高木代表、38年ぶり涙の“里帰り”
総合型地域SC連絡協議会交流事業、岡山大会終わる
toto
スポーツ振興くじ助成事業


本会の今年度新規イベント、総合型地域スポーツクラブ(総合型SC)連絡協議会交流事業の第2弾、岡山大会は12月4日、岡山市内の桃太郎アリーナと岡山ロイヤルホテルで開催されました。高木(旧姓白井)貴子代表理事、宮嶋泰子理事、運営委員として高木理賀子、大上志麻(宇部市在住)の両正会員、事務局から奥本浩平理事の5人が本会から参加しました。
高木代表理事にとって生まれ故郷の岡山、しかし当の本人は実に38年ぶりの里帰りだと言います。20歳のとき親元を離れ、オリンピックで金メダルを取り、バレーボールの世界殿堂入りを果たしたヒロインには、この日までなぜか地元からお呼びがかかりませんでした。講演、講習はもとより県や市のスポーツ行事への協力依頼は一切なかったのです。降ってわいたような話は今年5月、日体協の総合型地域SC全国協議会、「白井さんにぜひ来てもらいたい」総合型SC岡山協議会の長尾政則会長が真っ先に手を挙げました。心待ちしていた白井は、40年近くたまった思いを吐き出すように紙に綴りました。書きながら時に涙したのでしょう。開会前、メモを見せながら「これを話したら泣くかも知れない」とも言いました。
午前中のソフトバレー大会を終えた、11歳から70歳までの男女約70人が講習生。ここ2週間、金メダル後遺症の腰痛を再発させ、満足に動けない白井でしたが、口はもちろん体もがんばりました。「私は教え上手ではないですが、教わり上手でした」で始まった実技講習は約1時間半。身振り手振りの一方で「こら! 何聞いてんだよ!」「さっき、言ったろう!」「ボールは自分で取りに行く!」、時には「早くしねえ(しなさい)」など岡山弁を交えて、緊張の中にも笑いいっぱいでした。「怒られるのって久しぶり。怒られることも大事よね」「怒られてわかることもあるもんね」年配の主婦の会話です。
宮嶋理事(テレビ朝日アナ)とのトークショーでは、杉並区で外部指導員、教育委員会部活動コーディネーターとしての体験を基に、中学校の部活の実態、生徒の規律、父母への指導などを語りました。散会するや否やツーショット写真、Tシャツや靴へのサイン攻め、ふる里は「白井貴子」を心待ちしていたのです。
さらに盛り上がったのがパネルディスカッション。午後5時からアリーナに近いホテルの会議室で約1時間半、「語り合おう これからのスポーツ」。パネラーは高木代表理事、長尾隆史氏(岡山県スポール振興課長)、米谷正造氏(川崎医療福祉大教授、日体協総合型クラブ中国地方企画班班長)、表田実典氏(柵原星の里スポレク倶楽部代表)。日体協総合型地域SC育成委員でもある宮嶋理事のコーディネートで始まり、朝から出詰めの総合型SCの指導者約50人が耳を傾けました。
文科省の「スポーツ立国戦略」(案)がたたき台です。概要の真っ先に「ライフステージに応じたスポーツ機会の創造」を掲げ、国を挙げて総合型SCの支援を唱っていることを評価しつつ、それを如何にして現場が具現するかを話し合いました。泥んこサッカーを手掛けた表田さんは「スポーツの中から遊びを見つけることが大事だ」と言えば、米谷さんは「調理で言うなら味付けを変えてスポーツを楽しむことが仕事である」と総合型SCを料理人と位置付けました。「プレーとは遊ぶことです。子供たちにはまずそこから教えています」と高木代表。「今の子供たちは体を動かすことをきらう。岡山県では指導員を学校に派遣して体を動かすことを教えようとしている」長尾さんは県の施策を口にしました。
米谷さんが突然、「隣同士で手を握ってください」と言いました。「(相手の手が)汗ばんでいるとか、柔らかいとか感じるのは、自分を感じているのです」と言い「スポーツは相手の事を知り、自分の事を知ること」スポーツはコミュニティーだと言うのです。「コミュニティーの要は総合型SCだ。近隣のクラブ(岡山県内には43)と助け合いながらやっていく」と言う表田さんを受け、米谷さんは「SCが地域の人と人とを繋ぐ役割を担い、地域にコミュニティーが少しずつ復活してきた」と総合型SCの存在感を強調しました。
過疎化が進む町村、少子高齢化と孤独死。年間自殺者は3万人超。流行語大賞に「無縁社会」がノミネートされるご時世です。日本の未来像に世界が注目していると言われます。毎日お米を食べるように、だれもが日常的にスポーツを楽しむ「スポーツコミュニティー日本」と言える日を迎えるためにも総合型SCの役割はますます大きくなっていくことでしょう。
▽ソフトバレー大会 県内10クラブ・団体(きよねSC、しらうめSC、NPO法人スポーツライフ‘91天城、スポーツ・レクリエーション倶楽部くせ、びぜん優くらぶ、美作市粟井スポーツ振興会、柵原星の里スポレク倶楽部、夢咲クラブ、総合型地域スポーツクラブ「和気クラブ」、?岡山県体育協会)20チーム、約100人参加。
なお、この事業は日本スポーツ振興センターからの補助金を受けて展開、来年1月22日に東京・品川区で第3弾を行います。






 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved