新潟市東総合スポーツセンターでキッズ・バレーボール教室開催

8月16日(土)

中身の濃い教室が出来た

私たち、発足3年目で初めて自らの企画を笹川スポーツ財団の補助を得て実現させることが出来ました。「金メダリストと遊ぼう! キッズ・バレーボール教室」です。第1回はテレビ新潟放送網の協力で8月16日正午から午後4時まで、新潟市東総合スポーツセンターに市内8チーム約100人の小学生が参加、当会の私、高木貴子代表理事、吉田昌子理事、さらに事務局から加藤勝久、戸倉康行両理事の4人が指導等に当たりました。
この教室の最大の目的は、「バレーボールって何?」を子供、大人、指導者に問い、子供たちにはバレーボールに興味を持つことで、スポーツ本来の楽しさを知ってもらい、バレーボールを通して人格をつくることだと思っています。そんな気持からちょっと熱くなりなり、レシーブ中心で終わってしまいましたが、中身は濃かったと自賛しております。
バレーボールは、ボールを床に落としたら負けの競技です。しかもボールをつかむのではなく弾き返すので、1人前になるのに時間が掛かります。小学生で慣れ、中学生で体力をつけ、高校で筋力をつける。これが私の考える理想ですが、現実は結果を早く求めてしまっています。私は、急ぐ人には「そうじゃないよ。急がば回れ、だよ。育成にはじかんがかかります。伸び伸び育てる心を持ちましょう」といいたいし、私自身はバレーボーラーである前に、心から挨拶、感謝の言葉が言える子供を育てたいと思っております。
楽しみにしていたのは、タカ(吉田さんは旧姓高柳で、現役時代の愛称)と一緒にバレーボールをすることでした。なにしろモントリオール五輪以来だから32年ぶり。しかし1か月前に肩を脱臼していて、これまでいろんな形でバレーボールを続けてきたか彼女の指導振りを勉強できなかったのは残念でした。肩が不自由なのでウオーミングアップを担当してもらいましたが、子供たちを引き付ける教え方はさすがでした。
(高木貴子)


 

  
自画自賛でごめんなさい

 高木代表の下、バレーボールの基本を楽しく、ちょっと厳しく行われました。ポイントを抑え、しかんも楽しく、子供たちの目はキラキラ輝かせながら聞いていました。中身は濃く、指導者にも役立つものだったと思います。私は補佐役でしが、初めてのコンビにしては息の合った教室が展開できたと自画自賛しております。子供たちも指導者も、きっと何かを学んでくれたのではないでしょうか。これからの練習に一つでも生かして行ってくれたら嬉しいです。同行していただいた加藤さん、戸倉さん、本当にお疲れ様でした。(吉田昌子)


 



 
Copyright (C) 2007 Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved