NPO法人バレーボール・モントリオール会

早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター 共催


ネパール・ダマク難民キャンプ支援プロジェクト

スポーツに何ができるのか、オリンピックの金メダリストとして何ができるのか。


報告書


NPO法人バレーボール・モントリオール会は早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)との共催で2007年4月1日から10日の日程で、ネパールの南東部にあるダマク難民キャンプを訪問し、難民へのバレーボール指導および交流を行いました。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)からの要請で行われたこのプロジェクトは、ミズノ株式会社、かめのり財団、株式会社モルテンのご協賛のもと、多く方のご支援を受けて大きな成果を挙げることができました。

●ご協力いただいた方々

 <こちらをご覧ください>

●派遣者

NPO法人バレーボール・モントリオール会
白井貴子、金坂克子、矢野廣美(モントリオール五輪金メダリスト)
稲葉俊顕(神奈川柔道整復専門学校鍼灸学科教師)
奥本浩平

早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター
奥村塁、山下寛晃、落志朋代、下平早紀、赤松順平

<取材陣>
テレビ朝日  宮嶋泰子、後藤卓司、宮野亜美、佐藤茂
フォート・キシモト 山崎康司

●スケジュール

   2007年4月1日  成田出発→(タイ国際航空)→バンコク 
           2日  バンコク→(タイ国際航空)→カトマンズ
                カトマンズUNHCR事務所での打ち合わせ
           3日  カトマンズ→(ブッダエアー)バドラプール→(陸路)ダマク
                ダマクUNHCR事務所での打ち合わせ
           4日  ダマク難民キャンプ バレー教室1日目
           5日  バレー教室2日目
           6日  キャンプ対抗試合
           7日  ダマク→(陸路)バドラプール→カトマンズ
           8日  カトマンズ滞在
                テレビ朝日インタビュー等
           9日  カトマンズ→(タイ国際航空)→バンコク→成田
          10日  成田朝到着



●支援活動内容

その1:スポーツ用具の物資支援
多くの方々から寄せられたボール、シューズ、スポーツシャツ、ネットなど支援物資は38個のダンボール箱に詰め込まれて、現地ダマクまで輸送されました。物資の一部はバレーボール大会の賞品として難民に贈られ、その他の多くは現地UNHCR職員の手によって公平に7つのキャンプのユースフレンドリーセンターに配られました。また、ボールの一部はキャンプの周辺にある村の住民にも手渡されることが約束されました.

その2:バレーボール教室および試合
ダマクにある7つの難民キャンプの一つで、最も大きなベルダンギ難民キャンプにて4月4日、5日と二日間にわたってバレーボール教室が行われました。普段はサッカー場となっている草一面の広場に、難民ボランティアの手によって竹のポールを利用しての12面のコートが作られました。7つのキャンプから集まったのは15歳から25歳までの男子
93人、女子93人、合計186人で、この中には軽度の障害を持つ28人も含まれていました。昼休み休憩2時間をはさんで午前、午後、合計4時間の練習が行われました。
男子の指導は白井貴子、WAVOC学生の奥村塁、山下寛晃、女子は金坂克子、矢野廣美、WAVOC学生の落志朋代、下平早紀が担当。男子は普通のバレーボール球、女子はソフトバレーボール球を使用。男女ともにキャンプ内の学校でバレーボールの経験は多少あったようでした。
特に女子では最初は慣れないソフトバレーボレー球に戸惑う姿も見られましたが、徐々に慣れて二日目には懸命にボールを追う姿が見られました。UNHCR職員によれば、男子と同じ球を使うと、男子に球を取られてしまうので、女子用にソフトボールを提供したことは将来的な女子のためのスポーツ普及にはよかったという言葉をもらいました。また、参加した女性たちからは「手が痛くないので、これなら子どもたちにも教えられる」と言われ、うれしい限りでした。土地の習慣で普段は控え目な女性たちがこれだけスポーツに興じるのは始めてのことだそうです。
4月6日の試合には、7つのキャンプの男女代表チームに加え、UNHCRの事務局員や難民ボランティアグループのママさん、ユースフレンドリーセンターのメンバーなどもチームを組んで、合計29チームが出場する形になりました。この中には、普段はキャンプ難民とあまりよい関係ではないキャンプ周辺住民からも男子チームが参加して、キャンプ16年の歴史の中で難民が周辺住民と何かを一緒に行うという初めての快挙がなしとげられました。

その3:トレーナーによるマッサージ教室
トレーナーとして随行した学校法人平井学園神奈川柔道整復専門学校鍼灸学科教員、稲葉俊顕氏による東洋医学マッサージ教室も4月4日、5日の両日開かれました。教室に参加したのは難民キャンプで障害児や高齢者のケアーなど理学療法などをされる方々を中心に70人あまりで、仕事がら皆さん熱心に耳を傾けておられました。特にデモンストレーションで行われた灸や鍼の治療では驚きを隠せないでした。
このほか、UNHCR職員の皆さんもこの東洋の医学に多大なる興味を示され、時間のあるときに施術をしてほしいと個人的に稲葉氏に申し込まれる方も多く、改めてWHO(世界保健機構)で承認されている鍼灸への関心の高さを知ることとなりました。



●難民キャンプでスポーツ支援を行った理由


難民支援というと、普通は食料や医療品を中心とした生活物資の支援や教育支援を思い浮かべる方がほとんどでしょう。しかし難民問題が長期化したキャンプでは、長い人で15年以上もそこでの生活を強いられ、さらにはキャンプ内での生活しか知らない青少年も多くなってきます。当然のことですが、人間としての生活の質をいかに向上させるかが大きなテーマになってくるのです。スポーツは楽しみの少ないキャンプでの生活を潤すための格好のツールです。これは国連難民高等弁務官(UNHCR)ダマク難民キャンプ事務所が実践する「Youth Friendly Centers」の構想とも合致します。

「Youth Friendly Centers」とは
難民問題の解決の糸口が見出せない中、ブータン難民はネパールでは就労権が与えられておらず、若者たちは将来の青図を描けずにいます。スポーツや演劇・音楽などの文化活動、職業訓練などをこうした若者たちに提供することは、フラストレーション解消や精神安定、ひいては自立支援の機会を提供することにつながります。UNHCRではこの7月からいくつかのキャンプに「Youth Friendly Centers」を設け、若者たちを対象にした活動を強化しています。




●今回のスポーツ支援を行って


難民となって将来への希望を持てない中、大きなストレスにさらされている若者たちにとって、食料や医療などとは違った今回のスポーツ支援が大きな意味を持ったことはその表情に表れていたように思います。特に難民の女性たちの楽しげな表情やはつらつとした動き、さらにはキャンプ16年の歴史で初めて行われたという難民と周辺住民との試合を見ながら、改めてスポーツの持つ大きな力を感じずにはいられませんでした。
多くの皆さんのご好意で贈られたスポーツ用具などの物資によって青少年難民の生活の中にスポーツが根付いてくれ、彼らの生活の質が向上していくこと願ってやみません。チャンスがあれば、キャンプ再訪ができることを望みながらここにご報告させていただきました。

<このプロジェクトの詳細な報告、「奥本浩平の難民支援行状記」>
<矢野廣美の「難民キャンプ地で知ったバレーボール」>
<稲葉俊顕氏の「難民キャンプでの東洋医学の伝授」>
<早稲田大学・山下寛晃の「難民キャンプ支援プロジェクトに参加して」>
UNHCRダマク事務所根本かおる所長からの手紙  


●報告関連

2007年
5月31日(木曜日)   山梨県立国際交流センターにおける報告会&パネル写真展(山梨県甲府)14時より16時30分まで
6月15日から7月13日まで   フォート・キシモトによるパネル写真展(東京・青山 国連大学ビル)
6月25日(月曜日)   国連大学ビル・UNHCR東京事務所(東京・青山)における報告会 17時より19時30分まで

テレビ朝日におけるドキュメンタリー 
    今後の難民キャンプでのバレーボール普及の様子も加えて取材。

  ◇ネパール難民支援のためUNHCRへ10万円寄付(2008.6.6)


member

NPO法人バレーボール・モントリオール会
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1−30−8
(財)日本バレーボール協会内
3-5786-3850 (担当 奥本)
E-mail:vbmontreal@yahoo.co.jp 

早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター
〒169-8050 東京都新宿区戸塚町1-104-1    
Tel :03-3203-4192 Fax:03-3203-6306(担当:赤松)
E-mail:wavoc@list.waseda.jp

                            以上




参考資料
 

●ダマク難民キャンプとは・・・

1990年代初頭に民族主義政策や民主化要求運動などにより、ブータンから逃れてきたネパール系ブータン難民約10万6000人が、ネパール南東部の7つのキャンプで、長期にわたって避難生活を送っています。その一つがダマク難民キャンプです。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)がサポートしているキャンプでもあります。場所はネパールの東端にあり、インドと国境近くで海抜は100mの低地です。

  19世紀後半から20世紀初めに、経済的な理由から多くの人々がネパールからブータン南部に移住しました。しかし、低地に住むネパール系の人々は、ネパール語を話しヒンズー教徒中心であるのに対し、中高地に住む主流派ブータン人は、仏教徒です。そもそも民族的にも宗教的にも異なります。 
 1980年代末から1990年代初頭にかけて、ブータン政府によるネパール系の人々の国籍剥奪や民主化要求をめぐる対立などから大量の人々がネパールに避難しました。難民たちの帰還に向けたブータンとネパールとの二国間交渉は、いまだ具体的な解決が見えない状況です。

kids map
   
 
Copyright (C)Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved