アジアスポーツフェスタ2015

 
8回目、改めてインドシナ難民を考える

2015年10月25日(日)

シリア難民は400万人を超えた−。こんなニュースを目の当たりにして10月25日、いつ もの神奈川県立横浜国際高等学校で「アジアスポーツフェスタ2015」(スポーツ振興くじ 助成事業)を迎えました。8回目、「難民」(注1)という言葉を改めて考えていました。

午前10時からの開会式、いきなり心にズシンときたのはカンボジア難民から帰化した伊東 久里寿那さんのあいさつ。「ポル・ポト政権で殺される人が増える中、母親が決断して私 が11歳の時、タイの難民キャンプに逃げ込みました。そこで暮らしている間は、辛いこともたくさんありましたが、15歳の時、日本へ来ました。こうしてバレーボールを皆で一緒 にできることをとてもうれしく思います」(要旨)噛みしめるように訥々と話す日本語に 、定住難民の皆さんは自らをダブらせ、ボランティアの大学生、高校生らも難民の実態を 垣間見ていました。

思えば2007年4月、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の誘いで、ネパールの難民キャンプを訪れ、ブータン難民の皆さんとバレーボール大会を開いたのがきっかけでした。 翌年12月、主として神奈川県在住のインドシナ難民(注2)の皆さんにバレーボールを通して交流してもらおうと開催したのが、このアジスポです。日本の国としては2005年にインドシナ難民の受け入れを終えており、難民事業本部(東京・新宿)の話では「二世や母 国の方と結婚を含め、現在約11,500人が国内に居住。その内、約3,500人が神奈川県内で生活している」そうです。  

久里寿那さんは、あどけなさの残る少女だった1987年9月、お母さん、お兄さん、妹さんの4人で日本へ辿り着きました。20年前に日本人男性と結婚して、3人の子どもに恵まれ、大和市で穏やかな暮らしを送っています。恒例の昼休みアトラクションで は、民族衣装をまとってカンボジアの伝統舞踊アプラサを妖艶に舞いました。アプサラは「天使・天女」を意味し、踊りは神への祈りとして捧げるものだそうで、反り返った手と 指の動きがとても印象的でした。この手の動きは、生命の一生、花の芽生えから身が落ちるまでを例えとして表現しているとのことです。が、物の書には、ポル・ポト政権は、宮廷古典舞踊は王政を祭るものとして、300人を超す先生や踊り子の90lを処刑の対象にし たとありました。

ラオスのラープーやスープなどで昼食をとった後のひと時、横浜国際高チアリーデイン グ部の演技、同校2年生・東花凛さんの空手の演武に続いた、優雅な“天女の舞”は、久里寿那さんの苦難な半生と重なって、愛おしさとない交ぜに哀愁を感じずにおれませんでした。    
    

  

        
 

原点に戻り和やかなバレーボール大会  


バレーボール大会、サッカー教室、障害物リレーなどプログラムは秋空の下、笑顔いっぱい和やかに進行しました。ベトナム、ラオス、カンボジアからの定住難民の皆さんは、 カンボジアの行事が重なって例年より少ない約120人、これにスタッフ、ボランティア約 200人。コートに、グラウンドに散った瞬間から人種を越え、差別を越えて笑い声があふれていました。

バレーボール大会(6人制)は男子8、女子6チーム。「ミャオス」と言う女子チームが 初参加です。この催しならではの嬉しい、仲睦まじい現象、ミャンマーとラオスの混成な のです。ゲームは、吉田昌子(旧姓高柳)代表、神白高子(同飯田)、田村悦智子(同前 田)、中村きよみ(同加藤)、田中克子(同金坂)、西川樹理(同横山)の各理事=いず れも1976年モントリオール五輪金メダリスト=に東海大、県立柏陽高の女子バレーボール 部員がアシスト。勝ち負けにこだわり過ぎギクシャクした昨年の反省から、楽しむことを心がけて運営した結果、「穏やかに進んでホッと胸をなで下ろしました」(世話人・志賀 ツヤ子さん)

芝生の緑がまぶしい校庭では元なでしこの中地舞さん、浦和レッズの千葉望愛(ちば・ みのり)さんの指導でサッカー教室。ちびっ子イレブン、横浜国際高女子サッカー部員ら 約30名に交じって、水野正人名誉顧問(ミズノ会長)も学生時代に戻って汗を流しました。

レスリング場は、お母さんの手を離れて、ちびっ子の遊び場。東海大女子体操部員のリードでボール遊びや縄跳びなど思いっきり体を弾ませていました。

誰でも参加できるは障害物リレー。6人でチームをつくり、タスキをつなぎます。南区 スポーツ推進員・さわやかスポーツ委員のアイデアで、今年は障害の一つにフリスビー投げを追加。ランナーがフリスビーを的の籠入れに四苦八苦するのを見て、応援者らは笑いこけていました。


             


朝からマイク持ちっぱなしの宮嶋泰子理事(テレビ朝日スポーツコメンテーター)の締めは、表彰式と景品抽選会。協賛をいただいた会社、団体、個人からの品々が舞台の上に ぎっしり。抽選会では大塚製薬のポカリスエットのキャップに描かれた番号が決め手。番号が読み上げられるたびに一喜一憂しながらも、難民の皆さんはお土産を抱えて家路へ急 いでいました。

今まで以上に難民の皆さんの思いを、スポーツの力を実感した1日。打ち上げの懇親会 、「今回はお一人だったミャンマー難民をもっと呼びましょう」という声が。後日 、「2011年以降、63人のシリア人が難民申請をしているが認定されたのはわずか3人だけ 」「厳し過ぎる認定基準」と言う新聞記事を読みました。日本の難民認定制度(注3)は ? 後学のためにあれこれ勉強し直します。(奥本浩平)


▽主催 NPO法人バレーボール・モントリオール会(モン・スポ)
▽共催 神奈川県立横浜国際高等学校
▽後援 横浜市、大和市、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)駐日事務所、NPO法人国連UNHCR協会
▽協賛 公益財団法人日本バレーボール協会、横浜市南陵ロータリークラブ、国際ソロプチミスト東京−山の手クラブ、大塚製薬株式会社、株式会社明治、アラムコ・アジア・ジャパン株式会社、久光製薬株式会社、株式会社加藤彦三商会、平塚製菓 株式会社、株式会社豊田屋、館山市スポーツ課、一般財団法人遊技機リサイクル 協会、横浜市体育協会(順不同)
▽協力 日本スポーツ振興センター、東海大学女子バレーボール部、東海大学女子体操競技部、横浜市南区スポーツ推進委員、横浜市南区さわやかスポーツ委員、横浜市泉区上飯田会、神奈川県立柏陽高校女子バレーボール部

 
 

注1> 難民(REFUGEE) 広い意味で戦争、天災などのため困難に陥った人々、あるいは戦禍、政治 的混乱や迫害を避けて故国や居住地外に出た人を言います。(広辞苑)

注2> インドシナ難民 1975年インドシナ3国(ベトナム、ラオス、カンボジア)では相次いで社会主義体制に移行しましたが、新体制下で迫害を受ける恐れのある人々や新体制になじめない人々が海上へ逃れたり(ボート・ピープル)、陸路隣国へ逃れました(ランド・ピープル)。これらの人々を称してインドシナ難民と言い、その総数は約144万人に達します。その内、約130 万人がアジア地域の難民キャンプを経て、またボート・ピープルとしてアメリカ、オーストラリア、日本、カナダなどへ定住しました。1979年からは国連難民高等弁務官事務所とベトナム政府との間で締結された「合法出国に関する了解覚書」に基づき、家族再会や人道的ケースの場合に限りベトナムからの合法出国を認めると言う合法出国計画が開始されました。この計画によりベトナムを出た人は約60万人に達しています。日本でも1980年からこの計画による 離散家族の呼び寄せが認められることになりました。インドシナ難民の流出は1979年にピークを迎えましたが、その後、インドシナ三国の国内状況の安定化により流出は減少しました。 インドシナ難民の大部分は第三国へ定住し、一部の難民の本学への帰還も進み、国際社会から 見たインドシナ難民問題は一応の終息を迎えています。

ベトナム難民 1954年の南北分断以降、南ベトナム共産主義勢力による反政府ゲリラが活発化し、1964年頃からアメリカが本格的に軍事介入し、ベトナム戦争が拡大していきました。1975年、サイゴン陥落でベトナム戦争は集結しましたが、その前後から南ベトナム政府や軍の関係者、資産家など新しい社会主義体制の下で迫害を受ける恐れのある人々、新体制に不信や不安を持つ人々が大量に国外へ流出を始めました。サイゴン陥落以前に国外に脱出できなかった人々は、いわゆるボート・ピープルとして漁船等の小型船に乗って直接周辺諸国へ脱出しました。

ラオス難民 同年8月にラオス愛国戦線が全土を掌握、12月に王政を廃止してラオス人民民主主義共和国を樹立、社会主義国への道を歩むことになりました。この政変の結果、旧政権の関係者や新体制を嫌う人々が難民となって国境のメコン川を泳いだり、小舟で渡り、タイ領内に流出しました 。

カンボジア難民 1970年に親米派ロン・ノル首相が実権を握るクメール共和国が成立しました。しかし、シハヌーク国家元首と左翼勢力による民族連合王国政府との間に内戦が続き 、1975年4月首都プノンペンが陥落し、社会主義体制となりました。ポル・ポトを中心とする 新政権は、王政を廃止し、民主カンボジアを樹立して旧政権関係者の大量粛清、生産手段の国 営化、都市住民の農村への強制移住など急激な改革を進めたために、難民がタイ領域内へ流出しました。1978年12月、ベトナムの支援を受けた反政府勢力の大攻勢が開始、翌年1月にはプノンペンが陥落し、ヘン・サムリンが実権を握るカンボジア人民共和国の樹立が宣言されました。民主カンボジア政府側はタイ国境や山岳地帯を根拠地としてゲリラ戦を展開したため、再び大量のカンボジア難民がタイ領域内に流出しました。

定住促進センター 日本に定住するインドシナ難民の約半数、ラオス・カンボジア難民のほとんどが、姫路と大和の2つの定住促進センターの出身です。 姫路センターは1979年12月、初の日本定住希望者のための施設として、宗教団体の運営する姫路市郊外の一時滞在施設に隣接して開設しました。当初はベトナム、ラオスの二か国の人 が入所しましたが、1981年からは主にベトナムの人が入所するようになりました。一次施設 の運営経験のある神父やシスター、ベトナム人通訳がスタッフとし加わったほか、隣接する病院が医療面で協力するなど、団体の諸活動がセンターの運営に大きな支えとなりました(1996 年閉鎖)。大和センターは1980年2月、住宅地に隣接した大和市内の「ファチマの聖母少年の町」施設跡地に開設しました。当初からベトナム、ラオス、カンボジアの三か国の難民が入所しました。隣接する小学校や自治会との交流が活発に行われ、地元にはセンターを支援するボランティア団体が出来、その活動の輪は次第に神奈川県内の地域に拡がって行きました(1998 年閉所)。(以上難民事業本部ホームページより抜粋) ◇ミャンマー難民 1946年にミャンマー国内の少数民族の反政府勢力とミャンマー軍事政権と の対立が始まり、1975年以降、戦闘や人権侵害を逃れて人々がタイ側へ流出。1984年、難民キャンプが正式に設立されてから現在も、難民帰還の兆しは見いだせない状況にあります。一方、受入国のタイ政府は自国社会への統合政策には消極的です。近年、ミャンマー政府の急速 な民主化政策は、タイ国境にある難民キャンプの人々にも大きな影響を与えています。唯一の 解決策であった第三国定住政策は2014年3月、日本政府が受け入れ延長を決める一方で、大量 受け入れ国であったアメリカは2013年から受け入れを収束する方針を示しています。ミャンマー政府は60年以上も反政府武装闘争を続けてきたカレン民族同盟と停戦合意しました。その後の和平交渉の中には国内避難民、難民に自主的本国帰還も含まれていますが、安全に帰還できるまでにはまだ条件は整っていません。(公益社団法人シャンティ国際ボランティア会ホームページより抜粋)

注3> 日本の難民認定制度 難民条約加盟後の1982年から始まり、申請者が証拠資料や関係者の証言で難民であることを立証する。法相から難民に認定されると永住許可の要件が緩和され、国民年金や生活保護の受給資格が与えられる。

 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved