活動目的

 

21世紀に入り、激しい社会変革の時代を迎えております。
日本のスポーツ界でもようやく地域社会を巻き込んだ活動の必要性が叫ばれ始めました。
本来、スポーツは一部エリートのものではなく、国民ひとりひとりのものです。
競技はもとより、子供から老人までのスポーツのあり方を考え直す時がきているのです。

しかし現実は、それを実行する人材と場所があまりにも少ないことです。
日本ではトップアスリートの引退後の職種が確立しておらず、その能力を生かす道が狭められています。
また昨今、少子化によって地域では小中学校の体育館やプールなどの施設が空き始めています。
私たちは、スポーツ指導の能力を生かせずにいる選手たちと使われていないスポーツ施設を 有効活用することが
日本のスポーツ文化を変えると考え、その実践に踏み出しました。

「バレーボール・モントリオール会」は、1976年カナダのモントリオール五輪で金メダルを獲得した 女子バレーボール
日本代表チーム(74年世界選手権、77年ワールドカップでも優勝)のメンバーと その取材記者らを中心にした集まりです。
98年11月、世界選手権が日本で開催されたのを機に「モンゴル会」(モントリオール五輪金メダリストの会の略称)を
親睦団体として発足させ、2年に一回お互いに意見交換する一方で個人活動として 講演、 バレーボール教室などを開いてきました。

栄光から30年「今私たちに何が出きるだろうか」。
それぞれの地域で金メダリストたちは子育てを終わり 「応援してもらった郷土の人たちへ恩返しをしたい」と決起しました。
まず、バレーボールを通じてスポーツの楽しさを多くの人に知ってもらいます。
さらに自治体や地域住民と連携して、スポーツ活動の環境つくり、 社会的大問題の少子高齢化対策のための コミュ二ケーション広場つくりなどに力を注ぎます。
他のスポーツNPOとも手を組んで全国各地に総合型スポーツクラブをつくる役割を担います。
スポーツは世界共通。言葉や文化の違う人々と交流することで国際感覚を養うことにもなります。

私たちの活動は、市民ひとりひとりに認めてもらうことは当然ですが自治体、地域団体の協力が不可欠です。
そのためには社会的に認知され、信用を得ることのできる特定非営利活動法人の設立をおいてないと考えました。
市民が行う自由な社会貢献活動、市民からの信頼を得て市民に育てられるNPOをモットーに、 自治体と一体になってスポーツの振興を図って行く決意です。

 

特定非営利活動法人バレーボール・モントリオール会


事業内容

キッズ・バレーボール教室 

・小学生バレーボール教室        

・ママさんバレーボール教室 
     

・高齢者の健康維持への協力 ・各種バレーボール大会への運営協力  
 
  託児事業として例えばママさん大会の際、子供たちを預かりサブアリーナでバレーボールを使ったキッズ教室を行う。

・指導者派遣

・ チーム強化のためのコーチ派遣 ・受託授業
(先生の代役)

・講演(アナウンサー、記者、メダリスト)

・メディア・トレーニング(アナウンサー、記者、メダリスト)

各種イベントへの派遣
  (当会が主催する催しについては原則として参加料なし。ただし傷害保険加入を義務付ける)

・発展途上国や難民を抱える地域へのソリダリティー運動の推進
  (バレーボールの普及、スポーツ用品のリサイクルなど) 





NPO法人
バレーボールモントリオール会

〒151−0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷1−30−8
日本バレーボール協会内
TEL 090−9640―2214
FAX 03−5786−3850
vbmontreal@nifty.com
 
Copyright (C) 2007 Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved