課題を見つけ、総合型地域SCとの連携事業終わる

今年度の本会新規事業、総合型地域スポーツクラブのネットワーク作りを手助けするためのバレーボール教室&シンポジュームは、1月22日の品川区で3開催すべてを終えました。戸惑い一杯の事業でしたが、日本スポーツ振興センターの助成を受け、地域のSCの仲間に助けられ、ひとまずやり遂げることが出来ました。ここで学んだ経験を生かし、23年度はさらに前進したイベントにしたいと考えています。
 品川教室は、JR山手線沿い、五反田駅と大崎駅のほぼ真ん中の品川区総合体育館で開かれました。午前の実技には小学生5チーム約50人、ママさん10チームなどから約50人が参加。76年モントリオール五輪金メダリストで本会理事・顧問の神白(旧姓飯田)高子と88年ソウル五輪代表の井上謙氏が指導しました。バレーボール経験者ばかりとはいえ、小学2年生から50代の主婦まで、まるで親子教室の様相です。
 「さあ! お母さんと組んでパス練習をしますよ。『お願いしまーす』と言って2人一組になりましょう!」神白さんが子どもたちに声をかけました。戸惑う子どもたち。「誰にお願いしようかな?」うろうろしています。「声を出して、お願いするのよ」神白さんがまたけしかけます。少しずつ“親子ペア”ができて、バレーボールが空中に弧を描きだしました。ボールを通して親の気持ち、子供の気持ちが通じ合う、微笑ましい光景です。見学に訪れた総合型地域SC全国協議会の小倉弐郎理事長も満足気でした。10時過ぎに始まった実技指導は12時15分まで。小学生は井上さん、ママさんは神白さんが受け持ち。2面のコートを使い分けて基本プレーを教えました。今までとは違うコーチングに好奇の目を見せながらプレーしたママさんとちびっ子たち。一汗かいたあとは、実物の金メダルの重みを肌で感じ、記念撮影と思い出を作って散会しました。
 シンポジュームは午後1時半から。館内の会議室に品川区スポーツ協会の関係者約70人が集まり、熱心に聞き入りました。パネリストは、幼児活動研究からSCの指導まで幅広い活動を続ける長屋あゆみさん(日本経営教育研究所職員)、品川区唯一の総合型地域SC「スポクラ品川」代表の鈴木ゆみ江さん(品川区体育指導員)、神白高子さん、井上謙氏の4人。コーディネート役はテレビ朝日アナウンサー宮嶋泰子さん(本会理事)。基調報告として、「日本のスポーツの原型は維新後の欧米ではなく、鎌倉時代の鳥獣戯画にある」、「フィンランドでは成人が週1回以上スポーツする割合が91lだが日本ではその半分」、「今年3月には『スポーツ庁を創設し、国民がスポーツをする権利を保障する』スポーツ基本法が国会に提出される」ことなど、プロジェクターを使って「人類のDNAには体を動かすことや遊ぶこころがある」とスポーツを楽しむことの大切さを話しました。
 この日のテーマは「指導スタッフの育成」でしたが、パネリストの話題は、総合型SCの在り方から子どもたちへの指導法へと進みます。SCを立ち上げて間がない鈴木さんが「楽しむことが原点です」といえば、北上市のSC「フォルダー」のスタッフでもある長屋さんは「スポーツは何でもありです」と岩手と秋田の県境で両県のSC同士で綱引きを行っていることを紹介。「勝った方が県境を60a動かす」には会場も爆笑しました。「親子で一緒に遊ぶ機会が少ない。お互い思いやりを持つことを学ぶ機会になって良かった」と言うのは、“親子パス”の神白さん。28年も前から小・中・ママ各6チームを集めて神白カップ・バレーボール大会を三郷市で開いています。「行政に頼ってはだめだと思い、自分でスポンサーを見つけて立ち上げた。今年から高校生をいれる」そうで、ここでは82歳から小学生までが一堂に会します。年齢の垣根を越えることで、新しいアイデアが生まれるのです。総合型SCを立ち上げようとしたが資金不足で断念したという井上さんは「(総合型SCは)敷居を高くしてはダメ。ルールから先に入って楽しさを見失っては、長続きしない」と“スポーツは楽しく”を強調しました。
 長屋さんが興味のあるデータを話しました。米国の心理学者アルバート・メラビアンの法則です。人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかというと、話の内容など言語情報が7l、口調や話の早さなど聴覚情報が38l、見た目などの資格情報が55lの割合と言う研究結果があるのです。「3〜5歳の子どもは周りの大人の言動を見て育つので、スポーツの世界でも礼儀作法を含めて、大人がしっかりしましょう」とスポーツ少年団など子どもを教える指導者に“忠告”しました。これにはパネリストたちも「指導者である前に社会人として優れた人であってほしい」とうなづきます。井上さんも「子どもはイメージに合わせるのが早い。教えるとき、自分でやってみて、説明して、やらせて評価してやる。視覚が大事です」と続きます。体育会系はどちらかと言えばパターン化し、あいさつなど心のこもったものと言うより型にはまったものが見受けられます。スポーツ少年団のメンバーが総合型SCの体育館へ出入りするようになって、子どもたちが団の指導者とは異なるいろんな大人の刺激を受けて大きく育っているという話もありました。
 文科省の掲げる「スポーツコミュニケーション・ニッポン」は、トップアスリートを地域に還元しようという話を進めています。コーディネーターの宮嶋さんが「私たちモントリオール会もいろんな競技のオリンピアン(五輪代表)に声をかけて、地域のスポーツクラブの皆さんのお役にたちたいと思います。鈴木さん、品川区でもいかがですか」と声をかけると、鈴木さんは「会員を増やしてお金を貯め、トップアスリートを呼んでイベントを開きたいです」と気炎を挙げました。
会議室の片隅で耳を澄ませていた小倉理事長は、宮嶋さんの指名を受けて「平成7年にスタートした総合型SCは地域に育てていただくクラブ(現在3114クラブ=71lの市町村に1か所)。誰でも得意の分野で参加でき、コミュニケーションを作ることで地域を活性化する、その集まりがSCです」とSCづくりを啓蒙。街づくりの柱になりたいという「スポクラ品川」にエールを送って終わった1時間半のシンポジューム。指導スタッフの育成は総合型地域SCづくりと切っても切れない関係にあることをいみじくも結論づけました。
 品川スポーツ協会、NPO法人地域スポーツ倶楽部「ピボットフット」、品川区家庭婦人バレーボール連盟、(株)ミカサなど多くの皆様のご協力を得ました。感謝して御礼申し上げます。

 [参加チーム・団体]▽家庭婦人 サークル大崎、WINS、ミストレス、ミルキーメイト、月見台、JHONAN、しながわ、リバテイ、サークルクローバー、鈴ヶ森▽スポーツ少年団 上神明KVC、三木ジュニアVBC、延山ペガサスVBC、大井第一エンジェルス、後地ウイングス 



 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved