NPO法人バレーボール・モントリオール会

早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター 共催
ネパール・ダマク難民キャンプ支援プロジェクト

ブータン難民支援行状記 -3-

/3

4月7日(土)=曇り
来た道を帰る。マドラプール空港。3日間がとても長かった。その分実りも多かった。「やった」と言う気持ちと安堵感。みんなの顔がなぜか緩んで見える。6月には日本へ帰任する根本所長が見送りにきてくれた。「6月20日の世界難民デーではサッカー大会に加えて、今年はバレーボール大会を開く」という。日本での再会を約束して、往路と同じプロペラ機へ乗り込んだ。カトマンズまで45分。期待したヒマラヤは雲の中だった。4日ぶりの首都。開放感は自然と日本食へ。ラーメンか、蕎麦(そば)か。手打ちヒマラヤ蕎麦(注7)に決まった。貧乏力に1700ルピー(約1400円)は贅沢だが、ソバも出汁も日本に負けないものだった。その足で稲葉鍼灸師の知人、画家の川戸みさ子さん(秦野市在住)が支援する学校を視察。子供たちの踊りの歓迎に、金坂さんと矢野さんがサッカーボールでオーバーハンドパスをして応えた。夜は、4日に29歳の誕生日を迎えたテレ朝のスタッフ、佐藤の誕生パーティー。ケーキを頬張りながらの楽しいひと時だった。

 

 

 


Photo Kishimoto
   

4月8日(日)=晴れ
昨夜の雷雨から一転、快晴。ワールドニュースで、レッドソックス・松坂の初白星を知る。日本では都知事選などの投票日だ。ネパール、最後の日。気休めと思い出作りに、観光を決めた。おのぼりさん状態で、カメラ片手に、5世紀の建造物が残るバクタブル王宮広場、カトマンズ市内を一望できるお寺スワヤンブナートの世界遺産を見学した。何処にでも“銀座”と呼ばれる所はある。午後4時過ぎ、歩道に隙間がないほど露店が並ぶ。日用雑貨は中国製品がほとんどだ。いかにも安っぽいが、安いから市民は手に取る。生活手段を援助や輸入に頼る農業国の一面を覗いた気がする。6時過ぎから停電、お土産店はあがったりだったに違いない。宮嶋さんの部屋で打ち上げをしているとテレビを見ていた一人が「(都知事選は)石原さんが圧勝した」と教えてくれた。

 

4月9日(月)=晴れ
朝食はパパイヤ、イチゴ、パイナップルと果物たっぷりにコーヒー。午前7時過ぎ、テレ朝の取材を受ける。ましなこと一つしゃべれなかったが、改めてブータン難民支援活動の意義を考えさせられた。思う。スポーツは、やっぱり強い。政治が出来ないことをいとも簡単にやってしまう。今回、金メダリストとバレーボールの組み合わせが、幾つも橋を掛けた。ネパールと日本、難民女性とスポーツ、難民と地域住民、ネパール・バレーボール協会とUNHCRと難民キャンプ、ほかにも目に見えないものが一杯ある。3日間の成果を本物に出来るかどうか。それぞれの今後の活動にかかっている。声を大にしたいのは「バレーボールの金メダリストがボランティアでスポーツとは縁の薄いネパールの、しかも難民キャンプで男女の若者たちにスポーツのすばらしさを教えた」ことだ。日本にトップアスリートと言われる人はごまんといる。一人でも二人でも続いてほしい。お金も大事だが、心がもっと大事だと言うことを知ってほしい。3人のメダリストはさすがだった。30年経っても、一度コートに立つと世界一のプライドが蘇るのか。3人3様。白井さんは論理的に、金坂さんはすべてを笑顔に包み込んで、矢野さんは感情豊かに指導した。それぞれの存在感はさすがだった。

この発展途上国は、そう容易く発展しないかもしれないが、人々は妙なコンプレックスもなく、24時間をゆったり送っていた。私は生まれ育った60年前の廣島の片田舎をダブらせた。バンコクで乗り継ぎ、日本へ。著しい経済発展を遂げるタイ国の象徴のような国際空港に、未来のネパールを想像することはなかった。
 

4月10日(火)=晴れ
朝の成田は気温5度。寒かった。街がやたらきれいに見えた。山下くんがぽつんと言った。「やっぱり日本はいいですね」。WAVOCの協力なければ、今回のプロジェクトは成りたたなかった。ありがとう、学生たち。国連難民高等弁務官事務所のお膳立てがなければ、私たちには考えも及ばなかった。ありがとう、UNHCR。宮嶋理事の突破力には感服。ミズノ株式会社、財団法人かめのり財団、株式会社モルテン、財団法人日本バレーボール協会傘下のチーム、各地のNPOの仲間、賛同してくれた善意の人々。みんな、みんな、ありがとう。

 

 

 

<独り言>
  難民。UNHCRのHPでは「― 今日、難民とは武力紛争や人権侵害などを逃れるため国境を越えて他国に庇護を求めた人々を指すようなった。紛争などによって住み慣れた家を追われたが、国内に止まるか、国境を越えずに避難生活を送っている国内難民も近年増えている ―」とある。国籍を持たず、定職にも就けず、電気のある家も持てず、将来の夢もない。確かに人間の尊厳を奪われている。でも、少なくともベルダンギUキャンプの人たちは物質面では不足はない。食料は2週間に1回配給される。最低限の医療は保障されている。衣類など支援物資はわんさと来る。UNHCRの提供で初等教育も行き届き、英語を話す若年は多い。欧米への移住を意識した教育訓練がされているようにも思える。しかし、キャンプ外の地域住民はといえば、物質的には貧困の人たちが、決して少なくない。教育もままならない。就学率を例に取るとネパール平均で男子54%、女子14%(中学校まで)。「難民キャンプは男女とも55%なのよ」と通訳のギータさんは言う。こうもいった。「キャンプは恵まれていると思いました。何人かの女性の着ているものは私より高いものだし、イヤリングやネックレスだって結構高価なものですよ。子供たちの体格も、キャンプ外の子たちよりいいかもしれない」。確かにそう思えるところもあった。モンゴルで2年間、海外青年協力隊としてバレーボールを教えた、大津和範さんの言葉を思い出した。「将来や自由がなくても物質的に恵まれている方がいいか、貧困でも夢や自由がある方が良いか」。答えはわかっているがネパールのブータン難民と一般住民の生活を見る限り、私が難民を理解するには時間が必要だ。国連によると難民は世界中に2000万人。わずか10万7000人の、しかも一部を見ただけ。それもたった3日間。それにしても16年間は、つらすぎる。

 
【注釈】

(注1)=昨年6月、UNHCRダマク事務所からの1枚の写真がきっかけだった。裸足でサッカーボールを蹴る難民女性たちが写っていた。「中古の靴でも送りましょうか」と言う問いに、根本かおる所長は、すかさず「金メダリストの皆さんでバレーボールを教えに来てはいかがですか」。こんなやりとりが、年末にはスケジュールになり、白井さん、矢野さんが手を上げ、「あれよ、あれよ」と言う間に実現した。WAVOC、鍼灸師(トレーナー)、テレビ朝日、フォート・キシモトの参加は宮嶋理事の発案で、大いに感謝する。

(注2)=ブータンから逃れてきたネパール系ブータン難民は10万7000人といわれ、南東部(ジャパ、モラングの2地区)の7つのキャンプで避難生活を送っている。19世紀後半から20世紀始めにかけて、経済的な理由からネパール人の多くがブータン南部へ移住した。彼らはネパール語を話し、ヒンズー教徒がほとんどだが、北部の中高地に住むブータン人は仏教徒で、言語や宗教の面で相容れないものがあった。そこへブータン政府が1989年に導入した国家統合政策(民族衣装の強要など)は民族浄化策同然で、異文化の排除、異民族の排除につながり、難民が生まれた。ほとんどの難民は1991年以来、密集したキャンプの中で、仕事もなく、将来の展望もなく、ゲームなどで過ごしており、スポーツは数少ない楽しみでもある。本やパンフレットを読むのは自由だが政治活動は禁止されている。ブータン、ネパール両国間で話し合いがもたれてはいるが、戻ってきてほしくないブータン政府は「誰がブータン人なのか。そもそもブータン人とは」などと“難癖”をつけて時間稼ぎ。かといってネパール政府も一度出て行った者を簡単に受け入れるつもりもない。現在、西欧諸国で受け入れを検討しており、「すでに米国は6万人の受け入れを決めている。カナダ、豪州、ニュージーランドも進めている。UNHCRもそれを支援している」(カトマンズ事務所アブラハム所長)。ネパール政府も、ブータンに戻れないのなら第3国定住を考えているといわれる。「1年でも難民キャンプで生活することは長すぎる。人間として誇りを持って生きるのはむずかしい」(ダマク事務所根本所長)それが16年も続く。ネパールに定住する人も、ネパール人と結婚する人もいるという。

(注3)=ネパール料理の基本はカレー味。「NEPALI CHULO 」(ネパールのオーブンと言う意味)というレストランでは、70度の“焼酎”で乾杯、乾きもの(ナッツ)、ポテトフライ、水牛のビーフジャーキー(牛はダメだが、水牛はOK)、シュウマイ風餃子、挽き肉入りお好み焼き、メーンディッシュはカレー。イノシシの肉、チーズとタマネギ、カリフラワーとジャガイモ、マッシュルーム、青菜、豆スープ、ライス。スープを除いてこれらが大きなお皿(アルミ)にそれぞれ盛られて出てくる。日本のカレールーで溶いたドローッとしたものではない。全く別のものだ。これは贅沢なメニュー。一般には鶏肉、カリフラワーとジャガイモ、青菜炒め、ピリ辛の添え物、ライス、豆スープ程度。もちろん、それぞれネパールでの料理名があるが、わかりやすく日本風に例えた。ちなみにこのレストランは東京、大阪、神戸、名古屋にも店を出しているそうだ。

(注4)=これは私が泊まった部屋のことだ。6畳の寝室にシャワー、トイレ(一応水洗、ペーパー付)、洗面台一体の部屋が一つ。もちろんお湯は出ない。蛍光灯と豆電球(40ワット程)が一つずつ。ベッドルームにはひじ掛けの付いた椅子と荷物を置く長い机だけ。ドアには南京錠。10センチ近いゴキブリがうろつく。ゲジゲジが徘徊する。イモリもいる。「テレビもねー、ラジオもねー、おらこんなとこいやだー」吉幾三の歌が浮かぶ。夜は蚊取り線香がんがん、ベッドには虫除けスプレー目一杯でぐっすり。目と鼻の先にネパールの大動脈、東西に走る高速道路。早朝から深夜までバス、トラックのエンジン音、クラクションがもろに響く。日本円で1泊朝食(目玉焼きに薄いトーストパン2枚とミルク入り紅茶)、停電付き約600円。安いですか。

(注5)=住居は屋根、壁すべて竹。土台は粘土性の土。天井には黒いビニールシートが張られ雨漏りを防ぐ。壁には隙間を防ぐため新聞紙が張り巡らされてある。電気はない。それなのに「SONY」の「SO」のとれた14型テレビがあった。自動車のバッテリーで自家発電して見るという。3畳ほどの寝室が3つしかない所に14人住んでいるというが、どうやって寝るのか。年寄りはベッド、子供たちは土の上にカーペットを敷いて寝る。冬は最低8度。寒いだろう。「竹にしているのは政府が永住を認めておらず、いつでも壊せるためだ」といわれる。2軒でトイレ、炊事場を共有。飲み水は1日2回給水され、米など食料は2週間に1回配給される。診療所、学校、集会所など最低限の公共施設(竹作り)は整備されている。びっくりしたのはUNHCR推奨のソーラークッキング。直径2メートルほどのパラボラアンテナに太陽光を集めてその熱で料理をする。電気がないので重宝。鶏、ヤギ、犬を飼っている家や狭いながらも家庭菜園を持つ家もある。主婦は糸紡ぎ、機織の内職で小銭を稼ぐ。定職を持つことが出来ない男子は日雇い。3Kの仕事を一般市民の3分の1(約月1500ルピー=日本円約3000円)で行う。キャンプ内でサトウキビやトウモロコシ、バナナなど売って日銭を得る人もいる。「ギブミー ボトル」とミネラルウオーターの空きボトルをせがむ子供たち。回収業者に売って小遣いの足しにするとか。「ギブミー チョコレート」60年前、廣島の片田舎で鼻水たらして、ランニングシャツに草履で進駐軍のジープのあとを追いかけていた自分を思う。あのころの私たちには夢があったが、この子たちは何を思っているのだろうか。

(注6)=日本からバレーボールのかつてのトップアスリート3人が、ブータン難民キャンプの若者に指導するためにベルダンギにきた。日本は第2次世界大戦後、技術分野とスポーツ分野でリーダーとなった。スポーツでこれを証明したのが1976年のモントリオール五輪だ。女子バレーボール五輪チャンピオンチームの3人のスーパースター、高木貴子、池田廣美、田中克子はバレーボールのボールとネットを持ってきた。矢野廣美は「大会は難民の若者たちに楽しさと向上心をもたらすだろう」と語った。3日間はUNHCR主導で進められ、最終日は25歳以下の男女チームがトーナメント大会を行う。3人のスーパースターを含む18人のチームは奥本浩平、稲葉俊顕、UNHCR日本職員の上月光、早稲田大学の学生4人、テレビ朝日のクルー4人。=要約

(注7)=長野県戸隠村の蕎麦屋さんで1996年1月から10月まで研修したネパールの青年が、経営している。そば粉は標高2600メートルのムスタン郡ツクチェ村産。ここは米が採れず、そばを主食としている。蕎麦がきのようにお湯で練って、肉汁やカレー汁に付けたり、パンにして食べるそうです。そばは色黒だが、腰がある。セットを食べたが、そばだんご、蕎麦がき、そば巻き、天ぷら(えび、たまねぎ、なす)蕎麦ようかん。蕎麦はお代わり自由。700ルピー(約1400円)は現地の人には超高い。

/3
 
Copyright (C) 2007 Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved