山口きらら博記念公園多目的ドームでバレーボール教室を開催

     
スポーツ基本法を知ろう、バレーボールを楽しもう
今年度もモン・スポと地域SCでイベント開催

スポーツ基本法が施行されて3か月。全国民にスポーツをする権利を認め、謳った法律を一人でも多くの人に理解してもらおうと、モン・スポは今年もTOTOの助成を受け、シンポジュームとファミリー・バレーボール教室を始めました。


国体終えた山口は元気いっぱい

第1回は11月12日(土)、山口市の山口きらら博記念公園多目的ドームで開きました。先月、国体を終えたばかりの山口は元気いっぱいでした。
「スポーツは世界共通の人類の文化である。(中略)スポーツを通じて幸福で豊かな生活を営むことは、すべての人類の権利であり、すべての国民がその自発性の下に、各々の関心、適正等に応じて、安全かつ公正な環境の下で日常的にスポーツを楽しみ、又はスポーツを支える活動に参画することのできる機会が確保されなければならない。(中略)スポーツは、人と人との交流及び地域との交流を促進し、地域の一体感や活力を醸成するものであり、人間関係の希薄化等の問題を抱える地域社会の再生に寄与するものである。(国際競技大会で活躍することで社会に活力を生み、経済発展に寄与すると競技力の向上を謳っている)(後略)」以上がスポーツ基本法の前文です。 

山口県では現在36の総合型地域SCが活動、設立準備中10。その指導者ら約50人が出席してシンポジューム「やまぐち発 地域スポーツのすすめ」は始まりました。コーディネーターは宮嶋泰子理事(テレビ朝日アナ)。富山貴士さん(山口国体競泳200bリレー1位)、橋本勲さん(山口県レクリエーション協会理事)、本会から横山樹理理事、大上志麻会員(宇部市在住)の4人がディスカッションに加わりました。参加者に資料として配られたスポーツ基本法(全文)を基に、文科省スポーツ振興に関する委員でもある宮嶋アナが骨子を解説して、地域スポーツについて意見交換を行いました。

「SCは地域の基地で、そこに人が集まり、交流の輪が広がる」
「スポーツのお元はレクリエーション、これを入り口にしてスポーツを楽しみ、さらに競技へと発展していくのが理想的だ」
「競技として決められたルールはあるが、そのルールを変えて遊ぶ楽しさもある」
「子供、高齢者などジャンル別にルールを変える。ソフトバレーで、例えば70歳はジャンプしない、ワンバウンドでレシーブ、パスを行う」
「古里ウオーキングは手作りの地図をもとに地元にある“もの”を発見しながら歩くのも楽しい」
「施設が整ってきたためか、ちゃんとした施設がないと運動が出来ないという風潮がある」
「草も刈ってしまえば芝生である、と言う。まさにスポーツも同じで、四角四面に考えることはない」
「スポーツツーリズムという言葉がある。スポ−ツを使って観光客を呼ぶということだが、スポーツによって町が活性化し初めて観光に結び付くのではないか」
発言をアトランダムに列挙しました。

樹理さんは、やっぱりバレーボールの申し子でした。バレーボール教室には約40人のちびっ子が参加しました。野球の公式戦が出来るほどの大きな人工芝のドームでは、吹き矢、フリスビー、3D体操、コーディネーショントレーニング、ペタングなど様々なレクリエーション活動が展開され、バレーボールコート2面はセンターの位置。「勝つための厳しくやってきたが、『楽しいぞ』と言うところから始めている。基本を楽しくきっちり教える」と樹理さんの声が弾みます。「声を出しなさい」「相手のことを考えなさい」大事なことはしっかり教えます。ここでびっくり。ソフトバレー用のボールを用意していた子共たちが飛びついたのは初心者用のソフトタッチのバレーボール。小学生用公認球と形状は同じ、表皮の肌触りがやさしく、軽くて、まさに取っ付き易いのです。軽やかに投げ、怖がらずにパス、幼い児童も楽にサーブを打っていました。1時間半の実技。本物の金メダルは、ここでも子供たちの「夢と希望」、「憧れ」。ずっしり重い実物に、目を輝かせ、笑顔で記念写真に納まっていました。

▽参加クラブ
田布施スポーツクラブ、コミュニティスポーツクラブ右田、菊川スポーツクラブ、NPOゆうスポーツクラブ、コミュニティクラブ東亜、GOPPOええぞなクラブ、宇田ふれあいクラブ、久米いきいき健康クラブ設立準備委員会、コミュニティスポーツ城南、すげえちゃ高泊



 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved