トップとボトムの好循環を実証

掛川でTOTO助成事業第2弾

2013年1月14日

TOTO助成事業の平成24年度第2弾は新春1月14日、掛川市総合体育館「さんりーな」で開催しました。「バレーボール教室&シンポジウム」in掛川、午前九時半から高木(旧姓白井)顧問・理事の実技指導でバレーボール教室がスタート。外は大雨、管内では軽快なポップに合わせてエアロビクスで体をほぐします。参加者はスポ少、ママさん併せて110名。フィットネス・インストラクターの山本舞子さんが元気な掛け声でリードします。なんともぎこちなかった子どもたちも5分、10分と経つうちに大きく、スムースな動きになって、バレーボールへバトンタッチ。ピンマイクから飛び出す“白井先生”の声は「走れ!」「声を出して!」と矢継ぎ早です。サーブ、レシーブ、アタックと基本プレーを教えながら、付き添いの指導者には練習方法を示唆します。自分で打ったボールは自分で走って取りに行く、締めくくりも皆横一になってのダッシュ。子どもたちは走ることの大切さを身をもって体験し、ママさんたちはもっぱらゲームを楽しんだ2時間でした。
参加者が目を輝かしたのは1976年モントリオール五輪の金メダル。これだけは大切にしているという、白井さんのお宝中のお宝です。恐る恐る手に取って眺める子どもたち、ママさんの中には“その昔”を懐かしむ人もいました。
◇バレーボール参加チーム ▽スポーツ少年団 大坂SVC、桜木VSC=以上男子、城東VSC,大坂SVC、桜木VSC、東山口VSC、桔梗ヶ丘VSC、大須賀VSC、原野谷VSC、西郷VSC=以上女子
▽ママさん フラワーズ、掛川イーストクラブ、大東ナインズ、栄川、初馬、ヴァイタミンズ、美和クラブ、掛川北クラブ、西郷クラブ、掛川桔梗、掛川ポプラーズ、桜ケ丘クラブ
圧巻のシンポジウム。白井貴子さん、杉本龍勇氏(法大教授、1992年バルセロナ五輪陸上100b代表)、村田亙氏(専大ラグビー部監督、ラグビー元日本代表、ラグビー界初のプロ選手)、かつてのトップアスリートが3名勢ぞろい。これに総合型地域SCから板垣晶行さん(掛川総合スポーツクラブGM)、浜谷友子さん(かわねライフスポーツクラブ・マネジャー)とまさに多士済々の顔ぶれです。
テーマは「地域スポーツとトップスポーツ好循環を考える」目から鱗の話に会議室を埋めたSC関係者、スポーツ指導者ら80名は感嘆します。コーディネーターの宮嶋泰子理事(テレビ朝日ディレクター・アナウンサー)が自らの取材経験を基に基調報告。スクリーンには早朝から陸上競技の予選に目を凝らす超満員のメーンスタジアムや体操競技のマットでバレエを踊る映像が浮かび、昨年夏のロンドン五輪で見た「スポーツを楽しむ土壌」「スポーツは文化」の現実を語ります。日本も平成23年にスポーツ基本法が制定され、昨年3月にはスポーツ基本計画が出来、「皆のスポーツ」に国を挙げて力を入れることになりました。トップスポーツと地域スポーツの連携、協同が一層叫ばれているのですが…。
各パネリストがそれぞれの体験、現行を基にお話を聞いて、日本のスポーツ界の大きな問題が浮かび上がりました。「既得権にこだわる」「固定概念を外すのを嫌う」「勝負にこだわりすぎる」「試合のための練習」「人の話に耳を貸さない指導者が多い」「他の競技に関心を示さない」など、こうした指導者の考えは、大きな社会問題にもなっている体罰にも行きあたるという思いがしました。
サッカー、ラグビー、野球などクロスオーバーしてフィジカル面の指導している杉本さんは、さらに日本スポーツの弱点を指摘。「戦術の話になりやすいが、細かい部分を分析すると動きになる。それの動きを突き詰めることが重要だ。もし、ぼくがこのことを選手時代に行っておれば、もっといい記録が出せた確信する」

@ 「正確な動き」⇒A「筋力・体力・スピード」⇒B「技術」。これを上下にしてください。杉本さんの言う正しい動きを習得して、そのうえで体力・スピードを身につけ、初めてレベルの高い技術が習得できるのです。

この考えは欧米では当たり前に考えられていますが、日本は欠けているのです。正しい動きとは、「一例ですが、膝と爪先が同じ方向を向いていることで、これが行われておれば膝などの怪我はない」と杉本さんは断言します。宮嶋さんも、国際サッカー連盟(FIFA)の「The 11+」(ウォームアップ・プログラム)を実証したことで女子サッカー選手の十字靱帯断裂が半減したことを例に挙げ、「正しい動きをすれば早く動けて怪我も少ない」と説きました。怪我をしないで最高のパフォーマンスする―日本ではトップスポーツすらまだまだ行き渡っていなませんが、SCのメンバーや小学生から「正しい動き」を取り入れてほしものです。やがてパパ・ママの腰痛や間接痛が改善し、ちびっ子はバランスのとれた体に成長すること請け合いです。
フランス、ニュージーランド留学の経験を持つ村田さんは柔軟性を強調。「ツール・ド・フランスを利用してトレーニングするなどフランス人はパフォーマンスを上げるためには何でも利用する。指導者も競技者も視野を広げ、柔軟性を持つべきだ」。
白井さんは40年前の例を挙げました。モントリオール五輪の金メダルを目指してのトレーニングです。「陸上、野球、重量挙げ、ハンドボール、栄養士、あらゆる分野のスペシャリストを呼んで様々な指導を受けたが、(杉本さんや村田さんの話を聞いていて)間違っていなかったと思う」と述懐していました。
今回のテーマは、SCへトップアスリートを派遣するだけでは事足りません。「SCは医学療養士やアスレチックトレーナーを入れて、正しい動きを子どもたちやパパ、ママらに指導してもらいたい」と宮嶋さん。会議室を埋めたSC関係者やスポーツ指導者にとっては納得の2時間。これこそが、地域SCとトップチームの好循環を実感であると実感しました。
総合型SCを立ち上げて間もない浜谷さんは「正しい動きを覚えることでいろんなことに役立つと思いました。いろんな人と交流をして知識を広げ地域の活性化に役立てたい」と決意を新たに。板垣さんは「行政・企業・学校を好循環させて行かないとSCはうまくいかない。企業スポーツとSCがトップアスリートを媒体にコラボすればそれこそ好循環が生まれると思う。縦割りの役所には脳をフローにして柔軟に対応してもらいたい」と結論付けました。(文責・奥本浩平)

▽主催 NPO法人バレーボール・モントリオール会
▽共催 NPO法人掛川市体育協会「掛川総合スポーツクラブ」
▽後援 静岡県教育委員会、掛川市、静岡県西部地区スポーツ産業振興協議会
▽協賛 ミカサ
▽協力 日本スポーツ振興センター

                                  


 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved