愛媛県今治市の中央体育館でバレーボール教室開催

 

7月11日(金)
スポーツ少年団トップアスリート派遣指導事業「バレーボール教室」4回目は7月11日、愛媛県今治市の中央体育館で小学生約50人を集めて開かれました。担当は池田廣美理事です。


必要な遊び感覚のトレーニング

 平日で、学校が終わってからの午後4時から5時30分までという時間帯でした。子供たちは1日の疲れを多少なりとも持っていることを考慮して、怪我に繋がらないような練習を心がけました。
それでも、子供たちは元気一杯。初めて間近で見る金メダルにわいわい、キャーキャー大はじゃぎしたあと、いよいよウオーミングアップ。ここで感じたことは、一般的な準備運動(学校体育でやっている体操)ももちろん必要ですが、リズム感を持って楽しく、遊び感覚で出来るコーディネーショントレーニングを積極的に取り入れる必要性を痛感しました。なぜなら、あまりにも型にはまった体操しか知らなくて、自分の身体を自由に、のびのび動かすことの楽しさをしらないのかな、と思ったからです。その証拠に、目新しい体操には、やらされているという雰囲気はなく、うまくできるように、周りを観察しながら自分で考え動いていました。そして、うまく出来た時は本当に嬉しそうでした。
ボールを使っての遊び(練習)に入ると、皆さらに目が輝き、初めて打つスパイクもどきには、それこそ大変な騒ぎでした。せめて3時間あったらもっといろんなことができたのに、と思いながら帰ってきました。  (池田廣美)

 



 
 

 



 
Copyright (C) 2007 Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved