NPO法人バレーボール・モントリオール会

早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター 共催

ネパール・ダマク難民キャンプ支援プロジェクト

ブータン難民支援行状記 -1-

奥本浩平

 

日本スポーツ界初めての五輪金メダリストによる「海外での難民支援活動」は、手前味噌になるが、大成功だった。この意義を今後広め、スポーツ界にボランティア活動の輪が大きくなって行くことを願っている。私たちNPO法人バレーボール・モントリオール会と早稲田大学平山郁夫記念ボランティセンター(WAVOC)による、ネパールの「ブータン難民支援バレーボール教室」(注1=ことの始まり)は4月4日から6日まで3日間、インド国境に近い東南部、ジャパ郡ベルダンギ地区で行われた。モントリオール五輪優勝メンバーの白井貴子、金坂克子、矢野廣美のほか早大生、トレーナーとして神奈川柔道整復専門学校の鍼灸師、テレビ朝日取材スタッフ、JOCオフィシャルエージェントのフォート・キシモトのカメラマン、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)職員ら総勢16人のプロジェクト。活動を支えてくださった多くの皆さんの善意に感謝しつつ、4月1日サクラ満開の日本を離れ、若葉芽吹く10日帰国までを奥本浩平の独断と偏見を日記にした。


 

   

4月1日(日)=晴れ
ボール、靴など支援物資を詰め込んだダンボール29個が出発ロビーを動く。約350kg。
テレビクルーの機材などを合わせると510kgだ。チェックインに30分。
「目的地(ダマクのUNHCR事務所)まで無事届いてほしい」と祈る気持ち。バンコクまで6時間(時差マイナス2時間)。午後5時前、私にとって25年ぶりの「微笑みの都」は気温36度、湿度90%。「蒸し風呂」のここで一泊する。白井さんは初めての海外遠征がここ、18歳の時。金坂さん、矢野さんは初めて。モノレールを使って、テレ朝のカメラマン後藤氏推奨のタイ料理店へ。「カンパーイ」の声高らかに16人が絆を結ぶ。蒸し暑さも手伝って、ビールが五臓六腑へ染み渡る。早大生の落志さんが作った「しおり」(36頁)が配られ、その出来栄えに感心しきりだった。

成田にて 
 

4月2日(月)=晴れ
ニワトリの鳴き声で目が覚めた。6時前、白々としてきた。朝食、マンゴウをたらふく食べて「さあ、カトマンズ」。バンコク国際空港。

 

フライトを待つ間、鍼灸師の稲葉先生は早くも治療開始だ。水泳の世界選手権(豪州)から連続の宮嶋アナらが次々お世話になった。元気一杯の機内。30年ぶりに一緒の海外を味わう“金トリオ”はかしましい。現役時代のこと、家族のこと、尽きない。出入国申請を書くのに大わらわ。「ここへ何を書くの」「ここはパスポート番号でしょ」。午後1時過ぎ(日本からの時差マイナス3時間15分)カトマンズ国際空港へランディング。


風がやわらかい。蒸し暑くない。標高約1200メートルだから当然か。それにしても、ここがネパールの表玄関なのか。薄暗く、天井は低い。ただなんとなくゆったりしている。例のダンボール箱29個でひと悶着。「中古品の持ち込みはだめ。新品なら関税を払え」と言う。この国の法律では当然だが、払うわけにはいかない。難民のために、とはいえないので「困っている人のために、自分たちの荷物を減らして運んできた」と言い張ってOKを得た。ヒマラヤのトレッキングに行くという日本人の年配者グループが、いぶかしそうな顔で見ていた。


屋外は、しかし、暑い。空港のそばにゴルフ場(ハーフ)。芝はまだら。軍や政府関係者がプレーするという。市内のホテルまでは30分強。日本ではお払い箱同然の自動車が、のべつ幕なしにクラクション。エンジン音、土埃が混じり喧騒なんてものではない。このままでは喉をやられる。白井さんはマスクをつけた。レンガを積んだ四角い、古い家が並ぶ。町は汚い。が、行き交う人はのんびり、ゆっくり。せっかちな自分が恥ずかしい。

荷解きも程ほどに、UNHCRカトマンズ事務所へ、インド人のアブラハム所長を表敬訪問した。「金メダリストと1対1で会えて光栄です。オリンピック・チャンピオンが難民キャンプを訪れると言う話は、今回が初めてです。心から感謝しています。難民たちはたのしみに待っています」と大歓迎してくれた。(注2=難民キャンプについて)自己紹介から質疑応答まで、2時間はきつかった。
夜、7時半からはネパール料理で歓迎の宴を持ってくれた。店の入り口で女店員から人差し指でおでこに赤い印を付けられた。「ティカ」といって歓迎、祝福を表す慣わし。お座敷は150人ほどで埋まる。飲み食いの合間に、農業国らしく日本でいう盆踊りのように笛、太鼓に合わせて民族衣装の数人がお客の間を踊り歩く。平岡特命全権大使、国連人口基金の佐崎女史らも加わって賑やかな、楽しいひと時は、踊り子と客が一体になって乱舞して終わった。白井さんも金坂さんも矢野さんも学生たちも踊った。(注3=ネパール料理)

 


バンコク3メダリスト




カトマンズ到着稲葉&べこさん




街




アブラハム会議

 

4月3日(火)=晴れ
朝はゆっくり明ける。薄もやの中にレンガ造りの町並みがかすむ。
難民キャンプへ向け出発だ。楽しみはただ一つ。ヒマラヤを見ることだ。通訳さん2人、女性のギータさんと男性のチャンドラさんも加わって、18人は遊覧飛行用のプロペラ機(チャーター)に乗り込んだ。 東南への飛行、夢にまで見たヒマラヤは左。高度3000メートル。遥か前方、見えた。鋭い稜線、尖った山頂。やや黒ずんで見える。節煙が真横にたなびく。初めて肉眼で見る「エベレストだ」子供の遠足のように歓声が上がる。8,848メートル、富士山の2倍以上だぞ。世界に14ある8,000メートル級の山がネパールに8峰ある。ヒマラヤの山々が続くこと45分。カンチェンジュンガを最後に、現実に戻された。

インド国境まで50キロ程というバドラプール空港に着いた。蒸し暑い。標高約180メートル、まるでバンコクへ舞い戻った感じ。国連の車(ランドクルーザー)に挟まれてバスでダマクという町へ。北西へ小1時間。牛が闊歩する畑を左右に、のどかな農村風景が続いた。ダマクにはUNHCR事務所があり、宿泊地でもあるが、まず、「明日(4日)からのバレーボール教室はどんな所で行うのか」下見のため、さらに北へ車で約20分、難民キャンプのあるベルダンギ地区へ。
道は舗装されておらずガタガタ。「田舎のバスはおんぼろ車、タイヤは傷だらけ、窓は閉まらない」と歌いたくなった。道沿い1キロ足らずに掘っ立て小屋の店が並ぶ。日用雑貨、何でもある。難民目当ての商売か。16年の歳月を感じさせる。

キャンプは広大な森を切り開いて設営されている。全7キャンプのうちこの地区には3つが隣接、全10万7000人のうちの約5万人が生活する。その一つベルダンギUと呼ばれる“村”(約48ヘクタール)で教室を開くのだ。入り口にも露店がトウモロコシ、サトウキビ、ウリ、Tシャツを売る。デコボコ道を奥へ。コートが設営されるサッカーグラウンドでは150人近い大人、子供が出迎えてくれた。一面に雑草が生えてはいるが、平らな所はほとんどない。
「ここに12面もコートをつくるの? 大丈夫かな」。

UNHCRダマク事務所で明日(4日)からのレクチャーを受ける。途中で恒例の停電もあったが、日本で考えていたことと大きな食い違いが。インフォメーション不足を露呈。2か月間、一生懸命準備してきた学生たちが気の毒になった。日本から用意してきたコートづくりのためのロープ、ネット、画用紙で作った得点表は、すべてUNHCRで整えてあるではないか。
下平さんが作成したイラスト入り、英語の簡易指導書は後日、7つのキャンプへ配布されることになって、一安心。切り替えの早い学生たちは、おなじみのネパールカレーと矢野さんが持ち込んだタクアンで夕食を済ませると、とりあえずソフトバレーボール51個、バレーボール41個に空気を入れて、“臨戦態勢”に入った。終わったら午後10時を回っていた。「疲れた。腰をもんでもらわないと明日は動けない」と白井さんは嘆く。ちなみに宿はゲストハウスと言う名の民宿(注4)。3か所に分かれて、4泊するのだ。私は蚊取り線香を焚き、虫除けをベッドに撒いて寝た。







バドラプールへ

エベレスト

難民キャンプ到着

UNの車に先導されるバス

子どもたちの歓迎



1/
 
Copyright (C) 2007 Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved