草加市スポーツ健康都市記念体育館でバレーボール教室を開催

2010年2月13日

「金メダリストと遊ぼう!キッズ・バレーボール草加教室」が、草加市スポーツ健康都市記念体育館で、草加市近隣のスポーツ少年団10チーム約130人が参加して開かれました。これは笹川スポーツ財団の補助金事業で、昨夏の新潟・つばめ三条、1月の福井に次いで3回目。指導には本会顧問・理事の神白(旧姓飯田)高子さん、全日本女子の初代リベロ吉井(旧姓津雲)博子さんが当たりました。



小雨がぱらつき、冷え込みの厳しい土曜日。体育館でも底冷えが厳しく、子供たちのボールを持つ手も思うように行かない様子でした。鬼ごっこでフロアを駆け回って体を温めてから、パス、レシーブ、スパイクの基本動作を練習。神白、津雲両先生の熱のこもった指導と模範プレーに子供たちも納得顔を見せていました。先生チームとの5点、1セットマッチで一喜一憂しあとは、スポンサーさんからのプレゼントに歓声をあげ、あっという間に3時間半が過ぎました。教室の開催に尽力いただいた草加市スポーツ少年団本部(天野雅夫本部長)、裏方を仕切ってくださった草加チアーズの大熊重光監督に感謝します。

参加チーム 
三郷エンジェルス、三郷V6、三郷Vマックス、八潮フラッパーズ、松伏スィート、増林バレーボール、青柳バレーボール、西町女子バレーボール、西町男子バレーボール、草加チアーズ

主催
NPO法人バレーボール・モントリオール会、草加市スポーツ少年団本部

後援
草加市教育委員会、全日本小学生バレーボール連盟

協賛
笹川スポーツ財団、協力=大塚製薬、モルテン、トヨタ自動車カローラ埼玉、三郷上彦名店、草加市スポーツ少年団バレーボール指導者連絡協議会、テレビ埼玉






 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved