スポーツ少年団バレーボール教室、今年度は16開催


モン・スポでは今年度も日本体育協会スポーツ少年団のスポーツ選手活用体力向上事業(バレーボール教室)の委託を受けました。
開催日時、市町、指導担当者は以下の通りです。
  8月28日 鹿児島・長島町 藏之元小学校=吉田昌子副代表理事
  9月10日 新 潟・新潟市 中之口幼稚園=田村悦智子代表理事

中之口幼稚園の中山知子教諭から田村代表理事宛に以下のような手紙と写真が送られてきました。紹介します。

  (前略)中之口幼稚園の職員、子どもたち一同、貴重な体験と感動の体験、そしてバレーボールの楽しさを味わう体験が出来たことをとても喜んでいます。10日の降園時には、迎えに来た保護者に子どもたちが夢中になって説明していました。
「今日ね、金メダルを触ったよ。ホントだよ、ホントに触ることができたんだよ」
「バレーボールの先生がとても背が高くて、坂田先生(我が園の唯一の男性教諭之名前です。彼は身長が180pなので、子どもたちからは『とても大きい人』として認識されています)くらい背が高かったんだよ。女子バレーの人はすごいねぇ。オリンピックに出る人はうんと背が高いんだね」
「バレーボールおもしろかった。大好きになったよ」等々。
ところで、ロンドンオリンピック以来、オリンピックのことや金メダルのことが子どもたちの興味や話題の対象となっておりましたが、田村先生にバレーボールを教えていただいたあの日から、中之口幼稚園ではオリンピックへの関心が高まりまして、バレーボールをはじめいろいろな競技をごっこ遊びに取り入れています。新聞紙を球状に丸めて紐を付けハンマー投げごっこが始まったり、クルクル細長い筒状に丸めてフェンシングごっこを始める子もいます。また、学校ごっこで遊んでいる子どもが、「今はね、体育の時間なの。私たちバレーボールするのよ」と2人でソフトバレーボールをパスしたりしています。制作の好きな子どもは、金色や銀色の紙を使って金メダルや銀メダルをたくさん作りました。
そしてオリンピックごっこをして楽しんでいる子どもたちの様子を見ながら、タイミング良く近づいて行って「おめでとうございます。優勝です」と金メダルを首にかけてあげています。手作り金メダルは大人気で、首に掛けてもらった子どもは大喜びでニコニコしています。「本当の金メダルには女の人が彫ってあったよ」と田村先生に見せていただいた金メダルのことを思い出してつぶやいている子共もいます。(攻略)

9月18日 東京・荒川区 赤土小学校=高木貴子理事
  24日 山梨・道志村 道志小学校=池田廣美理事
  27日 福島・福島市 茂庭中学校=中村きよみ理事
10月3日 東京・瑞穂町 瑞穂中学校=高木貴子理事
  10日 長崎・長崎市 西泊中学校=吉田真理子理事
  18日 神奈川・横浜市 中沢中学校=吉田昌副代表理事

 734名の大規模校で全校生徒を前にしてのお話は、多少緊張しましたが、バレーボールの楽しさ、努力の大切さは伝えられたと思います。実技指導は人数が多過ぎるのと時間のなさで、思い通りに行きませんでしたが、生徒も先生もとても喜んでいました。(吉田昌)

10月30日 島根・松江市 八束中学校=吉田真理事
11月 1日 宮城・大崎市 鳴子小学校=中村理事
   12日 北海道・札幌市 札幌小学校=池田理事
   20日 埼玉・本庄市 児玉小学校=神白高子理事
   22日 滋賀・長浜市 南郷里小学校=池田理事
   28日 埼玉・さいたま市 栄小学校=神白理事
12月 4日 愛知・東海市 加木屋小学校=田中克子理事

2013年1月16日 千葉・松戸市 稔台小学校=田村代表理事







 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved