=ファミリー・バレーボール教室とシンポジューム=
NASS助成事業3開催終わる

     

総合型地域スポーツクラブ(SC)を対象にした「ファミリー・バレーボール教室とシンポジューム」は平成24年1月15日の東京・南千住のイベントをもって平成23年度の3開催(南千住の他は23年11月12日=山口・宇部市、同年11月23日=大分・大分市)を全て終えました。モン・スポでは、「SCの発展とSC間の連携の強化に一役買おう」と日本スポーツ振興センター(NNAS)の助成を受けて22年度にスタート。2年目の今年度はスポーツ基本法が施行されたことを受け、シンポジュームでは「スポーツ基本法と総合型地域SC」をテーマに展開、地域スポーツの充実を地域の人たちと一緒になって考えてきました。来年度もNNASの支援を受けて3開催を計画しています。

こんなSCがたくさんあったらいいな

南千住SCの皆さん、ありがとう。教えることの楽しさ、バレーボールの面白さを改めて教えられました。1月15日、朝4時に起床、一番電車に飛び乗りました。山梨県の山奥(南巨摩郡大久保)に住む、私(池田廣美)が午前10時前に荒川区南千住に到着するにはこれしかないのです。息を弾ませて汐入小学校体育館についたのは、9時半を回っていました。
元気な、はつらつとした声が響き、ママさん、ちびっ子、男性併せ約60人の参加者はすでにいい汗をかいているではありませんか。「ファミリー・バレーボール教室」は一足早く始まっていました。宮嶋泰子理事(テレビ朝日アナ)、矢野信也会員(私の弟)の二人が私の遅れを察して、SCに皆さんに迷惑をかけないようにとカバーしてくれたのです。感謝、感謝。
高田忠則会長からは基本を中心にとのことでしたが、何せ2時間と短かったため、あっと言う間にお昼になってしまいました。これまで幾つかのSCにお邪魔していますが、南千住スポーツクラブは、私の体験を超え、いままでのSCとは違って、バージョンアップしたクラブでした。コートの中で一人一人が前向きで、熱心に取り組む姿は、私の心を引きつけて離しませんでした。36年前のモントリオール五輪の金メダルにも感動してもらい、心なしか若返った気持ちにさせられました。
昼食後のシンポジュームには、バレーボール教室に引き続いて、多くの方が顔を見せてくれました。宮嶋理事のスポーツ基本法の講義を交えながらのパネルデスカッション。親子で入会しているお母さんは、「自分の影響を受けて子供も一緒に活動するようになると、見違えるように子供の心身が変化して逞しくなった」と話してくれました。とにかく皆さん、熱く耳を傾け、生き生きされているのには午前に続き、驚き、感心させられ、楽しい思いに浸ることができました。
“こんなスポーツクラブが全国のあちこちに出来たら、もっと日本は明るく楽しい国に変わっていくのになあ”南千住の皆さんの余韻に浸りながら帰路に。中央線では心地よい疲れも手伝って夢心地でうとうとしていました。
「次回は一泊して1日練習を見てください」と言われましたので、ぜひ実現させたいです。高田会長、桑田健秀さん(東京ブロックSCネットワーク連絡協議会会長、NPO法人総合型地域スポーツクラブ・ピボット理事長、モントリオール五輪男子バスケットボール代表)はじめ南千住SCの皆さん、本当にありがとうございました。明るく楽しい輪を大切にさらに発展されますことを期待しております。(モン・スポ理事 池田廣美=旧姓矢野=)

次回は前夜祭ありの教室を

高田忠則会長「参加者全員、喜んでおりました。各クラブで練習方法を早速取り入れているようです。機会があれば、前夜祭を含めた教室を企画しては? の話も出ています。ありがとうございました」

以上





 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved