大和市立下福田小学校でバレーボール教室を開催

2009年7月16日

神奈川県大和市立下福田小学校で5年生107人を対象にバレーボール教室を開催しました。  (白井貴子)
講話「オリンピックの体験談」「バレーボールを通じて学んだこと」「子供たちに伝えたいこと」を約20分話しました。実技を約50分行いました。


 身体を動かすことの大切さや夢の実現に向けてがんばることの大切さなどに付いて、体験を交えて話をいただき、子供たちは興味深く聞いていました。金メダルを持参していただいただけでなく、直接触れさせていただいたことに付いては、子供たちにとって一生の思い出になると感じました。実技指導に付いては、ポイントを押さえた指導により、短時間での子供たちの成長に驚かされました。日常の指導が至らないため、態度などでご迷惑をお掛けした部分もありましたが、毅然とした態度で注意していただいたことに、教師自身多くのことを学ばさせていただきました。(大和市教育委員会・戸祭章子さん)

10月中旬、大和市教育委員会の戸祭章子さんからお手紙と当時の模様を伝える会報「まなびやまと」が送られてきました。

 拝啓
 秋晴れの心地よい季節となりましたが、白井様はじめバレーボール・モントリオール会皆様にはますますご健勝のことと存じます。
 さて、過日、本市下福田小学校にて行われた「ソフトバレーボール教室」に際しましたは、熱心なご指導と子どもたちとの温かいふれあいをありがとうございました。個人的には「白井選手」の変わらぬバレーボールへの情熱とお姿を間近で拝見し、保護者の方々とともに感激しておりました。
 その時の様子を当日同行しました教育研究所・二見がまとめた「まなびやまと」にて市内全小中学校にお知らせいたしました。同封いたしましたので、ご覧いただければ幸いです。
 白井様には今後も全国各地でご活躍されることと思いますが、バレーボールを通じて、子どもたちが夢をもって活動することの素晴らしさやがんばることの大切さを実感して成長していくことを信じております。また本市バレーボール部の子どもたちがご指導いただけるなどあれば、とあわせて願っております。
 これから寒くなりますが、健康にご留意され、ますますご活躍されことを心よりお祈りしおります。

敬具

「まなびやまと」から抜粋
身長180cmの白井さんの入場に、「高~い」とどよめいた子どもたち。バレーボールをはじめたきっかけや集団スポーツの魅力、メダルを取った時の思いなど、白井さんの話に真剣な表情で聞きいっていました。
白井さんのアドバイスでめざましく上達し、楽しんでいた子どもたちでしたが、「ボールがくると思ったら動けなくなっちゃった。」「ボールをもらって、あげる、ということを同時にやるのは難しい。」と話していました。そして、「走ることから出いいからスポーツを始めて」「相手の気持を考えて」「目標を持って生きて」という白井さんの長井をしっかりと受け止めていました。
子どもたちは、最後に金メダルにさわって大興奮でした。「私、テニスでメダルを取る。」と話してくれた瞳は、金メダルのように輝いていました。



 
 
 
 
Copyright (C) 2007 Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved