京都・京丹後の峰山小学校でバレーボール教室開催

 

2008年9月9日(火)

スポーツ少年団のトップアスリート派遣指導事業「バレーボール教室」の前期最終回は京都・京丹後の峰山小学校で、4年生から6年生までの105人を対象に行われ、高木貴子代表理事が指導に当たりました。

 


疲れも和らぎ、心も充実

 

峰山といえば、あの楽天の野村克也監督の生まれ故郷です。といっても大変な田舎でした。新幹線を京都駅で乗り継いで峰山駅まで。校長先生に迎車していただき、駅からホテルまで運んでもらいました。車中、子どもたちは身体を動かすより塾やゲームの日々と聞いて、過疎地といえどもどこも同じだと痛感しました。

この手の教室で一つ感じたことは、じっくり付き合う時間がなさすぎることです。一つでもできれば子どもたちは目を輝かすんですがね。5年生と一緒に楽しく給食を食べて、岐路に着きました。金メダルはがき、とても喜んでくれました。子どもたちの笑顔に疲れも和らぎ、心も充実した1日になりました。この事業に私たちが参加して3年目になりますが、少しずつ足跡が残ればグッドかな、と思いました。(高木貴子)

 

【続報】
講師を務めた高木代表理事の下へ、芝野吉美校長から手紙が届きました。教室の模様を伝える京都新聞9月10日付け朝刊丹後・中丹版と校長先生手作りのチラシ(写真)も同封してありました。手紙の内容を抜粋します。

  (前略)私は以前から子ども達に本物のトップアスリートを見せてやりたい、そしてその指導を受けることで、運動に親しみ、運動を楽しみ、運動を好きなる子どもになってほしい、またトップアスリートの指導を受けることによって技術はもちろんのこと人間としての在り方、生き方を学んでほしいと念願していました。
その念願がかない、白井先生と出会いして、直接本物のご指導を受ける機会を得ることが出来ましたこと、私にとっても子ども達にとりましても一生の思い出になることはいうまでもなく、これからの人生にとって得ることがたくさん学べたことを大変喜んでいます。やはり、見聞ではなく、本物を直接見て指導を受けることとは違い、大きな財産になりました。
先生の講話や指導の様子を拝見していて、初対面にもかかわらず先生の信条や生き方の一端がかい間見えるようでした。(中略)バレーボールの良さ、楽しさを後輩、後世へ伝えようとしておられる姿勢、自分のこれまでの人生経験の中から、バレーボール経験の中から、人間の生き方として必要なもの、今子ども達は何をしなければならないかを教えてもらったような気がします。
金メダル一つをとってみても、金メダルそのものの重みではなく、それを手にするまでの幾多の試練を乗り越え、涙と汗の結晶の勲章という感じを受けました。子ども達も同じようなことを感想に書いていたことも印象に残りました。
私も先生と同じ年代、当時テレビを観ながらエースアタッカーとしての白井貴子を応援していたことを思い出しています。それが何十年か後に、このような出会いがあろうとは夢にも思いませんでした。本当に人生は不思議で、さまざまな出会いがあるということを実感しています。(後略)


< 以上原文のまま>



 



 
Copyright (C) 2007 Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved