徳島県三好市で「バレーボール&教室シンポジウム」を開催


2013年2月24日

阿波池田駅に着いたのは2月23日夕、アーケードの駅前商店街はひっそりとし、シャッターがやたら目につきました。山間部にあって寒いとは聞いていましたが、思っていた以上に寒く感じたのは商店街のせいなのかもしれません。“四国のおへそ”“交通の要衝”と言われる池田町が、平成24年度最後の事業「バレーボール教室&シンポジウム」(toto助成事業、モン・スポ、いけだスポーツクラブ共催)の開催地です。かつては3万人でにぎわった町も今では1万4千にも満たないのです。

 過疎の町には、しかし、元気はつらつの女子生徒がいました。翌24日、池田総合体育館のバレーボール教室には三好市内の池田高、辻高、穴吹高、脇町高、川島高、吉野川高、山城中の女子チーム、いけだSC(小4、5年生女児)約60名が参加して熱気ムンムンです。実技指導は西本哲雄さん(72年ミュンヘン五輪男子バレーボール金メダリスト)、西本さんと言えば専売広島(現JT)の名センター。池田町はその昔、幕末から明治にかけて刻みたばこで栄えた町で、100軒を超える民営たばこ工場があり、専売公社(現日本たばこ産業)の工場が平成2年に閉鎖されるまで町の雇用を支えていたのです。「何かのご縁ですね」西本さんの指導にも自然と熱がこもります。基本プレーの徹底。「大きな声をだす」「行動は素早く」「ジャンプは股関節使って跳ぶ」「スパイクは投球フォームと同じ」などなど。どの学校も1、2年生チームで発展途上ですが、生徒たちに力強さと可能性を感じました。

 山間を縫うように流れる吉野川は、四国三郎と呼ばれ、日本3大暴川の一つ。その川沿いに池田町はあります。船にたばこを積んで吉野川を下って運び、たばこ産業で栄えた商家が競って建てた「うだつ」が今なお多く残っています。その“うだつの町”で語り継がれているのが、やまびこ打線です。蔦行雄監督の下、甲子園を沸かせた池田高校です。昭和57年(1982)夏、この大会、1大会7本塁打、最多安打85、最多塁打121の大会記録を作って初優勝、翌58年春も優勝して4校目の春夏連覇を成し遂げたのです。

 その池田高の生徒らバレーボール教室に参加した女子高校生と指導者ら約40名を対象にシンポジウムは行われました。コーディネーターの宮嶋泰子理事(テレビ朝日ディレクター・アナウンサー)は急きょテーマを「過疎の町と総合型地域SC」から「文化としてのスポーツ」に変えて基調講演。体罰の問題が取りざたされているときだけに、参加者にとってはタイムリーな話題になりました。「文化は人生をより豊かにするためのもので、スポーツはその一つであること。スポーツの楽しさは、自分で工夫し、上達して喜びを味わう、つまり自己表現の場である。指導者はこの喜びを実現させるために、褒めて、認めて、気づかせるのが仕事ですよ」宮嶋アナはロンドン五輪や女子バレーボール選手やハンマー投げの室伏幸治選手の例など、取材現場で得た”ネタ“を挟んで判りやすく説きました。「選手は自分で考え、自分の意思でプレーする。指導者は観察し、自分の考えを言葉で伝える」そこには言葉の暴力もなければ、体罰もないのです。

 パネラーは川島高の監督、佐藤優作教諭、池田高2年生の大西葉月さん、いけだSC副会長の岡康次さん、金メダリストの西本さん。「スポーツは人間にとって欠かせない文化だ」とそれぞれがそれぞれの立場で話しました。佐藤教諭は「大きな声を出すことで快感を覚えた。勉強も受験を忘れ、スポーツも勝ち負けを忘れ、楽しむことが大事だと思った」。「(バレーボールチームでは)先生やチームメートとの信頼関係をつくることが大切だと思っていますが、このことは社会へ出たとき役立ちます」とセッターの大西さん。チームプレーならではの人間関係に心を砕いているようです。

 人と人との繋がりが希薄になってきた今日、スポーツの人を思いやる精神は益々欠かせないものとなっています。岡さんは言います。「おじいちゃんやおばあちゃんに可愛がられた子たちがスポーツクラブへ入ってくれるだろう」SCは人のぬくもりを育む場だと言いたいのでしょう。「部活とSCのコラボレーションをするには教員ももっと多方面の勉強をしなければいけないね」と佐藤教諭は一歩前へ進みます。これを受けて岡さんは「先生の手が回らない時はSCがお手伝いしますよ」と手を差し伸べました。西本さんは、SCが核になって市内の高校チームが集結したことを評価。「お互いがライバル意識を持ってプレーしていた。相乗効果があった」とチーム力を上げるためにも今後こうした場を持つことを進めます。“やまびこ打線”ならぬ”やまびこ攻撃“、そんな愛称のバレーボールチームが全国大会で活躍する日も夢ではないでしょう。

 体育館の中では「何処が過疎なのか」と思うほど、スポーツの持つ力、熱気を感じました。この子どもたちが、この先生たちが、阿波池田を、三好市を甦らせてくれる予感がします。「吉野川SC、いけだSCを活用して人と人とのつながりを広げ、活動の輪を広げて行きたい」2007年モン・スポがネパール遠征した際お世話になり、今回また素晴らしい舞台を設営していただいた、いけだSCの大西真知子クラブマネジャーのほころんだ顔が印象的でした。

いけだスポーツクラブ

※うだつ=隣家との間に造られた袖壁のことで、防火の役目をしています。うだつを造る相当の費用がかかったため、「うだつが上がる」と言う言葉の由来になっているように、裕福な家の証でした。




 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved