さいたま市立神田小学校でバレーボール教室開催

 10月18日(土)


神田(じんで)小にバレーボールの種を蒔く

笹川スポーツ財団の補助を受けた「金メダリストと遊ぼう キッズ・バレーボール教室」の2回目は10月18日午前10時から2時間半、さいたま市立神田(じんで)小学校体育館で1年生から6年生までの児童70人とPTAのお母さんらを含め約100人が参加、当会の吉田真理子理事、矢野廣美理事を講師に開かれました。

週休2日の土曜日を有効に生かしたいと学校とPTAが協力して行う“課外活動”。PTA文化委員会の神田澄子代表から「この地域ではバレーボールへの関心が低いようなので、子供達にバレーボールの楽しさを教えてほしい」と日本協会へFAXが入り、当会の出番となりました。バレーボールは初めてとあって海野衛(かいの・まもる)校長も顔を見せ、児童を励ましました。

まさに“バレーボール未開の地”。全員初心者、スカート姿や靴下で走り回る子もいて、吉田、矢野両理事とも「初めて」とびっくり。元気では誰にも負けない子供達は、オーバーパス、アンダーパス、ボール打ちと一通り基本を学んだが、なかなか思うようにはいきません。ボールを弾く、バレーボールはやっぱり難しいです。それでも、喚声を上げながら、ボールと戯れる様は、生き生きしていて、とても楽しそうでした。休憩をとっても、大塚製薬からのポカリスエットをひと飲みすると、すぐボールを手にして習ったパスを思い思いに復習するのです。なんとも可愛いし、思わず頭をなでてやりたくなりました。

もちろんわずかな時間では何もできません。バレーボールにはなりませんが、チャレンジ精神は旺盛。お母さん達を含めて半分ずつ分かれての“練習試合”は、50人制。コートの中は子どもだらけ。ボールは3回と続きません。ネット越えることもありません。ところがです。「ラスト1本!」の声がかかって、びっくり。ボールが初めてネットを越え、ラリーもどきが、たった1回ですが、成立しました。大歓声と拍手、感動のフィナーレでした。
金メダルの実物を手にし、金メダルはがきにサインをもらい、モルテンの厚意でサイン入りボールを贈られた児童。口々に「楽しかった!」と大きな声、吉田、矢野両理事は「来年、また来て見たい」と思ったに違いありません。

なお、今回、横断幕を3枚=写真=掲げました。特に当会制作の「金メダリストと遊ぼう キッズ・バレーボール教室」は横6b、縦1b、どうですか、素敵でしょ。(奥本浩平理事)




 



 
それはそれは元気な子どもたち!

さいたま市神田小学校に行ってきました。
それはそれは元気な子ども達に圧倒されっぱなし!
校長先生に言うと「そうなんですよ、元気過ぎて脱線しちゃうこともしばしば・・・」
とおっしゃいながら頭をポリポリされていらっしゃいました。
教室の内容は、未経験者がほとんどでしたので、ボールに慣れることや、仲間といっしょにボールで遊ぶことの楽しさ、などに重点をおきながら進めてみました。
お手伝いのPTAの皆様も大変積極的で、メダリストのサーブを受けてみたいとい言ってコートに入ってきました。吉田真理子メダリストにサーブを打ってもらい、真剣にサーブレシーブをしているお母さん達を見ているうちに、な、な、な、なんと子ども達全員がコートに入ってきて、ゲームが始まっちゃいました。
2時間半程でしたが、最後の最後までワイワイキャーキャーで逆に私達のほうが、スポーツの原点を再認識させられた気がしました。そして、子ども達が元気な訳も分かりました。
一年後の子ども達の成長を楽しみに、別れを惜しみつつ帰ってまいりました。 
(矢野広美)

Copyright (C) 2007 Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved