JA全農ミートフーズ「ちびっ子バレーボール教室」
今年度最初の主催事業終わる

     

2013年7月27日

モン・スポの平成25年度最初の主催事業、JA全農ミートフーズ「ちびっ子バレー-ボール教室」は7月27日、三郷市総合体育館で開催され、滞りなく終えることが出来ました。三郷市、JA全農ミートフーズ(株)、雪印メグミルク(株)をはじめ多くの皆様に感謝いたします。
 今年で5回目。三郷市ではすっかりおなじみになったバレーボール教室は開催市を中心にスポーツ少年団11チーム、元気な小学生バレーボーラー約150名が参加しました。

指導に当たったのは神白高子顧問・理事(旧姓飯田、モントリオール五輪金メダリスト)、丸山由美さん(旧姓江上、ロサンゼルス五輪銅メダリスト)、今春引退したばかりの田中祥子さん(旧姓杉山、北京五輪代表)、稲葉香菜子さん(旧姓内藤、元NECレッドロケッツ)、かつての名ミドルブロッカー4名。10時前から始まった教室は、丸山さんがリーダーとなって、他の3人がアシストします。パス、レシーブ、スパイク、サーブカットなど基本プレーを正確に行うための基本動作を指導しますが、小田急バレーボールクリニックで主任講師を務めるだけあって、丸山さんの説明は解り易く、子どもたちは納得しながら聴いているように思いました。2時間半があっという間に過ぎました。
 モン・スポのコーチ陣(会員以外を含め)はバラエティーに富んでいます。指導の仕方は十人十色です。豊かな経験と実績を基にコートでは見せなかった、見えなかった人間性が出ます。正直驚くほど上手です。説得力があります。
 阿部菜奈子さん(栄養管理師)による食育講座もおなじみです。約50名のお母さんが熱心にメモを取りながら1時間半、発育盛りの子どもたち向けのメニューを学びました。この夜の食卓は新しいレシピを囲み、話が弾んだことでしょう。


シナプソロジーでまず脳の活性を

 ハプニングもありました。開会セレモニーの後、“五感の刺激により、脳内のシナプス(脳の神経細胞)の働きを活性化!”シナプソロジーの実演です。これを考案・開発したのは潟泣lサンス。同社ソフト開発部の谷賢造さんが体育館に集まった全員を対象にプログラムを紹介しました。その間、歓声と笑顔いっぱいの10分弱。木津市長も上着を脱いでみんなと一緒に手足を動かし、榎本教育長はipad(アイパッド)に写真を収めていました。引っ込み思案な子が積極的になったとか、動作に苦労していた手足が動いたとか、脳が活性することで様々な効果が実証されており、家庭婦人の三郷ママさんチームでは早速、練習前に取り入れているとのことです。

 

この教室から埼玉代表で全国大会へ


おめでたいこともあります。この教室に毎回参加している、男女混合チーム三郷ジュニアが第33回全日本小学生バレーボール大会(8月13〜16日・東京)に埼玉県代表として出場しました。
[参加チーム]Sweet(松伏町)、越谷増林(越谷市)、三郷V.Max、三郷V6、三郷エンジェルス(以上三郷市)、岩槻クィカーズ(さいたま市)、西町ジュニア(草加市)、
栄町少女バレー(吉川市)、並木ジュニア(川口市)、鹿骨ジュニア、上小岩ジュニア(以上東京・江戸川区)

▽主催 NPO法人モン・スポ、公益財団法人三郷市文化推進公社
▽後援 三郷市教育委員会、三郷市スポーツ少年団
▽協賛 JA全農ミートフーズ梶A雪印メグミルク
▽協力 モルテン、三郷ママ、スポーツ少年団母集団
 

写真はいずれも三郷市総合体育館提供

          ちびっ子たちに懇切丁寧に説明する丸山由美さん       教えてもらったことがどこまでできるか、丸山さんのトスを打つちびっ子エース


役を退いたばかりの田中祥子さん。戸惑いながらも優しく指導        脳の神経活性化させるシナプソロジ―を“楽しむ”ちびっ子たち
 
スパイクの模範演技。丸山さんのトスを打つ稲葉さん                スパイクのフォームを教える稲葉香菜子さん    
 
         アンダーハンドパスの指導をする神白高子さん         阿部講師の食育講座に耳を傾けるお母さんたち(総合体育館会議室で)
三郷市の木津市長(右から3人目)を囲んで記念写真(右から神白、稲葉、一人置いて丸山、田中の指導者、左端は榎本教育長)
 
雪印メグミルク様、モルテン様からのお土産を前に全員集合
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved