「バレーボール教室とシンポジューム」スタート

TOTO助成事業、今年度も3回予定

平成24年度の「ファミリー・バレーボール教室とシンポジューム」(TOTO助成、モン・スポ主催)がスタート。10月14日、荒川区南千住の汐入小学校でちびっ子からママさんまで約80名が参加して賑やかに行われました。指導に当たったのは池田廣美、西川樹理の両金メダリストと宮嶋泰子理事(テレビ朝日アナウンサー)。実はここ南千住では、年度を跨いでいますが、今年2回目のお世話になります。1月に訪れている池田理事はすっかりおなじみで、南千住スポーツクラブ(高田忠則会長)の皆さんとはとお友達同然でした。特に13日夜、団地の集会場で持たれた“前夜祭”では、約20名の南千住SCメンバーとお刺身、ステーキ、煮物などのご馳走を摘まみながら和気あいあい。バレーボール談義から2020年五輪の東京招致まで話は及び、夜が更けるのも忘れてしまいました。

 荒川沿いの下町の風情しか記憶のないこの町は今や新名所、東京スカイツリーのお膝元、634bの高さを実感できる場所でもあります。人口4万人といわれる高層ビル団地の一角に汐入小学校はあります。創立10周年の横断幕が街の若さを教えてくれました。
体育館は4階建てビルの2階、朝9時にはもうちびっ子らは走り回っていました。コートは面、天井から降ろされたコートを遮るネットを挟んで子ども組と大人組。

ちびっ子は約40名。経験者と未経験者(約10名)に分け、ジュリさんは経験者にレシーブからパス、トスの練習を繰り返し教えます。圧巻は男子チームとの“戦い”、捕れるか捕れないかのところへボールを投げるジュリさん、必死に食らいつくちびっ子。それまで笑みまでこぼしていた子どもの目の色が変わり、身体を投げ出してボールを上げました。その間約15分、終わった瞬間、子どもたちには充実感があふれていました。

勝手知ったヒロさんは、顔なじみのママさん約40名(内パパ10名)には試合のためのトレーニング。サーブレシーブからスパイクまでをみっちり。締めは、ジュリさんも打ちや加わってレシーブ練習、パパもママもへとへとになって終わりました。

 「東京オリンピック招致と地域総合型SC」をテーマにシンポジュームは午後1時過ぎから2時間行われました。コーディネーターは宮嶋理事、パネリストは南千住SCから高田会長とメンバーの主婦2名、それに池田、西川の両金メダリスト。「2020年東京五輪を実現させ、南千徐SCからも五輪選手を出したい」高田会長の夢に、バレーボールの日本代表を夢見る小5の娘を持つお母さんと中3のサッカー少年をサポートするお母さんはともに「日の丸の夢を叶えさせてやりたい」と意気込んでいます。
そんな主婦に世界の頂点にったふたりは自らの少女時代を重ねます。「養蚕農家で子どものときは放任だった。虐めにもあった。何事にも我慢した少女期で、それがトップアスリートになる過程で役立った。過保護になると子どもは育たない」とヒロさん。ジュリさんも過保護には反対。「高校時代はとにかく厳しかった。何度も夜逃げして実家に帰っても、戻された。『うちの親は…』と思ったこともある。ただ厳しい練習で殴られ傷付いた体を見て必死にかばってくれた。あの時の母親の厳しさと優しさがあったからバレーボールを続けてこれた」と40年前を思い出していました。時代は違いますが、金メダルを取ることは尋常ではないという話に場内は一瞬静まり返りました。

  SCを立ち上げて3年目の高田会長。「競技はいっぱいある。子どもたちには2種目以上やらせて、可能性を自ら見つけるように、目覚めさせるようにさせたい。うちにはオリンピック予備軍はいると思う」五輪選手育成への決意は並々ならないものがあり、栄養学も取り入れたいと意気込んでいます。
「今あることを楽しみ、その積み重ねが金メダルであればいいと思う。2020年のオリンピックは東京でなくても、世界のどこかで開かれます。その時に、このクラブから選手を出しましょうよ」宮嶋コーディネーターはこう言って締めくくりました。
五輪大会に参加するのは選手だけではありません。障がい者のパラリンピックもあります。大勢のボランティアも立派なオリンピアンです。2020年の五輪開催都市は2013年9月のIOC(国際オリンピック委員会)総会で決まります。
南千住スポーツクラブの皆様、ありがとうございました。お役にたてたなら幸いです。
第2回は2013年1月14日、掛川市で開催します。



 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved