国連大学での報告会。


日時 6月25日月曜日
東京渋谷区神宮前の国連大学ビル5階で、難民支援報告会が行われました。なんと、会場にいらしてくださった方は優に100人を超し、大盛況となりました。お越しくださったみなさん、本当にありがとうございました。
発表会は最初に日本UNHCR協会事務局長に就任したばかりの根本かおるさんから挨拶と概要説明があった後、テレビ朝日の宮嶋泰子の司会でシンポジウム形式で行われました。モントリオール会の白井、金坂、矢野のメダリストに奥本理事、稲葉氏、さらには早稲田大学ボランティアセンターの学生3人がそれぞれの思いを本音で語ると、会場からは笑いや驚きのため息のリアクション!

最後に、6月14日から再び難民キャンプを訪れ、6月20日の世界難民の日の様子を取材してきた宮嶋から現地でいかにバレーボールが根付き始めたかが伝えられました。


会場にいらしてくださった日本女子体育大学の永島学長が「スポーツの文化的意義を高める素晴らしいプロジェクトである」と称えてくださり、ちょっと面映かったです。

今回のこのプロジェクトは立ち上がりから、多くの方々のご支援によって支えられてきました。物資を送ってくださった方々。資金を提供してくださった方々。ご寄付を下さった方々。輸送の便を図ってくださった方々。そしてUNHCRの皆さんのバックアップ。この報告会のために青山まで足を運んでくださった皆さん。
何度お礼を申し上げても多すぎることは無いと思います。どうぞこれからも私たちの活動をしっかりと見つめ続けてください。



 
 

 



 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved