北海道標津町(根室支庁管内)で
高木貴子代表理事講演会とバレーボール教室を開催

2009年4月17、18日


高木貴子代表理事は北海道標津町(根室支庁管内)で講演会とバレーボール教室を行いました。同町教育委員会の招きで訪れた高木代表は、17日は午後7時から同町生涯学習センター「あすばる」で「私とオリンピック」について、スポーツ少年団の子供たちに話しました。「人生の銅メダルはお金を遺す人、銀メダルは会社を遺す人、金メダルは人を育て遺す人」独特の例えで、それぞれの道で一生懸命生きることを説きました。講演後、金メダルを出席者一人ひとりに手渡して見せ、実物の輝きとずっしりとした重さに子どもも大人も感動していました。
18日は同町総合体育館で午前9時から正午まで標津町・川北町の小中学生60人を対象に実技を指導しました。ストレッチの後、レシーブが練習の大半。チームメートを思いやるプレーやプレーの一つ一つを読むことの大切さを教えました。

お世話になった同町バレーボール協会事務局長の内村慎哉さんは、高木さんの感想を「(現役時代より)スリムで足が長いなあ」と思ったそうです。この2日間について「きっと子どもたちの心に残り、これからの人生に参考になるでしょう。ご縁がありましたら、また指導してください」と喜んでいました。17日午後の観光ドライブ、夜の懇親会。高木代表にも忘れられない2日間だったことでしょう。


 
 
 
 
Copyright (C) 2007 Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved