大分県立総合体育館でバレーボール教室を開催

     


さすが大分、21クラブ600人が集結

大分の地域SC活動は国内でも有数と聞いていました。11月23日はそれを目の当たりにしました。今年で7回目を迎える総合型地域スポーツクラブ交流会、生憎の雨にもかかわらず県内32SC(設立準備7)中、21のSCが大分県立総合体育館に集まりました。体育館のロビーには地元産の野菜を売る出店で賑わい、子供から大人、障がい者、何と600人がテニス、卓球、ミニサッカー、フリスビーペタンクなどなどで1日たっぷり体を動かしました。その中のメーンがモン・スポの主催する「シンポジューム」と「ファミリー。バレーボール教室」。
 シンポジュームはいつもと違って講演形式。宮嶋泰子理事(テレ朝アナ)が300人の参加者に「スポーツ基本法と総合型地域スポーツクラブの役割」についてプロジェクターを駆使して話し、各クラブのリーダーたちに問いかけました。
「日本人は1週間に1回以上、スポーツをする割合は何lとかわかりますか」(正解=46l)
「世界で一番スポーツを楽しんでいる国はどこでしょうか」(正解=フィンランド)
宮縞コーディネーターの質問に子どもたちが元気に答えます。「フランス!」「イタリア!」、声を張り上げて「にっぽん!」と答える子もいました。
文科省の協力で300冊のパンフを配布、スタンドの保護者らも熱心に聞き入り、パネリストから意見を引き出す方式とは違った手ごたえを感じました。「もっともっと多くの会員に聞いてほしかった。宮嶋さんのお話は分かりやすく、すごく良かった」とSCおおいたネットワークの丸山順道さん(NPO法人923みんなんクラブ会長)。モン・スポとの窓口となって仕切ってきただけに、とても嬉しそうでした。
バレーボール教室は大分出身の吉田(旧姓高柳)昌子理事。タカさんにとってはそれこそ大分市は「いつ以来かな?」と言うほど久しぶり。もっとも生れは宇佐市、高校はむしろ福岡に近い中津南高。その中津市には高校女子バレーボール界ナンバーワンの東九州龍谷高校があり、バレーボールへの関心も高く、“郷土のヒロイン”は人気者でした。教室は小学生、ママさんと2部構成。小学生は8チーム60人。しっかり体をほぐして、パス、レシーブ、アタックとき基本プレーを反復練習しました。1時間半、一通り終わると、本物の金メダルに触れる時です。子どもたちの目が、一段と輝きます。首に掛けて記念写真を撮る者、しげしげと裏表を眺める者、重さを確認する者も。モン・スポから記念にプレゼントし金メダルはがきは忽ち“サイン帳”代わりになって、長い列が出来ていました。
昼食にイノシシの肉で煮込んだ“交流なべ”(豚汁のブタがイノシシ)と地鶏を炊き込んだご飯のおにぎり。宮嶋理事は帰りのご飯にと出店で買い込んだほどです。
腹ごしらえした後はママさんたちのバレーボール教室。参加者40人。それこそ、モントリオール五輪を知るお母さんも数多くいました。「金メダリスト、それも地元出身ですよ。こんなことは初めてですからね」60代のお母さんは、タカさんの打ち込むボールを必死にレシーブしていました。子どもたちへの指導と違い、ゲーム好きのママさんにはチーム練習に多くの時間を割いていました。締めは、4チームに分け、2面のコート使って、試合です。ワイワイ、ガヤガヤ、そこには家事を忘れて生き生きとしたお母さんたちがいました。
▽参加クラブ

みえスポーツクラブ、NPO法人七瀬の里Nクラブ、NPO法人923みんなんクラブ、童里夢スポーツクラブ、エンジョイつくみ、TMKチャレンジクラブ、竹田スポーツ・レクリエーションクラブ、ひしのみクラブ、NPO法人川添なのはなクラブ、夢さきスポーツクラブ、わいわい夢クラブ、にこしんクラブ、ここのえ夢クラブ、賀来衆倶楽部、おおみちふれあいクラブ、OKYさわやかスポーツクラブ、ゆふいんチャレンジクラブ、日出町ひまわりのたね、OZAI元気クラブ、みんなの明治クラブ、明ゆうクラブ





 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved