NPO法人バレーボール・モントリオール会

早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター 共催
ネパール・ダマク難民キャンプ支援プロジェクト

ブータン難民支援行状記 -2-

/2/

4月4日(水)=晴れ
小鳥のさえずり、ガチョウの鳴き声、バスのエンジン音とクラクション。想像もしたことのない交響音に、起こされた。5時半だ。ネパールの大動脈、東西に走る”高速道路“が目と鼻の先。人も犬ももう歩いている。思い直して、いざ出陣。長い1日が始まった。

キャンプについてびっくりが2つ。
その1。サッカー場に男女各6面ずつコートが出来ている。ポールも立ち、ネットも張ってある。ボランティアら200人が朝5時半から働いたそうだ。ポールは竹、穴を掘って埋める。ネットは市販のもの。ラインは石灰で引いてあった。難民の皆さんの機動力に感服である。
その2。歓迎振りだ。バスを囲むちびっこたち。浅黒い肌、縁を感じさせる顔立ちの人、人、人。先頭にウエルカム(英語)の横断幕。ブータン難民の僧侶2人が、クラリネットの親玉のような立て笛を吹きながら先導して開会式を行う本部テントへ。ティカを付けてもらい、黄色いスカーフを首に巻かれ、妙な気持ちだ。
「ようこそ。日本から来て難民にバレーボールを教えてくださることは何よりもうれしい。ブータン難民を代表して歓迎します」とベルダンギUの青少年活動の女性責任者。7つのキャンプの15歳から25歳までの男女合わせて180人(ほぼ半々)が野芝のような雑草のグラウンドに座っている。日本人で、今回のプロジェクトを立案した根本かおるUNHCRダマク事務所長は「みんなエキサイトしている。こんなことは初めてだ。まるで春祭りだ。スポーツの持つ意味、国境を越える力をこれほど示していただけることはないと思う」と早くも成果を期待する。

私たちはフォート・キシモトが用意してくれた、モントリオール五輪で活躍する白井、金坂、矢野の3人それぞれと表彰台に立つ12人のパネル写真計4枚で顔見せ。学生たちがパネルを持って難民たちに掲げて見せる。白井さんが「私たちは金メダルを取るためにがんばってきた。皆さんも(なんでもいいから人生で)金メダルを取るためにがんばってください」とあいさつした。すると「これからも日本のバレーボールは金メダルを取ってこちらへ来てください」と返された。これには参った。子供たちの歓迎の踊りも入って、予定があってもない、長いセレモニーは2時間近くかかった。

練習は11時過ぎから始まった。普段はサンダル履きの男女はプレーとなると裸足。靴を履いている女性は2、3人。男性は数人か。体格は男女どちらかといえば細身で小柄。ただ男子はバレーボール経験者も多く、175センチ超も各チームに2人や3人はいた。最初はお互いに勝手がわからない。子供たちがあちこちから入り込んで、収拾がつかない。そのうえ、男子などはボールの取り合いになって混乱。1チーム1個で仕切り直し。奥村くん、山下くんの学生コンビでパス、アタックの基礎を教えたが、経験者が多く、すぐゲームをしたがり、6つのコートは好き勝手。それでも鋭いスパイクを連発してみせる小柄な奥村くん、「君は日本のトッププレヤーか」と訊ねられ、大いに照れる一幕もあった。
女子は100人近くも集まってスポーツをすること自体が、奇跡に近い。それでなくても、シャイな民族でスポーツとは縁遠いのだ。これだけでもUNHCRとしては今回の成果だろう。初めて触れるソフトバレーボールに戸惑いながらも白井さん、金坂さん、矢野さんの手取り足取りの指導に、喜びを見つけ始めた。金坂さんの笑顔には言葉はいらない。難民女性も思わずハイタッチを求める。矢野さんも「いいよ」「オーケー」と常にほめる。落志さん、下平さんの女子学生ペアも難民に溶け込もうと必死だ。何人かの経験者は、コントロールのむずかしいソフトのボールを嫌って、「バレーボールでやりたい」と注文をだしたが、「ソフトが上手になれば、バレーボールにも役立つのよ」「大会はソフトバレーボールでやりますよ」と説得。初端のレッスンは1時間も経たないうちに、昼食となった。

キャンプ内の食堂でメニューは、いつでもどこでものネパールカレー。ほとほと疲れて、午後3時からの第2ラウンドまでは自由行動だ。奥村くんがダウンした。白井さんは昼寝。矢野さんはテレ朝のカメラマン宮野さんとキャンプ外の“商店街”をぶらり。金坂さんはモンキーバナナを買ってきた。稲葉先生の鍼灸教室は、インストラクターを対象に「東洋医学の伝道師」。まさにツボを得た教えに年配の生徒たちも納得していた。

暑い。春先からいきなり真夏を迎えた感じだ。午後は気持ちの上では慣れてきた。しかし、まだ教える側と教わる側の意思がうまくコントロールできない。3人はそれでも根気がよい。金メダルは伊達じゃない。30年経ってもプライドと根性は残っていた。初めて体験する女性たちは、少しずつ目が輝き、時折笑顔も。スポーツはすごい。ストレスが取れていくのがわかった。男子は、張り切りマンの奥村くんがダウン、山下くんが孤軍奮闘。円陣パスで始めたものの結局、大半は勝手にゲーム。「ボール1個で練習しているから、どうしてもみんなで楽しめるゲームに走る」そうだ。終了後、山崎カメラマンが参加各チームの記念写真を撮る。宮嶋アナが持参したプリンターで印刷して一人ひとりにプレゼントするアイデアだ。

晩メシは「ファイン レストラン」というもっともな名前の食堂だ。奥村くんは入院して点滴。付き添いの赤松氏も病院で1泊することになった。1日目の反省会は熱かった。この3日間をコーディネートしてくれたカナダの大学院生タラさん(26)=UNHCRインターン=、根本所長も同席した。「何を伝えるか」「スポーツの持つ楽しさか、それとも協調性か」「ソフトバレーボールについてUNHCR(タラさん)とわれわれとの間で認識が違う」。タラさんはソフトを全く知らないし、技術の向上を主眼においているが、われわれはバレーボールへの入り口としてソフトを持ち込んだのだ。このずれが、そっくり難民女性の間に出て、少数だが「ソフトバレーボールは面白くない」となったに違いない。「子供たちの乱入も何とかしてくれ」などなど3時間の激論。結論は「面白さ、楽しさを伝える。協調性の大切さも教えよう」。

 

歓迎式典

ビッグさん

ベコさん

ヒロさん


                        Photo Kishimoto

カレー

稲葉塾

ソフトバレーボール
                        Photo Kishimoto

   

4月5日(木)=晴れ
朝一でびっくり。午前10時前、子供の侵入を防ぐためコートの周りにはヒモが張り巡らされている。そればかりか、参加者(1日目と同じメンバー)は男女とも円陣を組んで、私たちの来るのを待っているではないか。昨夜の反省を受けタラさんが先手を打ったのだ。こちらも心した。女子は金坂さん、矢野さん、男子は白井さんが担当。

円陣の真ん中で
@スポーツを楽しむ心を持ってきた
Aお互い励まし、助け合いましょう
B勝ち負けにこだわらず、楽しみましょう
Cボールは神様です。大切に扱いましょう―4つのことを説いて始まった。

キャプテンにはビブスを付けさせ、自覚を促す。初めて男子を教えるという白井さんは、持ち前の論理的な説明と歯切れのよさで、男たちを手玉に取る。「声をだすの!」「その格好はなによ」ほとんど日本語だが、これが不思議と伝わる。無様な仲間の格好を指摘されるとコートサイドから爆笑が起こる。サーブレシーブ、トス、2段トス、スパイクもレフト、センターと連続で打つ練習などなど。白井貴子の真骨頂を見て、奥村くんの分までがんばった山下くんは「感動しました」とウルウル。女子はランニングパスから入る。オーバーハンドとアンダーハンド、少しずつ形になっている。声も出る。
竹のムチを持った大人が、子供がはいってくる度に、たたいて出す。(愛のムチ、しつけのムチ。日本でも必要かも)お蔭さま?で成果一杯で第3ラウンドを終えた。

準備下平トス
                                             Photo Kishimoto

グラウンドレベルは40度ありそう。直射日光が痛い。例のカレーを食べて、ゆっくり休む。午後3時からの最終教室を前に、難民の生活(注5)をこの目で見ることにした。40分ちょっと。垣間見たというところだ。この間、山崎カメラマンは難民女性にカメラ教室。デジタルカメラをプレゼントして、難民女性たちがプレーする姿を撮って記録に残してもらおうという訳。私たちが帰国した後も、彼女たちがバレーボールを続けてくれることを願った、宮嶋さんの苦心の苦心の策だ。

最後のレッスンは、女性数人がリタイアするほどの暑さの中で始まった。円陣を組んでも日よけの傘を差して聞く者もいた。男子は6人が入ってレシーブからのアタックなど実践向きのカリキュラム。女子もサーブ練習や「ワン、ツー、スリー」とスパイクまでを意識させて、金坂、矢野がチーム一つ一つを巡回した。明日の大会を、誰もが意識しているようだ。ゲームで盛り上がる。笑い声があちこちから聞こえる。午後5時前、女子は金坂の「明日の大会がんばってね」といって「オー」の掛け声で締めた。男子は白井さんが「私の教えたことを覚えていますか?」と問うと、青年の一人が「サーブのし方、レシーブのし方」と答えた。「帰ったら思い出し明日の大会でプレーしてほしい」とエールを送った。女性の参加者全員に日本からのお土産、手鏡、小さなバッグ、ぶらし、髪留めをプレゼントして、教室は終わった。学生たちと早大OBでUNHCR職員の上月氏は「都の西北」「紺碧の空」を歌って打ち上げた。難民たちから拍手が起きた。

この日、地元ジャパ地区のバレーボール協会会長サネスビクラムさんが女性コーチと一緒に顔を見せた。日本協会からの知らせに、ネパール協会として応えてくれたのだ。会長はモントリオール五輪当時、ナショナルチーム一員で白井らのビデオを見ながら練習したといっていた。懸命にプレーする難民たちに自ら声をかけ、アドバイスするほどの熱血ぶりで、UNHCRと協力して難民の競技力アップに努めることを根本所長に約束した。これも大きな成果。この日、ダマクの朝刊紙「PURBA SANDESH DAILY」(日刊東部ニュース)1面で、矢野さんの写真を使って、私たちのニュース(注6)を伝えた。

 

男子に指導するビッグさん
                        Photo Kishimoto

ベコさん指導
                        Photo Kishimoto

矢野さんみんなと
                        Photo Kishimoto

女性の練習


落志さん


ネパールバレーボール協会の二人

 

4月6日(木)=曇り
停電で目覚めた。宿に隣接のオートバイ店が、自家発電を始めた。その音の大きさに驚いた。最終日だ。バレーボール大会はネパール政府の代表、国連の関係団体代表らが顔をそろえ、予定があって予定のないセレモニーで始まった。男子15、女子14の29チームは16年間の難民キャンプ史上どれもこれも初めて。始球式はメダリスト3人が審判を務め、来賓同士のゲーム。大会は6人制、ラリーポイント15点制、3セットマッチ(制限時間40分)。予選グループリーグ戦、決勝トーナメント戦と本格的だ。女子はレシーブ、トス、アタックの形にならない。気ばかり焦って、来たらすぐ返す。それでもメダリストが「トス」「アタック」と声を掛けると、だんだん意識して形を作ろうとする。間違いなく進歩している。すごい。すごい。男子はもっとすごいことが起きた。地域住民チームが参加したのだ。16年間、事あるごとにいがみ合ってきた難民と地域住民。それが「スポーツとはいえ」青年たちが初めて交流し、初めて手を握り合った。万歳を叫びたい。

表彰式では男女3位までに学生たち手作りのメダルらしきものが首にかけられた。WABOCの手ぬぐいがボランティアへ、ロス五輪銅メダリスト三屋裕子さんが社長を務めるシャルレの女性用下着は女性参加者全員にそれぞれ贈られた。記念写真も男女全員に配られた。矢野さんがお別れのスピーチ。「3日間、ありがとう。私たちは日本へ帰るけれど、忘れないでほしい。日本とこの地は遠く離れていますが、私たちも決して忘れません。暑くなるけれど水をしっかり飲んでバレーボールを続けてください」涙目だ。「ひろさん」(矢野)「べこさん」(金坂)「びっぐさん」(白井)ニックネームをネパール語で書いた名札を着けた3日間、すっかりなじみになった。難民女性たちは愛称を呼びながら別れを惜しむ。矢野さんは泣いている。初めての海外が難民キャンプの下平さんは、枯れるほど涙を流す。別れはいつも辛いが、今回はまた格別か。山下くんも元気になった奥村くんも、だれもがせつなく、センチになっていた。


UNHCRダマク事務所のテラスでさよならパーティー。ビールとワインでいい気分。話は弾んだ。「また来てね」。難民女性にバレーボールが根付くだろうか。必ず根付く。自問自答しながら「祭りは終わったが、祭りで終わらせてほしくない」と願う。

 

試合1

試合2

試合3
 

 

/2/
 
Copyright (C) 2007 Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved