ネパール難民キャンプ支援の模様がドキュメンタリーとして放送されました


本年4月に行われたNPO法人バレーボール・モントリオール会のネパール難民キャンプ支援の様子を中心に、その後、このスポーツ支援を通して難民たちがどのように変わっていったのかなど、スポーツの持つ驚くべき可能性を探る約1年に及ぶドキュメンタリー。

「金メダルから30年後に突然ふって沸いた国際貢献活動要請。50歳を過ぎた元スーパー選手のおばちゃんたちに学生が加わって、繰り広げられる大騒動。日本全国から寄せられたボールやスポーツウェアーをダンボールにつめて、いざ難民キャンプへ!難民たちに与えたものがあれば、難民たちからもらったものも多くありました。涙、笑い、涙、人生をじんわりと感じられる番組にしたいと思っています。」
by 番組ディレクター 宮嶋泰子

番組紹介(テレビ朝日)

【放送日】

3月14日(金) 山口県 山口朝日放送 午後16:00から
(終了)

3月2日(日) 静岡県 静岡朝日放送 深夜25:25から
(終了)

月30日(水) 沖縄県 琉球朝日放送 午前9:55から
(終了)

1月19日(土) 山梨県 山梨放送 午前14:00から
(終了)

1月4日(金) 岡山・香川県 瀬戸内海放送 午前4:50から
(終了)

12月29日(土) 岩手県 岩手朝日放送 午前10:50から
(終了)

12月29日(土) 関東地区 テレビ朝日 午前4:55から
(終了)

12月28日(金) 東海3県(愛知・三重・岐阜) メーテレ 午前9:57から
(終了)

12月23日(日) 日本全国 BS朝日 午後23:00から
(終了)


「番組の感想メッセージ紹介」
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
京都教育大学 杉本厚夫教授からの感想メッセージ

「そしてボールは空を舞う」のドキュメンタリーを見させていただきました。
東京に住んでいる甥に頼んで録画したものを送ってもらいました。

感動しました。
バレーボールというスポーツの持っている力。それは、子どもたちの掛け替えのない笑顔を引き出すものなのですね。戦争が去ったあと、子どもたちはまずスポーツをするということがよく分かりました。スポーツの持つ身体性は、イデオロギーやエコノミーを越えてわれわれの生活にはなくてはならないものであること。つまり、スポーツは豊かに生きることの不可欠な要素であることが説得力を持って表現されていたように思います。
また、ビックさんをはじめ皆さんがバレーボールというスポーツの本質に気付いたところも感銘しました。もちろん、モントリオールオリンピック当時のスポーツの価値が、60年代のナショナリズムを引きずっていたという背景があるのでしょうが、何のためのスポーツかという問いかけが、改めてなされていたのは新鮮でした。
しかし、一方で戦争や対立といった現実はスポーツによって解決することは出来ないこともしっかりと描かれていて、単にスポーツが世界平和に貢献するといった非現実的なものになっていないというところにも共感できました。
ぜひ、全国の人がこれをご覧になって、スポーツと社会の関係を考える機会になれば幸いです。また、もし可能であれば、今年7月に京大で行なわれます国際スポーツ社会学会で何らかの形で皆さんに発信できれば嬉しいなと思います。

勝手な感想を述べて失礼しました。
http://www.kyokyo-u.ac.jp/sports/sports/sportsoc/sugimoto/sugimotoworld.htm
京都教育大学 杉本厚夫
最新著作:
「映画に学ぶスポーツ社会学」世界思想社
「自分のことは自分でしない−子どもの臨床社会学」ナカニシヤ出版

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

私の母がスペシャルオリンピックスという知的障害者のスポーツの陸上コーチをしているので、その母に送ろうと思い録画したのですが、とてもすばらしい内容で、感動しました。

現代の発展した社会においては、スポーツというものは様々な要素が含まれていますがポーツが人間にもたらす一番シンプルな、あるがままの姿を久しぶりに見た気がします。
スポーツは本当に楽しくて、気分がすっとし、自然と仲間が出来、交流を生む素晴らしいものですよね。メダリストの「バレーボールは私にとってずっと耐えるものでした」の言葉にドキリとしました。難民たちだけでなく、彼女たちにも大きな変化を与えた、素晴らしい体験ですね。

本当に見て良かった、と思える番組でした。有難うございました。
                           Y.S

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


6月に行ったテレビ朝日取材チームは全員女性


難民キャンプの女性高校生たち


バレーボールの練習や試合の様子をカメラで記録する難民女性


作戦会議をする女子チーム


 
Copyright (C) 2007 Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved