高木顧問・理事のワンポイントレッスン大好評
26年初仕事はヤマト運輸バレーボール大会

     

2014年1月26日

さすが金メダリスト! 的を射た指摘と巧みな話術で笑いを誘発、高木(旧姓白井)貴子顧問・理事のレッスンに、選手やスタンドの応援団から大きな拍手が起こりました。

1月26日、モン・スポの平成26年の初仕事は「第29回オールヤマトバレーボール中央大会」。会場は昨年11月オープンの潟с}ト運輸羽田クロノゲート内ヤマトフォーラム。この日はヤマト運輸挙げてのバレーボール大会(女子)、山内雅喜社長以下役員、組合代表らが勢ぞろい。全国4ブロック70チームの中から予選を勝ち上がってきた4チームが出場して、予選リーグ戦、決勝戦のスケジュールでヤマト一を競いました。

高木顧問の出番は決勝戦前の50分。FC東京(男子V、プレミア)で普及指導に努める2名を補助員に、決勝に出ない2チームを対象に実技指導を行いました。予選を観戦しながら指導ポイント探ってきたビッグさんが指摘したのは、サーブとサーブレシーブ、ブロックの3ポイント。「左へ来たボールは左足から動いてコートの中を意識してパスをする」「早くボールの下へ入って、静止してパスを出す」、時に「そう、いいよ!」と褒め、時に「○番! 動いた!」「○番! 何聞いてんの?!」と檄が飛びます。そのたびに選手から苦笑い、スタンドからは暴笑が起こりました。サーブは白帯スレスレを狙ってコートの最後部へ打つように指導、ブロックは早く跳びがちになるので「1、2、3」と声を掛けながらジャンプするように教えていました。締めはミニゲーム、あっと言うもの小一時間に「社長も見えて皆、ピリピリしていた。こっちも久しぶりに緊張したよ」とビッグさんらしくない感想でした。

本物の金メダルはやっぱり珍しい。手に持って重さを実感したり、首にかけて記念写真をとったり。次から次への選手や大会役員に「かじっちゃダメだよ」、ここでもビッグさんは笑わせていました。
大会は横浜主管支店チーム(関東、東京ブロック)が宮城県主管支店チーム(北海道、東北、北信越ブロック)を破って優勝。MVPの栗木美穂さん(横浜上矢部センター)、白井貴子賞の岩本恭子さん(熊本主管支店チーム=江越センター)にはモン・スポからロンドン五輪日本女子バレーボールチームのポロシャツを贈りました。

結びに、大田区を中心に地域スポーツの振興に努めているNPO法人地域総合スポーツ倶楽部ピボットフットの桑田健秀理事長(モントリオール五輪バスケットボール男子代表)、何から何までお世話になりました。FC東京バレーボール部(V、プレミアリーグ)の普及指導員の皆さん、ご協力感謝します。

写真提供:ヤマトグループ企業労働組合

 
 
         
 
 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved