山梨県甲府で難民支援プロジェクトの第一回報告会開催

日時 5月31日
山梨県甲府市にある山梨県立国際交流センターで、難民支援プロジェクトの第一回報告会が開かれました。山梨県増穂町出身の矢野広美さんの母校、増穂商業から生徒さんが40人近くがきてくれたほか、矢野さんをかつて指導してくださった方や、一緒にバレーをした仲間など80人近い人々が集まってくださいました。
白井貴子、金坂克子、矢野広美の金メダリストはもとより、UNHCR国連難民高等弁務官事務所から上月光さん、鍼灸講師の稲葉俊顕先生、早稲田の学生山下君と下平さんもかけつけてくれ、今回のプロジェクトの様々な側面が報告されました。概要は本会理事の奥本浩平から、さらに舞台裏の話などを本会理事の宮嶋泰子からも報告がなされました。予定時間を少々オーバーして、あっという間の2時間が経過。
渡航メンバーからの報告が終ったあとは、高校生たちが金メダルを手にとってみたり、現地で使ったソフトバレーに触れてみたりのわいわいがやがやタイム。実は金メダルを持参するのを忘れて、矢野さんが直前に自宅に取りに戻ったというハプニングもありました。
「へええ、案外重いねえ。」「わあ・・きれい」などと嬌声をあげる生徒たちの笑顔を見て、矢野さん「取りに帰ってよかった・・」と胸をなでおろしておりました。
中年の女性がソフトバレーを手にとって「あら、これなら痛くないわね。私でもできそうだわ」とおっしゃっていたのが印象的でした。
今回の報告会で、会場セッティングや受付などを手伝ってくださったのは山梨県立大学の学生さんです。こうした会議のボランティアは慣れているとのことでしたが、その手際のよさは見事。国際交流センターの松岡さんもとてもよくしてくださり、気持ちよく報告会を終えることができました。みなさん、ありがとうございました。



 
 
 
Copyright (C) 2007 Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved