加藤敦志会員、バレーボールで復興支援

     

モン・スポの正会員で元日立茂原バレーボール部監督の加藤敦志さんは、「スポーツで復興支援」を掲げて、東日本大震災の被災地などでボランティアコーチ活動を続けています。今年も8月初旬、二つの事業を展開しました。

◇岩手県宮古市での高校生講習◇
日時 2012年8月1、2日
場所 宮古市民総合体育館
参加チーム 盛岡工高、宮古工高、久慈高、宮古高

◇被災地高校チーム招待合宿◇
日時 2012年8月3〜5日
場所 長野・小諸市信州青年の家
参加チーム 宮城県立石巻商高、石巻市立女子商高 長野県立篠ノ井高、屋代高、長野南高、小諸商高、上田高 
         両県の高校生がバレーボールを通して交流し、トレーニングの理論や実践の指導を受けた。

加藤さんは「大震災から1年半が過ぎたが、ハード、ソフト両面とも復興への道のり はまだまだ厳しい。中でもソフト面ではスポーツの役割は大きい。日本バレーボール協会はもちろんモン・スポもその任を担ってほしい」と言っています。





 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved