元気ハツラツちびっ子バレーボーラー
JA全農ミートフーズ教室に130名

     

真夏恒例の「JA全農ミートフーズちびっ子バレーボール教室」(NPO法人バレーボール・モントリオール会主催)が2012年8月11日、埼玉・三郷市総合体育館で県東部地区のスポーツ少年団10チーム約130名を集めて開かれました。指導は、モン・スポの神白高子顧問理事、72年ミュンヘン五輪金メダリストの西本哲雄さん、88年ソウル五輪代表の井上謙さん。折からのロンドン五輪で女子バレーボールチームが28年ぶりの銅メダルを獲得した直後とあってか、ちびっ子たちは暑さを忘れ元気いっぱいにコートを駆け回っていました。また会議室では栄養管理師の阿部菜奈子さん(Office LAC-U)による「育ち盛りの成長期に知っておきたい食と栄養」をテーマにした講座が持たれ、55名の保護者が出席して熱心に食育を学びました。いずれも三郷市での開催は今年で4回目。

 教室に先立って開かれた開会式では三郷市から木津雅晟市長、榎本幹雄教育長ら、協賛を頂くJA全農ミートフーズ株式会社の岡村勝専務取締役らが、子どもたちに激励の言葉を掛けました。
よく食べる! 声を出す! 素早く行動する!―西本さんの三つの教えを基にスタート。ちびっ子バレーボーラーらは、井上さんのリードで念入りな準備運動のあとパス、レシーブ、アタック、サーブ、ミニゲームと約3時間たっぷり汗をかきました。
 終了後は、各チームに(株)モルテンから小学生用公認球各1個、参加者には雪印メグミル(株)、全農チキンフーズ(株)から牛乳やチキン缶詰などがプレゼントされました。

 三郷市スポーツ少年団の山口恵太郎代表は願っています。「子どもたちが金メダリストに指導を受けることは、そうあるわけではありません。チームの指導者にとっても勉強になるはずです。この教室、5回、6回と続けて行ってほしいものです」
 体育館のロビーの机に並べられたミュンヘン五輪の金メダル(西本さん所有)、銀メダル、76年モントリオール五輪金メダル(いずれも神白さん所有)。子どもたちは思い思いに手に取り、中には首にかける者もいました。
 前日からの準備、当日の裏方と惜しみないご協力を頂きた家庭婦人チーム、三郷ママの皆様、ありがとうございました。協賛とはいえ一人で段取りをしてくださったJA全農ミートフーズの小杉秀一様、お疲れさまでした。

 ▽参加チーム
 SWEET(松伏町)、八潮フラッパース(八潮市)、鳩ケ谷マルガリータ(鳩ケ谷市)、栄町少女バレーボール(吉川市)、青柳バレーボール(吉川市)、草加中央バレーボール、草加チア―ズ(以上草加市)、三郷V・Max、三郷エンジェルス、三郷V6(以上三郷市)


以上





 
※写真はJA全農ミートフーズ提供
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved