現役日本代表選手にメディア・トレーニング

2006年5月9日、東京都北区西が丘にある、国立スポーツ科学センター1(JISS)で、現役の女子バレーボール日本代表選手たちを対象にメディア・トレーニングが行われました。講師は当バレーボール・モントリオール会の宮嶋泰子(テレビ朝日)アナウンサーです。

  栗原恵、大山加奈をはじめとする全日本女子チームの選手全員と、柳本監督、西村コーチ等スタッフが勢ぞろい、2時間にわたって行われました。
照明がつけられ、カメラが回り、質問が飛ぶと、選手たちはしどろもどろ・・・。  画面に映された自分の姿を見て「なんだか挙動不審ですね」と苦笑い。

このメディア・トレーニングによって、自分たちは日本を代表している選手だという意識がはっきりとしてきたようです。
あと2回行われるこのトレーニングを経て、選手たちのパフォーマンスもきっと変わってくることでしょう。

  企業の広報たちへのメディア・トレーニングは最近では頻繁に行われていますが、スポーツ選手を対象にしたものは日本ではまだ珍しいようです。 欧米ではスポーツ選手を対象にしたメディア・トレーニングが頻繁に行われています。
選手たちの一言で印象はがらりと変わってしまいます。
スポーツをみんなに理解してもらい、ファン層を広げ、より広い支持を得るために、これからもお手伝いをしていきます。



Copyright (C) 2007 Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved