岩手県北上市の市勤労体育センターでバレーボール教室を開催

 

本会の今年度新規事業は「一流を知る!バレーボール教室」「しあわせ薬と処方箋・午後のチャリティートーク&ライブ」の2件。そのひとつ「一流を知る!―」が2010年7月10日、岩手県北上市の市勤労体育センターで行われました。この事業は、本会が中心になって、総合型地域スポーツクラブ(総合型SC)間のネットワークづくりに寄与すると同時に、バレーボールを通して地域や家族の絆を深めることを目的としています。文部科学省のスポーツ振興策として全国に設立された“何でもありのスポーツクラブ”が総合型SC。これらを統括する総合型地域スポーツクラブ連絡協議会の協力の下、第1回の今回は北上市のNPO法人「フォルダ」様の全面的な支援を受けて開催され、本会の高木貴子代表理事、宮嶋泰子理事が指導に当たりました。
教室は2部構成。1部は「バレーボール教室」、午後1時から約4時間。地元の上野中(男子)、和賀東中(女子)、北上中(女子)のバレーボール部員約30人が高木代表からパスの基本動作を教わった。素早くボールの下へ入る練習では、ヘディングでボールを上にあげる動作を取り入れ、その目新しさに生徒らはかん声を上げながら楽しそうに取り組んでいました。
2歳10か月の幼児から小学6年生までの約30人とお父さん、お母さん約10人が入り混じっての“ボール遊び”は、まさに総合型SCならではの教室となりました。ボールメーカー潟~カサ様の協力で、この日使用した初心者用バレーボールが体育館のフロアを子供らの歓声といっしょに行き交っていました。
宮嶋理事とのトークショーは、高木代表の幼少時の話。よく寝て、よく食べ、中学1年で身長158a。軟式テニス部に入ったが背が高いのでバレーボール部へ。以来、金メダルへ厳しいトレーニングに明け暮れたそうです。(現在181a、今では珍しくはないが、35年前は世界の中でも長身だった)74年世界選手権、76年オリンピック、77年W杯と3冠ン輝く“金の女性”は、ちびっ子たちに「いつも明るい心を持とう」「体力がないと明るくなれない。しっかり運動しよう」と呼びかけました。
本物の金メダルに行列ができました。子供も大人もずっしりとした重さを手にして感動していました。訪れた高橋一臣教育長は「皆さんもオリンピックに出れるようがんばりましょう。そして金メダルをめざしましょう」とちびっ子たちにスポーツを奨励しました。
2部は「総合型地域スポーツクラブ東北ミーティング」、会場を市内のホテルに移し、青森県のほか地元のSCなどから約30人が出席、約1時間熱心に話し合いました。テーマは「こう変わる!日本のスポーツ」。テレビ朝日アナウンサーで日本体育協会総合型地域スポーツクラブ育成委員でもある宮嶋理事がコーディネーター、パネラーは総合型SCNPO法人フォルダの司東道雄ジェネラルマネジャー(GM)、北上市教育委員会スポーツ振興課の佐々木茂雄課長、そして高木代表理事の3人。宮嶋理事が基調報告。豊富な経験を基にプロジェクターを使い、スポーツに取り組む環境や姿勢について日本は欧米に比べて劣ることや総合型SCの役割などを説明しました。総合型SCについて、司東GMが「参加者が体験したいプログラムを自ら実現するシステム(フォルダ言いだしっぺ方式)で現在、洗顔競争など120種目あるが、まだ足りない。道具もルールも工夫したい」と誰でも参加できるクラブへ自ら奮起を促すと、佐々木課長は「子供は、運動をやる子とやらない子に2極化している。子供たちにスポーツ好きを増やしたい」と総合型SCの協力を求めました。日本のスポーツクラブの在り方について、高木代表は「誰でも気軽に入れて、やりたいことをやる。そうなるといいですね」、司東GMが「言いだしっぺ方式をもっともっと進めたい」と言えば、佐々木課長は「スポーツにはお金がかかる。そのことを多くの市民が理解するためにも、出したお金の対価となるプログラムを作ってほしい」と注文を付けました。注目したのは、高木代表の「今の子供は昔に比べて体力がない。体が非常に硬いし、けがも多い」との指摘に、「体力の低下と同時に学力も落ちている。体力が向上すれば集中力もつき、学力もアップする」(宮嶋理事)、「うちの子はバレエをやっているが、バレエのあとは勉強するが、やらないと勉強もしない」(司東GM)、「体を動かすのは人間の本能、体を動かすことが集中力に結び付く」(佐々木課長)などの発言でした。昨今、子供の体力、学力の低下が問題化している日本。スポーツと学力の因果関係はともかくとして「総合型地域スポーツクラブの今後は、お腹に子供がいるときから遊ぶ。妊婦をいかに取り込むか。まず、親からスポーツの必要性をたたき込むことですね」(宮嶋理事)。これが結論でした。
(文責・奥本)

 

なお、この模様は「岩手日日」(7月11、12日付朝刊)「岩手日報」(7月11日付朝刊)=写真=でそれぞれ報道されました。第2回は12月4日(土)岡山市、第3回は11年1月22日(土)東京の予定。もう一つの新規事業「― チャリティー&ライブ」は9月26日(日)、横浜市泉区区民センター「テアトル・フォンテ」で午後2時開演。入場券3500円はただ今、好発売中です。      

 



 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved