三郷市の総合体育館で日本ハム「中学女子バレーボール教室」開催

 

2008年12月13日(土)

日本ハム「中学女子バレーボール教室」が12月13日、埼玉・三郷市の総合体育館で地元などから9チーム、約110人が参加して午前9時半から午後4時過ぎまで開かれました。日本ハム東部直販(株)の支援で当会が中心に展開する初めての事業として、平成19年度(20年1月9日)にスタートしましたが、諸般の事情あら今年度にずれ込み、おおよそ1年ぶりの教室となりました。

 


あの斉藤勝さんのアイデア

 

日本ハム「中学女子バレーボール教室」が12月13日、埼玉・三郷市の総合体育館で地元などから9チーム、約110人が参加して午前9時半から午後4時過ぎまで開かれました。日本ハム東部直販(株)の支援で当会が中心に展開する初めての事業として、平成19年度(20年1月9日)にスタートしましたが、諸般の事情あら今年度にずれ込み、おおよそ1年ぶりの教室となりました。
今回の“目玉”は講師の斉藤勝さん(東海大名誉教授)。72年ミュンヘン五輪男子バレーボールの金メダルトレーナーです。大古、森田、横田の2b近い大男(今では珍しくないが当時はまれ)を逆立ち、バックテン、マット運動などアイデア一杯のトレーニング方法で俊敏でバランスのよいプレーヤーに作り変えた人です。今年、71歳。大学をリタイアして日々、バレーボールの指導に行脚しています。
この日、中学生を驚かせたのは自称「トップスイング」という、トレーニング器具です。アタックのときの腕の振りを正しく覚えるためのアイデアグッズ。硬式テニスのボールを紐で固定(絶対外れないようにする)し、その紐を握りまで50センチに伸ばした、簡単なもの。スイング練習はタオルを使ってするのが通例でしたが、3年ほど前、試行錯誤の末、作り上げました。製作費500円、1個に約30分。特許を取って、市販するつもりもなく、教室の参加者に寄贈しているそうです。「中学生には長いかもしれないが、自分に合った長さに握ってくれればいい。日ごろの練習で使ってみて、役に立てくれればうれしです」と本人はいたって控えめでした。
立ったままでも、ジャンプしてでも、手を伸ばして、一番高いところから振り下ろす。テニスボールの重みが、手首、肩にかかり、タオルにはない質感が、効果を引き出しているように思えました。「面白い」「楽しい」生徒の感想が、すべてを表現。講師のひとりとして、生徒たちを手取り足取りで指導した本会の神白高子顧問・理事も納得していました。“ビックリ箱”の斉藤さん、こんどはどんなアイデアを見せてくれるのか楽しみです。
参加した選手の皆さん、1日、お疲れ様でした。主催、後援、協賛、協力の皆さん、ご支援ありがとうございました。(文責・奥本浩平)


◇参加中学校 南、北、榮、彦糸、前川、早稲田、瑞穂(以上三郷市)東(川口市)草加(草加市)
◇三郷市総合体育館主催、NPO法人バレーボール・モントリオール会主管、三郷市教育委員会後援、日本ハム東部直販(株)、ミズノ(株)、(株)モルテン協賛、三郷ママ協力




 



 
Copyright (C) 2007 Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved