モントリオール五輪VTR

 

「そこに魔女はいなかった!」ひまわり娘が演じたパーフェクト・ゲーム 


1976年7月30日、カナダ・モントリオール五輪女子バレーボール決勝、対ソ連(現ロシア)戦での全日本女子チームを「月刊バレーボール」(日本文化出版)は、こう表現した。それほど強かった。

白井のスパイクがルィスカリのブロックをはじいた瞬間、日本はソ連から金メダルを奪還した。
一瞬、涙はなかった。10秒も経たないうちに松田が両手で顔を覆った。岡本、高柳、金坂が泣き出し、なだれ現象。
ただ白井だけが、ほほを赤く染めて、ソ連選手に目をやっていた。キャプテン飯田は試合終了後の儀礼、相手主将のスモレーワとレフェリーに握手をしなかった。うれしさのあまり、忘れていたのだ。

山田監督は沈着を装っている風でもあった。2度大きくうなずき、立ち上がった。その時、ソ連の名将アフレジアーニ・ギビ監督が歩み寄ってきて、二人は握手を交わした。45歳、宿敵、ギビを破った山田はコート中央で2度、3度と中に舞う。それを一瞥した57歳の勝負師の眼差しは、初老の優しさだった。

この日のフォーラムは1万7000人の観衆で埋まった。アイスホッケーならともかくバレーボールで熱気に溢れていた。
日本の出だしは良くなかった。

第1セット、セッター松田のトスが定まらず、序盤ソ連にリードを許す。が、高柳のスパイクで7−7とすると、日本のワンサイド。エース白井が得意のひかり攻撃(松田と白井で仕掛ける打倒ソ連用の速攻)を連発するなどソ連与えたサーブ権は1回だけで15−7。
第2セット、4−0から4−2、6−3から6−4、11−5から13−7。ソ連がわずかに抵抗して、この試合最高の8点をとったが、それまで。

メキシコ、ミュンヘンと過去2回のオリンピックで日本を痛い目に合わせたソ連が、信じられないほどの醜態をさらけ出したのは第3セット。10−0、あわやパーフェクトになりそうな展開にソ連は2点がやっとだった。無残なソ連にあって、“バレーの女王”といわれたルィスカリだけがスパイク、レシーブに孤軍奮闘していたのが印象的だった。


[モントリオール五輪 日本チームの成績]

◇【予選リーグ】 
         日本3(15−6、15−3、15−4)0ハンガリー

         日本3(15−7、15−4、15−9)0ペルー

         日本3(15−6、15−2、15−2)0カナダ

◇【準決勝】
         ソ連3−0ハンガリー

         日本3(15−13、15−6、15−5)0韓国

◇【決勝】
         日本3(15−7、15−8、15−2)0ソ連


◇ 最終順位 @日本Aソ連B韓国
         CハンガリーDキューバE東ドイツFペルーGカナダ


日本メンバー 
▽監督 山田重雄(日 立)

「皆よくやってくれた。ベンチにいる私は、ただ彼女たちの青春の躍動を見ていればよかった。こんな素晴らしい乙女たちがいるだろうか。つくづく私は選手に『ありがとう』と感謝した。今、こうして(東京五輪以来)12年ぶりに王座を奪い返し、選手たちが大喜びしてくれる姿を見て『あの十字架のように重かった”銀メダル“(メキシコ五輪)が”金メダル”に変わったんだなあ』とつくづく感じる。本当にいい選手に恵まれた。一緒にオリンピックを目指せたことが幸福だ。『皆、ありがとう』」(日本文化出版「月刊バレーボール」の手記より要約)


▽コーチ 米田一典(日 立)▽
マネジャー 丸山世津子(日 立)

選手 

主@飯田 高子(30、ヤシカ)174a、68`

「白井、前田を始め若い選手が良くやってくれて、キャプテンの重責はほとんど感じることなく、しかも決勝戦の第3セットに出場のチャンスを与えてもらい、もう思い残すことはありません」

A岡本眞理子(24、日  立)174a、65`

「私にとっては死に物狂いで取った金メダルです。(メキシコ世界選手権のあと)やめなくてよかったと心から思います。励ましてくれたチームメート、ファンの方々に感謝の気持ちでいっぱいです」

B前田悦智子(24、三洋電機)175a、62`

「応援にきてくれるはずだった母が病気になり、金メダルのシーンを見せてあげられなくて残念です。でも心大きくプレーできたので母もきっと喜んでくれるでしょう」

C松田 紀子(24、日  立)169a、63`

「決勝戦は、やっぱり堅くなって、トスが短くなり、迷惑をかけました。金メダルを取れて本当に良かったけれど、それは永木や会田が最後まで苦労しくれたお陰だと思う。だから、このメダルの半分を永木にあげます」

D白井 貴子(23、日  立)180a、72`

「金メダルポイントをこの手で上げることが出来、バレーを続けてよかった、ってしみじみ感じます。“監督について行けば勝てる”と信じたことが最大の勝因ではないでしょうか」

E加藤きよみ(23、日  立)180a、78`

「“三度目の正直”それだけにうれしさは格別です。金メダルって意外に重いんですね。その重みをずっしりと手に、いままでの練習の重さを感じたのは、私だけではないと思います」

F荒木田裕子(22、日  立)173a、68`

「練習では、私は仮想ソ連のルィスカリ役でした。決勝戦ではルィスカリの強打をバックがよく拾っているのを見て、“私も金メダル獲得に貢献できたんだ”と、とてもうれしかったです」

G金坂 克子(22、日  立)169a、62`

「決勝戦の朝は3時ころ目が覚めました。(世界選手権の時は、よく眠れたのに)朝食を取ってからの時間も長く、“早く始まらないか”“早く終わらないか”とそればかり考えていました。やはりオリンピックは違いますね」

H吉田真理子(21、日  立)175a、67`

「新聞記者のインタビューを受けました。あんなに大勢の方の前で話したことのない私は、あがってしまって。“どこか体の具合が悪いのか”と聞かれて、“頭が悪いんです”なんて答えてしまいました」

I高柳 昌子(21、日  立)171a、63`

「私のような小さな選手が、まさかオリンピック代表選手になれるなんて思ってもいなかったのに、金メダルまで獲得して、もう最高に幸せです。印象深い試合ばかりで“やればできるんだ”という教訓を掴みました」

J矢野 廣美(21、日  立)174a、61`

「試合中のことは無我夢中で全然覚えていません。父が振ってくれた風林火山の幕だけは、はっきり見えました。第1セット、競り合った時、その幕を見て“ヨーシッ”と燃えました。おとうさん、ありがとう」

K横山 樹理(21、ユニチカ貝塚)174a、71`

「決勝戦はピンチがなくて出番はちょっぴり。でも準決勝の韓国戦、第1セット8−7と追い上げたところで、岡本さんと代わって一発決めた時の胸がスーッとしたことは、一生忘れないでしょう」

(注)主は主将。円内数字は背番号、カッコ内は年齢、所属、身長、体重。決勝戦後のコメント要旨







(写真提供 フォート・キシモト) 


◇日本の過去のオリンピック成績◇

開催年
開催地
女子
男子
1964年
東京
1968年
メキシコ
1972年
ミュンヘン
1976年
モントリオール
1980年
モスクワ
不参加
不参加
1984年
ロサンゼルス
7位
1988年
ソウル
4位
10位
1992年
バルセロナ
5位
6位
1996年
アトランタ
9位
×
2000年
シドニー
×
2004年
アテネ
5位
×
2008年
北京
5位
予選G敗退

(注)バレーボールがオリンピックの正式競技になったのは東京大会から。
●は予選敗退、×は出場出来ず。モスクワは日本選手団派遣取りやめ

モントリオール五輪で日本女子バレーボール2度目の金メダルを獲得した山田重雄監督率いるナショナルチームはこれより2年前、1974年メキシコで行われた第7回世界選手権でも優勝、さらに1977年、日本各地で繰り広げられたワールドカップ大会も勝って、“世界3冠”に輝いた。これらの功績が称えられ、2000年10月に白井貴子が、06年10月荷は山田重雄(故人)が米国にある「バレーボールの殿堂」に入った。
なお、オリンピックのボールゲームで金メダルはモントリオール大会の女子バレーボールが最後。ロサンゼルス大会の女子バレーボールの銅メダル以降、メダルもない。
2大会の日本の成績と代表メンバーは以下の通り。


◇1974年世界選手権(10月13日〜27日・メキシコ)

[予選リーグ]
日本3(15−4、15−0、15−0)0西ドイツ
日本3(15−3、15−4、15−0)0中国
日本3(15−1、15−6、15−0)0ポーランド

[準決勝リーグ]
日本3(15−8、15−7、15−4)0ハンガリー
日本3(15−0、15−4、15−9)0米国
日本3(15−5、15−12、13−15、15−7)1キューバ

[決勝リーグ]
日本3(15−2、15−8、15−10)0東ドイツ
日本3(15−4、15−10、14−16、15−5)1韓国
日本3(15−6、15−7、15−12)0ルーマニア
日本3(15−8、15−5、15−6)0ハンガリー
日本3(15−10、15−6、15−4)0ソ連

最終順位 @日本Aソ連B韓国C東ドイツDルーマニアEハンガリー

◇日本代表メンバー

▽監督 山田重雄(日立武蔵)

▽コーチ 加藤きよみ(日立武蔵)

▽選手 飯田高子(ヤシカ) 前田悦智子(三洋電機)白井貴子(日立武蔵)岡本眞理子(日立武蔵)矢野廣美(日立 武蔵)金坂克子(日立武蔵)横山樹理(ユニチカ貝塚)会田きよ子(日立武蔵)荒木田裕子(日立武蔵)斉藤春枝(鐘紡)古田敏美(ヤシカ)小山光枝(三洋電機)
松田紀子は大会前の米国遠征で左足を故障して大会中は東京・湯島の日立病院のベッドの上にいた。

◇1977年ワールドカップ大会(11月8日〜15日・日本各地)

[予選リーグ]
日本3(15−6、15−6、15−7)0ハンガリー、
日本3(15−2、15−5、15−13)米国、
日本2(15−8、12−15、9−15、15−11、13−15)3中国

[決勝リーグ]日本3(15−1、15−9、15−10)0キューバ、日本3(15−6、15−11、9−15、15−10)1韓国

[順位決定リーグ(1〜4)]日本3(15−4、15−9、13−15、15−9)1中国、
日本3(15−6、15−11、9−15、15−10)1韓国☆最終順位 @日本AキューバB韓国C中国DペルーEハンガリーF米国Gソ連

☆個人表彰(日本のみ) 
▽優秀監督 山田重雄▽最優秀選手賞 白井貴子▽サーブ賞 江上由美▽トス賞 松田紀子 ▽ベスト6 白井、前田悦智子、松田

◇日本代表メンバー
▽監督 山田重雄(日立)▽コーチ 吉田国昭(ユニチカ)米田一典(日立)
▽選手 前田悦智子(三洋電機)松田紀子(日立)白井貴子(日立)高柳昌子(日立)荒木田裕子(日立)金坂克子(日立)吉田真理子(日立)矢野廣美(日立)横山樹理(ユニチカ)水原理枝子(ユニチカ)J須藤佳代子(富士フイルム)江上由美(日立)

=記録、文は日本文化出版「月刊バレーボール」提供=
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved