館山に金メダリスト4人集結

2009年8月30日

  館山市市制施行70周年を記念した「一流選手に学ぼう バレーボール教室」が8月30日、館山市運動公園体育館で行われ、当会から田村悦智子副代表理事、池田廣美、吉田昌子、吉田真理子各理事が指導に当たりました。小学生、ママさん、指導者ら約160人が4つのグループに分かれて、約2時間は熱心に受講しました。
 田村さんは館山市のスポーツ大使を務め、バレーボールだけでなく市のスポーツの普及、発展に努めています。金丸謙一市長は当会の賛助会員でもあり、市制70周年に当たり、教育委員会を通して、今回の教室開催に力添えをいただきました。

 


松田紀子理事、久々に元気な姿

2009年10月3、4日

北海道釧路市で「くしろスポーツフェスティバル2009」が開かれ、高木貴子代表理事、松田紀子理事、西本哲雄さん(72年ミュンヘン五輪金メダリスト)、井上謙さん(88年ソウル五輪代表)が参加、指導しました。釧路在住の松田理事が元気な姿を見せてくれたのが、うれしい“便り”です。実行委員会の蝦名大也会長から4人に宛ててお礼の手紙が届きました。以下原文のまま。

 拝啓
秋晴の候、貴職におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
この度は、貴職のご協力により、湿原の風アリーナ釧路1周年記念事業「くしろスポーツフェスティバル2009」が成功裡に終了することが出来ましたことを心より厚くお礼申し上げます。
10月3日のジュニアバレーボール教室では、選手及び指導者の皆様から基本動作のトス・スパイル・レシーブをはじめ、ゲーム形式で選手同士のコミュニケーション(声かけ)の取り方など一つ一つの指導が分かりやすいと大変好評でありました。また、「オリンピックの感動をもう一度」をテーマとしたトークショーでは、オリンピックで金メダルを獲得した時の苦労話やエピソードなど、普段は中々聞けない内容のお話を聞くことが出来ました。指導を受けた子供達も必ずや今後の種としていくだろう事を願っているところです。
4日の「くしろスポーツフェスティバル」当日には、参加をした幼児から高齢者まで幅広い年齢層の市民の皆さんと共に、ファイブチャレンジ・バレーボール体験コーナーなど一緒に触れ合っていただきました。
特に、ジュニアドッジボール大会決勝戦前には、即席のオリンピックチームを結成して、ジュニアチームとエキシビションマッチを行い、会場の皆さんからの声援で大変盛り上がり、ドッジボールの表彰式では、オリンピック選手からメダルの授与をしていただき、選手並びに父兄の皆さんも大変感動し、また喜んでおりました。
この2日間お忙しい中、この事業に対してご協力を賜り、釧路市民を代表して感謝申し上げますと共に重ねてお礼申し上げます。
今後とも、市民の皆様方に、より一層楽しんでいただけるスポーツフェスティバルの開催を目指し、企画・運営の取り組んでまいりますので、さらなるご指導ご協力を賜りますようお願い申し上げまして終了お礼のご挨拶と致します。

敬具


 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved