三郷のバレーボール神白杯にて難民キャンプ支援写真展が開かれる

日時 7月21日

NPO法人バレーボール・モントリオール会の代表理事・神白(旧姓・飯田)高子は埼玉県の草加や三郷を中心に長年バレーボール指導を行ってきており、年一度、神白杯を開いてきました。14回目を迎える今年の神白杯は三郷総合体育館で行われ、小学生、中学生、さらにはママさんまで24チーム、350人ほどが集いました。梅雨空で蒸し暑さを感じる日でしたが、体育館の中は外とは比べものにならないほどの熱気。スポーツのエネルギーが充満していました。
そんななか、体育館の隅にある一室をお借りして、バレーボール・モントリオール会の難民キャンプ支援プロジェクトの写真展が行われました。7月中旬まで国連ビルの2階に掲示されていた写真がフォート・キシモトから運び込まれました。奥本浩平理事が椅子を並べ、その上に写真をセットすると、簡易ギャラリーがあっという間に出来上がりました。
試合の合間にギャラリーに立ち寄ってくれた選手たちは、ネパールの難民キャンプに同行した宮嶋泰子理事からの説明を聞きながら、興味津々で写真に見入っていました。難民キャンプでどれほどボールや指導が歓迎されたかを説明すると、ある中学生が「へえ、ボールがたくさんある私たちって恵まれているんだね」とつぶやいていました。
写真展に来てくださったママさん選手の中には、4月にメダリストがネパールに行くにあたり、ボールやウェアーを寄付してくださった方々もいらっしゃいました。また、突然「私たちのところにも古いボールがあるので、是非寄付させてください」と言って名刺を渡してくださった方もいらっしゃいました。
難民キャンププロジェクトで、ソフトバレーボールを50個寄付してくださったモルテンの社員の方からも、「こんな風にソフトバレーが生かされていたんですね。またチャンスがあったら、是非協力させてください」という言葉をいただきました。
写真を通して、バレーボールを愛する心と心が結ばれていく瞬間を見たような気がしました。
ギャラリーに来てくださった皆さん、本当にありがとうございました。これからもご協力よろしくお願いいたします。

 
 
 
Copyright (C) 2007 Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved