千葉県大網白里アリーナでバレーボール教室を開催

2010年3月6日

当会が主催する「JA全農ミートフーズちびっこバレーボール教室」が3月6日(土)午前9時から約3時間、千葉・大網の大網白里アリーナで近隣の小中学生約130人を集めて開かれました。指導にはご当地出身の田中克子理事、米国代表として1992年バルセロナ五輪で銅メダルに輝いたヨーコ・ゼッターランドさん、地元でバレーボールを教える加藤敦志会員が当たりました。また、併行して、発育盛りの子どもたちへの栄養管理を教える「食育講座」が持たれ、管理栄養士の阿部菜奈子さん(全日本男子バレーボールチームの栄養管理担当)が約40人の父母に講義しました。


小学生は全員がバレーボール未経験者といっていいほどでした。この日のために用意したミカサの小学生教材用ボール(軽量、ソフトタッチ)が人気で、気持ちよさそうにボール遊びを楽しんでいました。中学生はチームごとの参加。ヨーコさんからパス、レシーブを中心に高度な基礎練習を学んだ。中でも、おしゃべりをして説明を聞かなかった生徒は、「人の話を聞くことの大切さ」を厳しく諭される一幕もありました。
楽しさと同時に厳しさも教える。子供たちにとって、スポーツに取り組む姿勢、規律、協調性などの観点からも「だめなものはだめ」と叱ることが必要だと思いました。
この教室は昨年夏の三郷市についで2回目。今年は千葉国体が開催され、大網白里はバレーボール(少年少女)会場となっており、タイムリーな教室となりました。開講式には大網白里町教育委員会の島碕善久教育長も顔を見せ、ちびっ子たちを激励しました。


 参加校     大網小、増穂小、増穂北小、瑞穂小、白里小、城西小、正気小、白里中、大網中、増穂中

 後援       大網白里町教育委員会

 協賛・協力社 JA全農ミートフーズ、JA全農チキンフーズ、日本ミルクコミュニテイ、雪印メグミルク、ミカサ



 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved