アジアスポーツフェスタ2016

 
総勢340名、熱気ムンムンの体育館

2016年11月6日(日)

小春日和の中、定住インドシナ難民の皆さんがにぎやかに、楽しい1日を過ごしました。今年で9回目、アジアスポーツフェスタ2016は11月6日(日)、神奈川県立横浜国際高校で開催。ベトナム、カンボジア、ラオス、ミャンマーに加え、スリランカ、ブラジルからの方々も顔を揃え、その数約160名が参加しました。これに大学生、同高校生徒とPTAなどボランティア、運営スタッフ約180名が入り乱れ、体育館は早朝から熱気があふれていました。

「おはようございます」コーディネーターの宮嶋泰子アナ(テレビ朝日スポーツコメンテーター、モン・スポ理事)の聞きなれた一声でスタート。準備体操はおなじみの東海大女子体操部の皆さんです。快適な音楽に合わせたリズミカルな動きに、参加者からは笑顔がこぼれ、お隣同士で手を取り合って体をほぐすと仲間意識も芽生えます。
 ここからは遠慮なし。体育館ではバレーボールの練習です。金メダリストの吉田昌子代表理事、神白高子、中村きよみ、田中克子、西川樹理の各理事と東海大学女子バレーボール部員が指導に当たります。男子は年々レベルが上がり、形になっているチームが多くなっていますが、女子はパスすることさせままならない人が相変わらず目につきます。それでも一生懸命プレーする姿は微笑ましいものがあります。

 アジスポがきっかけで芝生が植えられ、緑がまぶしグラウンドではサッカー教室。ビッグな指導者が大阪から駆け付けてくれました。元ガンバ大阪の主将、木場昌雄さんです。
参加が小学生6名と寂しく、水野正人名誉顧問(ミズノ会長)から「もっと参加者を集めないと指導してくださる方に失礼だよ」とたしなめられるほど。主催者として申し訳けない思いで一杯でしたが、中身の濃い2時間に子供たちは大喜び。かつての名選手のアドバイスに感激していました。

 レスリング場は子供の広場。東海大女子体操部員は、子供たちが飽きないよう、場内にある器具を使って遊びを創作しながら面倒を見ます。いつもは午前中だけですが、子供たちが30名近くいたため午後もオープンしました。


昼食の本格ベトナム料理に長蛇の列  


参加者の特別な楽しみは三つ。その一つ、昼食。今年はベトナム料理ですが、本職のシェフがスタッフを引き連れて、校内の厨房で、PTAの手助けを得て作りました。レストラン「イエローバンブー」(千代田区内幸町、飯野ビル)のオーナー南雅和さん(49)はベトナム難民で定住35年目。この日のメニューはベトナム汁麺(フォー)、サンドイッチ(バインミー)、サツマイモの甘辛煮。用意した310人前に預かろうとテントの前には長蛇の列ができ、昼休みの時間に食い込みましたが、その美味さには代えられません。

昼食に堪能した後、二番目の楽しみはお昼のアトラクションです。「実験道場」という結成1年半の5人組ダンス集団、上下横縞模様の出立でネコに扮してブレークダンスやヒップホップダンスを披露。踊るだけでなくカンフーで使うヌンチャクで頭に乗せたリンゴを落とすなど観客と一体のパフォーマンスは満腹感を癒すには十分でした。「私もガーナやカンボジアで社会貢献活動をしています。この催しは素晴らしいです」という紅一点、河岸純子さんの目標はブロードウエーだそうです。

ベトナム・カンボジア混成チームに喝采

 
バレーボール大会で微笑ましい光景が見られました。アジスポを通して知り合ったベトナムとカンボジアの男性が混成チームを作って参加したのです。決して仲良しとはいえない両国だけに、このイベントならではの国際親善です。

簡単ではないのがバレーボール。とりわけインドシナの女性はプレーする機会が少なく、ボールがつながりません。ゲームにならないのです。そこで活躍してくれるのが東海大女子バレーボール部員、各チームに2名ずつ送り込むことでラリーが続くのです。楽しさ、興味も倍増して、男子に負けないほど盛り上がりました。圧巻だったのは男子で初参加のスリランカ。長身ぞろい、高さとパワーで圧倒してぶっちぎりの優勝でした。

南区のスポーツ推進員、さわやかスポーツ委員の皆さんが障害物に工夫を凝らす障害物タスキリレーは全員参加。6人一組で早稲田大学競走部制作、槐のタスキをリレーして競走します。つるべ落としの陽が傾く中、グラウンドはひと際大きな歓声に包まれました。  これこそ特別、最後の楽しみ、三番目は表彰式と抽選会。22の団体と多数の個人からいただいた協賛品が体育館のステージを埋めます。スタッフ総出で仕分けです。表彰式、次々に呼ばれるチーム名。景品を抱えてチーム全員で記念撮影。抽選会では飲料ゼリーのキャップに書かれた数字に一喜一憂、勢いよく手を挙げたものの何を選ぶか一苦労。賑やかなフィナーレはいつもながらの風景でした。

テレ朝が番組制作、『難民とスポーツ』

 
この日、テレビカメラが入りました。テレビ朝日が『難民とスポーツ』をテーマに番組制作(放送日未定)するそうで、私たちの地道な活動が世間に広く報道されることは大変嬉しいことで、放送日が待ち遠しいです。思えば07年4月、ネパールに遠征してブータン難民のキャンプ地でバレーボール大会と一連のテレビ報道が浮かびます。テレビ朝日は、この模様を含め約1年間、スポーツ支援を通して難民たちがどのように変わっていったかなど、スポーツの持つ可能性を探り続けて、ドキュメンタリー番組『そしてボールは空を舞う』を制作。翌08年3月から12月まで全国9局で放送され、多くの視聴者から感動の手紙が届きました。アジアスポーツフェスタはその年の12月21日にスタートして、難民とバレーボール、難民とスポーツが広く、大きく展開され、今日に至っているのです。

来年2月、カンボジアでバレーボール教室

2020年を前にスポーツ庁のスポーツ・フォア・トゥモローは、開発途上国のスポーツ人口を広げる運動をしています。そんな折、タイ国境で地雷を処理しながら「平和の種を蒔きたい」と地域の復興に奮闘する元自衛官の高山良二さんのたっての願い「バレーボールを子供たちに教えてほしい」に、スポーツ庁が動き、(公財)日本バレーボール協会(JVA)が賛同。来年2月、カンボジアでバレーボール教室が開催されることになりました。  カンボジアでは地雷原を整備した野原にポールを立て、ネット張ってコートを作り、日本から大谷佐知子さん(84年ロサンゼルス五輪銅メダリスト)ら女子オリンピアンが指導します。バレーボールを通してスポーツの広がりを願う本会も少なからず関わります。モン・スポ理事でJVAの理事でもある宮嶋アナが全行程をプロデュースし、今年5月までカンボジア男子バレーボールチームの監督を務めていた渡辺孝さん(モン・スポ正会員)も帯同するのです。アジスポに参加していたカンボジア人男性、チアン・ソッキムさん(31)=18歳の時、難民として日本へ。横浜市在住=は、この話を聞いて「カンボジアはサッカーと並びバレーボールをする人は多いです。女性や子供たちはそうでもないので、楽しめたらよいですね」と話してくれました。

来年は10回目、新たなアジスポへ踏み出します

今回のアジアスポーツフェスタは、助成金なしの全くの自主運営。資金繰りに苦しみながら実施した第1回を思い出しました。
それでも、両面カラーのチラシを作って寄付を呼び掛けてくださった国際ソロプチミスト東京-山の手様をはじめ多くの方からご支援をいただき、大きな赤字を作ることなく、“やればできる”の思いを強くしました。
ご支援、ご協力くださった皆様、ありがとうございました。ただ、ボランティア、スタッフの皆様には行き届かないことばかりで、打ち上げの懇親会も抜きにして、主催者として心苦しい次第です。

 来年は記念すべき10回目。このイベントの趣旨をもう一度思い起こし、中身のある、記憶に残るアジアスポーツフェスタを、皆様と一緒に作っていきたいと思い、願っております。(文責・奥本浩平)


             


▽主催 NPO法人バレーボール・モントリオール会(モン・スポ)
▽共催 神奈川県立横浜国際高等学校
▽後援 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)駐日事務所、NPO法人国連UNHCR協会、横浜市市民局、大和市
▽協賛 (株)明治、日本水産(株)、ミズノ(株)、久光製薬(株)、ニチバン(株)、平塚製菓(株)、(株)テレビ朝日、(有)豊田屋、(株)加藤商事、テイジンポリエステル タイランド、グローバル・インベストメント・アジア、(一社)JDFA、
(公財)日本バレーボール協会、(公財)JKA、国際ソロプチミスト東京?山の手、(一社)遊技機リサイクル協会、
NPO法人日本エコサイクル土壌協会、南稜ロータリークラブ、横浜市体育協会、館山市スポーツ課、草加市自治文化部。
このほか個人多数
▽協力 東海大学女子バレーボール部、同女子体操部、上飯田会、南区スポーツ推進委員、同さわやかスポーツ委員、
スポーツ庁職員、横浜市職員、上智大学生、東海大学生、鍼灸整体東洋医学会員、ほか多数

 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved