三郷市総合体育館でバレーボール教室を開催

2010年7月31日

 

猛暑の7月31日、埼玉・三郷市総合体育館でスポーツ少年団10チーム、一般参加合わせて約140人が参加して「JA全農ミートフーズちびっ子バレーボール教室」が開かれました。三郷市は昨年の夏、この教室が初めて開催された場所で、市を挙げてスポーツの振興に取り組んでいます。この日も木津雅晟市長、榎本幹雄教育長をはじめスポーツ少年団本、家庭婦人の「みさとママ」、体育館職員ら大勢の方々が駆けつけて、運営に協力していただきました。
指導には本会の神白高子顧問・理事、92年バルセロナ五輪で米国代表として銅メダルに輝いたヨーコ・ゼッターランド(堀江陽子)さん、Vリーグ1000セット出場で“鉄人”と言われた大貫美奈子さん(元NEC、98、02年世界選手権代表)、黒一点はイケメン・サウスポーで88年ソウル五輪代表の井上謙さん(元NKK)。多士済々の顔ぶれに保護者のお母さんたちも大喜びでした。



市長の一声で冷暖房が入ったコート3面の館内は快適。神白さんがディレクター役で、準備運動は井上さん、パスプレーはヨーコさん、レシーブは大貫さん、スパイク・ブロックは井上さんと動ける3人が模範プレーを見せながら進行しました。チーム同士でのミニゲームのあとは、“4人の先生”チームに参加前チームが5点マッチでチャレンジ。ちびっ子たちが得点するたびに大歓声、“元全日本”がその片鱗を見せるとため息、時間を忘れ、昼食を忘れ、午後零時半まで続きました。
「きょう学んだことを忘れずコツコツ練習してください」「しんどい時は楽しい時を思い出して練習しよう」「仲間を思いやる気持を忘れないでね」「この中からオリンピック選手が出て、金メダルを取ってください」と先生たち。ちびっ子を代表してエンゼルスの田端実咲さん(三郷・前谷小6年)が「今日習ったことを忘れずがんばります」とお礼の言葉を述べ、全員で「ありがとうございました」の元気な声で締めくくりました。
この教室の特徴は、同時開催の食育講座です。会議室に約60人のお母さんが出席、「三郷からトップアスリートを目指して!」と言うテーマでJA専属栄養士の阿部菜奈子さんが発育盛りの子供への食事に付いて、プロジェクターを使いながら約1時間、お話しました。
なお、参加チームにはミカサ製のボール各1個、全員にJA全農ミートフーズ、メグミルクの協賛社からプレゼント詰め合わせ袋、本会から金メダルはがきが贈られました。

  1. 参加チーム マルガリータ(鳩ヶ谷市)、草加中央、西公民館(以上草加市)、辻(浦和)、高萩スポーツ少年団(茨城・高萩)、フラッパース(八潮市)、Sweet(埼玉・松伏町)、V.Max、エンジェルス、V6、一般(以上三郷市)
  2. 主催 NPO法人バレーボール・モントリオール会、三郷市総合体育館

後援 三郷市教育委員会、三郷市スポーツ少年団
協賛 JA全農ミートフーズ梶A日本ミルクコミュ二ティー
協力 ミカサ、みさとママ、スポーツ少年団母集団






 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved