横浜でソフトバレーボール大会に参加しました


2008年3月16日、横浜文化体育館で開かれた、横浜市体育指導員連絡協議会設立50周年大会に、当会の白井貴子副代表理事と矢野廣美理事が招かれ、指導員と一緒にソフトバレーボールを楽しみました。

この協議会は昨年、私たちが難民支援でネパールへ行った際、あげてバックアップしていただきました。今回はそのお礼と報告を兼ね、宮嶋、奥本両理事、さらにソフトバレーボールの助っ人として日体大生の迫田真史くんと平田知沙さんを加えた総勢6人で参加しました。

ロビーには2枚のホワイトボードを用意していただき、宮嶋理事がプリントした、ネパールでの支援活動を伝える写真、先月消失した難民キャンプ「ゴールドハップ」の生々しい写真など約20枚を貼って、報告方々、新たな募金を呼び掛けました。

大会には市内各区の体育指導者約1500人が集まり、区対抗の綱引きとソフトバレーボール(4人制)で日ごろの技を競い合いました。白井、矢野のメダリストは劣勢のチームの”ピンチヒッター”で手助けしましたが、本番はエキシビション。コートの回りに人だかりが出来、スタンドも注目です。

オールアウェーの中で、第1セットは柴田会長率いるリーダー・チーム。6−8の劣勢に「かつての面影はないな」の声が聞こえます。これに反発するように、白井さんの巧みなサーブで一気に逆転して10−8で勝ちました。

第2セットからは優勝した泉区チームが雪辱に燃え、大声援を受けて登場です。6−10であっさりとられ、「やっぱりソフトバレーは勝手が違うな」と思っていましたら、ファイナルでは大接戦となりました。8−9とマッチポイント取られてから「メダリストの魂は生きていた」。ジュースに持ち込み11−9で、またも逆転で、それこそ面目を保ちました。とはいえ、迫田、平田のヤングパワーが大きな支えになったことは間違いありません。

「久々にコートに入ると人格が変わりました。身体は動きませんでしたが、気持でがんばりました」と言って白井副代表理事は笑いを誘いました。矢野理事は「山梨から3時間かけてきました。かつて港南区に住んでいましたので、横浜は第2のふるさとです。こらからも楽しいスポーツをやりたいと思います」と言って大きな拍手を浴びました。

散会後、指導員の皆さんから相次いで募金をいただき、メダリスト二人ははがきにサインをして、ささやかなお礼の印としました。横浜市体育指導員連絡協議会の皆さん、本当にありがとうございました。なにかと面倒をみていただいた横浜市市民活力推進局スポーツ振興課の皆さん、お世話様でした。募金はUNHCRと相談しながら有効に生かしたいと考えています。

 



 
Dscf0207Dscf0209jpg1Dscf0212Dscf0222Dscf0223
 

 



 
Copyright (C) 2007 Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved