静岡県菊川市の小笠東小学校でバレーボール教室を開催

2009年9月15日

静岡県菊川市の小笠東小の5、6年生約90人を対象に田村悦智子副代表理事が指導しました。校長の近江賢市先生から子供たちの感想文がメールで寄せられました。



先日はお忙しい中、はるばる菊川の地までお出かけいただき、ありがとうございました。バレーボールが全盛で世界を制した時期の中心メンバーである田村さんのお話を伺えたことは、子どもたちにとってとても良い経験になりました。子供たちの感想文を紹介します。

「今日はトップアスリートの田村さんが来てくれました。その中のお話で「あきらめないことの大切さ」について話してくれました。また、「どのくらい優勝したか」と言う質問に、「全部優勝した」と言ったときは、やっぱりすごいなと思いました。たぶん、たくさん努力したんだろうなと思います。話の後に、5、6年生はバレーボールを教えてもらいました。ぼくは、ねらった所にボールを返すことが出来ず悔しかったです。最後に金メダルを見せてもらいました。金メダルは重くてキラキラしていました。バレーすごく楽しかったです。 」

「 今日金メダルを取った田村さんが来てくれました。田村さんは小さい頃から、体が弱かったと言っていました。でも、バレーボールをやりたくてバレーを始め、みんなに追いつくために毎日走ったと言っていました。毎朝5時に起きて走ることは私にはできないと思います。それに、バレーをやめるまで走り続けたというのがすごいと思いました。その努力が、金メダルという結果に結びついたんだろうと思います。あらためて、努力は大切だと思いました。そして、私も田村さんのように、毎日何かを続けてやってみようと思いました。今学校に来たら5周走っています。だから、その5周を陸上大会が終わっても、マラソン大会が終わっても、6年生になっても続けられたらいいなと思いました。今日のこの時間で、努力の大切さ、自分に負けたらいけないということを学びました。 」

子供たちにとって、すてきな時間をいただいたことについて、感謝いたします。



 
Copyright (C) 2007 Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved