アーチェリー日本代表選手を対象に奥本理事がメディアトレーニングを行う。

日時 6月21日午後零時半から2時
場所 静岡県掛川市つま恋トレーニングセンター
対象 第44回世界ターゲットアーチェリー選手権大会(7月7日〜14日、ドイツ・ライプチヒ)代表選手14人(男子8、女子6)
内容 「取材を受けたときの対応の仕方」
講師 奥本浩平理事

「新聞記者との接点が少ない競技の選手は勢い取材を受ける機会が少ない。質問に何を、どう答えてよいか戸惑う。記者から直接話を聞けば、選手も“なるほど”と思うのではないか。初めての試みだが、経験をしゃべってほしい」日本アーチェリー連盟(安倍晋三会長)の関政敏強化部理事(JOC専任コーチ)から依頼を受けた。日本代表を前におこがましいことだが、半ば渋々引き受けた。
スポーツ記者の誕生や新聞記者の取材姿勢、マイナー競技への(特に)スポーツ紙の対応、記者が求めている対象、受け答えの仕方などを、選手たちとのやり取りを交えて話した。新聞記者は嫌いか、の質問に女子選手を中心に3分の1が手を上げた。”いやなヤツ”の話だけに、さすがに緊張があって、どこまで聴いてもらえたかどうかは疑問が残った。一番言いたかったことは「誠実に、はっきり、手短に話す」「連盟会長の安倍首相の話し方ではしゃべりすぎてダメ」「マイナー競技の選手は売り込むことを忘れてはいけない」「よい成績を上げることが最大のPRだが、取材を受けた記者を放さず、仲良しになって“利用”しよう」。貴重な昼休み時間をメディアトレーニング割いた関コーチら連盟の英断に応えることが出来たかどうか、自問自答しながら、選手たちの世界選手権での健闘を願いながら、新幹線に乗った。    
 
(奥本 浩平)



Copyright (C) 2007 Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved