アジアスポーツフェスタ2014

 
7回目を終えて思うこと

2014年10月26日(日)

アジスポの原点は交流と友好

暑くもなく、寒くもなくスポーツ日和の10月26日、「アジアスポーツフェスタ2014」の県立横浜国際高校には参加者約400名が集いました。主役のベトナム、カンボジア、ラオスなどインドシナ難民の皆さん約150名、中、高校生、地元サッカークラブの少年ら約100名、さらに大学生、横浜市職員、南区民、横浜国際高職員・PTAらボランティア約130名。予め準備していた受付の枠を超えました。

今年も女性オリンピアン8名が勢揃いしました。モントリオール五輪女子バレーボール金メダリスト7名(田村=旧姓前田=悦智子、神白=同飯田=高子、中村=同加藤=きよみ、高木=同白井=貴子、田中=同金坂=克子、吉田=同高柳=昌子、西川=同横山=樹理、いずれもモン・スポ執行役員)、幻のモスクワ五輪女子体操代表の赤羽綾子さん。加えて2020年東京五輪招致の大役を果たした水野正人さん(ミズノ相談役会長、モン・スポ名誉顧問)も応援に駆けつけてくれました。アイスホッケー日本代表の高嶌遥さんや元なでしこジャパンGKの小野寺志保さん(大和市職員)、四方菜穂さんを入れると新旧併せて11名の日の丸代表が集合したのです。

午前10時過ぎ、おなじみ宮嶋泰子テレビ朝日アナウンサー(モン・スポ理事)の司会で始まりました。脳の活動を促すシナプソロジー、東海大女子体操部のリズミカルな音楽に乗ってバレーボールのプレーを取り入れた準備体操は気持ちを浮き浮きさせました。

7回目で初めてのことがありました。芝生の校庭を使ってサッカー教室、障害物リレー競走を行ったことです。ティフトンと呼ばれる温暖型芝(高麗芝に比べてメンテナンスも楽でコストも安い)がグラウンド一杯に根を張るまで3年の歳月がかかりました。5年前の09年に準備を始め、10年に200uほど植えて生育状況をチェック。11年7月、県の支援を受け、生徒や保護者らが50a置きに苗を植え付けました。水やりなど養生を重ね、その10月から使用OKとなりましたが、アジスポ開催日は生憎の雨天続き、やっと晴れた昨年は台風一過で使用不可。そうして今回、やっと芝生の上を遠慮なく走り回れたのです。

サッカー教室には地元SCの子どもたちに、難民の男児、横浜国際高女子サッカー部員を加えて約40名。指導は小野寺さんとDFの四方菜穂さん。黄と黒、ツートンのボールが芝に映えます。コーチングは個人からチームへ。午後はミニゲーム、芝の上を走るちびっ子イレブンは楽しそうでした。

“グリーンのカーペット”の上にネット、縄跳び、ラケットとボールなどがトラック状に並べられ、フィナーレの障害物リレー競走です。12名1チームの8チームがエンジの襷を繋ぎます。EKIDEN指南の中村仁さん(早大職員)のピストルが空高く響き、応援のかん声があがります。体育館では感じなかった爽やかさと清々しさがありました。

昼休みのアトラクションは心を和ませてくれます。胴衣、袴に面、胴、籠手を付けた剣士、川原道場(南区)の大人6名と小1から中1までの12名。礼に始まり礼に終わる日本古来の剣道の稽古模様は、難民の皆さんの好奇心を掻き立てたようです。「日本の武道を見たいよ」ベトナムの世話役、紀仁さんのリクエストに、南区の皆さんが応え、実現しました。華やかだったのは横浜国際高校チアリーディング部の演技です。指導者のいない同部を急きょコーチしたのが、今回アジスポのスタッフの一人として参加した日本チアリーダーの元祖、浅井直湖さん(法大応援団バトントワラー部創設者)。「短い時間の中で、良く理解してくれました」と出来栄えに納得していました。

1階のレスリング場では難民の女児らが東海大女子体操部のお姉さんたちとフラフープや風船バレーなどを楽しんでいました。表彰式と抽選会も例年通り大賑わい。ご協賛各社、個人の方々から寄せられた品物は、今年も並べきれないほど。お酒、お菓子、レトルトカレー、衣類、装飾品、カメラ、医療品などなど。ポカリスエットの蓋にマジックで書いた番号が、読み上げられた番号と一致したら当りです。興奮と落胆が入り混じって、今年もまた予定より大幅に遅れて”お祭り“は終わりました。

が、残念なことがありました。男子12、女子7チームが参加したメーンのバレーボール大会です。金メダリストがリードし、東海大女子バレーボール部員12名らが補助に回っていつも通り進行。男子のトップチームなどは年々レベルアップしています。ところが、同時に勝利至上主義に走る傾向が強くなり、国別の対抗意識もあって、勢いルールも疎かになってきました。細かいことはさて置き、それが今回の男子決勝戦などで具体的に表れたのです。もちろん、運営サイドの問題もありますが、これを機に今一度、“初心”2008年に戻ってみようと思いました。

会場の県立横浜国際高等学校は、県立外語短大付属高と県立六ツ川高が合併して2008年4月2日に開校。「アジアスポーツフェスタ」はその年の12月22日、この新生高校で、インドシナ難民の皆さんの交流を目的にスタートしました。初代校長の羽入田眞一校長と宮嶋泰子理事(テレビ朝日アナウンサー)が前身の県立外語短大付高の先輩、後輩というご縁で全ては始まったのです。始まりは難民の皆さんの交流・友好第一なのです。

打ち上げの居酒屋でした。PTAのお母さんが「横浜国際高校では難民の方々が交流する催しを行っていることを知っていました。娘がこの学校に入れば私も参加できると思い、娘に受験させました。思いが叶い、うれしく思います」と。今年4月赴任の横浜国際高校3代目校長の森慎二先生の言葉も嬉しいものでした。「私たちもアジアとの交流を深めていくことを進めて行きます。皆さんの活動をこれからも応援します」(要旨)。同い年、来年は8歳になる横浜国際高校とアジスポ、もう一度、仕切り直しをしようと心に決めました。

忘れてはいけないことがありました。準備段階からこの日までまさに孤軍奮闘の宮嶋アナに
「宮嶋さん、ありがとうございました。長ーい1日、お疲れさまでした」
                                 奥本浩平


詳しくは、横浜市体育協会ホームページモン・スポFBを参照してください。
   
    ◇アジアスポーツフェスタ2014◇

▽主催 モン・スポ(NPO法人バレーボール・モントリオール会)
▽共催 神奈川県立横浜国際高等学校
▽後援 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、NPO法人国連UNHCR協会、横浜市市民局
▽協賛 公益財団法人日本バレーボール協会、公益財団法人横浜市体育協会、館山市スポーツ課、一般財団法人遊技機リサイクル協会、株式会社ミカサ、株式会社明治、大塚製薬株式会社、久光製薬株式会社、味の素株式会社、平塚製菓株式会社、草加せんべい豊田屋、株式会社加藤彦三商店、アラムコ・アジア・ジャパン株式会社、横浜南陵ロータリークラブ
▽協力 日本スポーツ振興センター、大和市、東海大学女子バレーボール部、東海大学女子体操部、横浜市南区スポーツ推進委員、横浜市南区さわやかスポーツ委員、川原道場剣友会(横浜市南区)、横浜市泉区上飯田会

                                                           
             総合司会の宮嶋泰子アナ           モントリオール五輪金メダリスト7名勢ぞろい


        東海大学女子体操部によるウオーミングアップ体操          パスの指導をする金メダリストの田中克子理事
 
    東海大女子バレーボール部員らのアシストを受けて練習する参加チーム   内容の濃いプレーの応酬となったバレーボール男子決勝戦
 
        適切なアドバイスをする元なでしこの小野寺志保さん        芝のグラウンドでドリブル練習のちびっ子イレブン
 
      ちびっ子たちに優しい視線を注ぐ元なでしこの四方菜実さん    レスリング場で東海大女子体操部のお姉さんと遊ぶ難民女児ら
 
      ラオススープを作って、参加者にふるまう横浜国際高PTAの皆さん      ラオススープを求めて行列をつくる参加者
 
         鶏肉にニラ、ピリ辛にレモン風味のラオススープ           横浜国際高チアリーディング部の華麗な演技
 
          川原道場剣友会、総勢18名の剣士による乱取り      芝のグラウンドで行われた障害物タスキリレー競走のネットくぐり
 
     タスキを肩にテニスボールをラケットで運ぶ難民女児とお母さん    障害物タスキリレーでデッドヒートを見せる縄跳び競走
 
       障害物競走の最後の難関はバレーボールのパス5回連続           優勝の商品どっさりもらって大喜び
 
                        抽選で当たった品物手に笑顔いっぱいの難民の皆さん
 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved