区さわやかスポーツ委員
横浜市南区家庭婦人バレーボールメンバー
横浜市北区家庭婦人バレーボールメンバー
横浜市泉区上飯田会



 
 
 
 
 
 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved