池田廣美理事、難民とスポーツを語る


“スポーツで世界を変える”を謳って誕生した日本初のスポーツ社会変革コミュ二ティー「Sports For Smile」(梶川三枝代表)主催(公益財団法人日本バレーボール協会など後援)のラウンジが2011年11月19日(土)夕、虎ノ門の日本財団CANPANで開かれ、本会のネパールでのブータン難民支援バレーボール教室が取り上げられました。会場では当時の活動を綴ったドキュメンタリー「そしてボールは空を舞った」(テレビ朝日制作)が流され、パネラーとして招かれた池田廣美、奥本浩平両理事は4年前の活動を昨日の事のように思い出していました。

風雨の中、集まったのは難民問題に関心を持つ高校生、大学生ら20人。イントロは元UNHCR駐日代表の滝澤三郎氏、難民問題の現状をスライドを使って解説され、「拘束され続けている難民にとってスポーツの役割は大きい」とモン・スポのネパール遠征を評価していただきました。パネルディスカッションは「難民とスポーツ」。池田、奥本にWAVOCの石川菜咲さん(早大2年)が加わり、思い出の写真(フォト・キシモト制作)が流れる中、梶川代表のリードで2007年4月1日〜10日の一大キャラバンを辿りました。死に物狂いで金メダルのために半生を捧げてきた池田理事は「私こそバレーボール難民でした。でもバレーボールが難民の皆さんの心の糧になることを知って新しい世界が見えてきたのです」とヒマラヤの麓のブータン難民に思いを馳せ、「今どうなっているのか、どうしているのか、もう一度行ってみたい」と話しました。

ネパール遠征がきっ掛けとなって始まった「アジア・スポーツフェスタ」にも話が及び、今年初めて“アジスポ”に参加した石川さんは「子供から大人まで、しかも男女一緒のイベントは素晴らしい。もっともっと知りたい」と学生らしく好奇心旺盛でした。

奇しくもブータン国王、王妃が来日中、マスコミあげて世界一幸福の国と謳いあげているときだけに、このブータン難民の話は皮肉でもありました。

今回のラウンジは、FIVBワールドカップ・バレーボールを見据え、男女大会のインターバルに設定されました。先日の18日、国際バレーボール連盟(FIVB)は代々木第1体育館で報道陣を前に国連の行う社会貢献活動に積極的に参加することを国連と正式に調印しました。そこに同席していた国連開発と平和のためのスポーツ局・アントワン・ターディ氏がラウンジに駆けつけ、こう言いました。「みなさん(モン・スポ)の活動は素晴らしい。FIVBとパートナーシップを結んだが、要はIF(各国の協会・連盟)を含め、具体的に行動してくれるかどうかです」。サッカーやバスケットボールなどに比べ遅れを取った形のFIVB。とはいえ、日本バレーボール協会は東日本大震災を受け、具体的な人道支援活動を展開しています。冷めた目でバレーボール界を見ている国連ですが、そんな中でモン・スポの使命感を感じずにはおれませんでした。

約2時間のディスカッションの後は軽食とドリンクでネットワーキング。参加者の中

には池田理事が持参した金メダルを手に、昔話に花を咲かせる方もいました。このラウンジ、数か月に一度開催されますが、今回は4度目でした。Sports For Smileについてもっと知りたい方は、www.sports4smile.com をご覧ください。


池田廣美(右)の金メダルを手にする国連のターディ氏(11月19日、日本財団CANPANで:Sports For Smile提供)
池田廣美(右)の金メダルを手にする国連のターディ氏(11月19日、日本財団CANPANで:Sports For Smile提供)

ブータン難民がバレーボールを楽しむ写真を見ながらデイスカッションする(左から)梶川代表、奥本理事、池田理事、早大生の石川さん。手前後ろ姿は国連のターディ氏=虎ノ門の日本財団CANPANで。Sports For Smile提供=
ブータン難民がバレーボールを楽しむ写真を見ながらデイスカッションする(左から)梶川代表、奥本理事、池田理事、
早大生の石川さん。手前後ろ姿は国連のターディ氏(虎ノ門の日本財団CANPANで。Sports For Smile提供)
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved