五輪代表4人勢ぞろい 初のJA全農ミートフーズ教室

2009年8月1日


JA全農ミートフーズ鰍フ協賛を得て、8月1日三郷市総合体育館で「ちびっこバレーボール教室」を開きました。講師は当会から神白高子顧問・理事、高木貴子代表理事、さらに男子の88年ソウル五輪代表・井上謙さん(46)=元NKK、日立ハイテクノロジーズ勤務=、92年バルセロナ五輪代表・大竹秀之さん(42)=NEC勤務=を加えた豪華メンバー。この顔ぶれに、三郷市の木津雅晟市長、榎本幹雄教育長ら市関係者ら多数が顔を見せて大歓迎してくれました。
参加は三郷市近隣のスポーツ少年団10チーム。約2時間半、基本プレーを中心に指導しました。4人ものオリンピック選手に興味津々なのは子どもたちも同じ。特に208aの大竹さんには驚きと親しみと複雑な気持を表現していました。横に並んで背比べ、ジャンプして肩に触れる、移動する度に子どもの輪ができるほどでした。イケメンの井上さんはお母さんたちにもモテモテ。高木さんは「声を出して」「ボールは自分で拾いなさい」と掛け声にも熱が入っていました。草加市在住の神白さんはこの地域では、ママさんチームの監督を努めや自らの大会を持つなど長年、バレーボールの普及に尽力してきただけあって、子どもたちは皆、慕っていました。
この教室特徴は食育教室です。館内の会議室では、バレーボール教室と平行して、JA全農専属の管理栄養士、阿部菜奈子さんが、お母さん約60人に「成長期スポーツを元気に支える食と栄養」のテーマで講義しました。ちびっこバレーボーラーを抱える、お母さんらは約1時間、熱心にメモをとっていました。

参加チーム Sweet、八潮フラパース(以上八潮市)、三郷V・Max、三郷V6、三郷エンジェルス(以上三郷市)、鳩ヶ谷マルガリータ(鳩ヶ谷市)、草加チアーズ、西町ジュニア、青柳バレー(以上草加市)、西公民館(川口市)



 
Copyright (C) 2007 Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved