toto 助成H25年度第1回「バレーボール教室&シンポジウム」
オリンピック日本代表4人豪華勢ぞろい
3/2 汐入小 南千住SCの協力で開催

     

2014年3月2日

2020年東京五輪の招致決定を受け、モン・スポではオリンピックと地域スポーツを考えてみることにしました。平成25年度の日本スポーツ振興センターtoto助成事業「バレーボール教室&シンポジウム」(モン・スポ主催)は、とりわけシンポジウムに軸足をおいて展開します。平成25年度の第1回は、3月2日、東京・荒川区南千住の汐入小学校で南千住SC(高田忠則会長)の協力を得て開きました。
豪華な顔が揃いました。1976年モントリオール五輪女子バレーボール金メダリストの矢野(現姓池田)廣美さんと横山(同西川)樹理さん(ともにモン・スポ理事)、同五輪男子バスケットボール代表の桑田健秀さん(NPO法人地域総合型スポーツ倶楽部ピボットフット代表)、92年バルセロナ五輪陸上競技中距離代表の渡辺高博さん(渡高株式会社代表取締役)。このオリンピアン4名は、五輪取材17回の宮嶋泰子アナ(テレビ朝日、モン・スポ理事)のコーディネートで「オリンピック」「スポーツ」等について1時間半のトーク、約40名の荒川区民が熱心に聞き入りました。

オリンピックとは。

トップアスリート4人のオリンピックへの思いはそれぞれです。テレビドラマ「アタックNO.1」を見てバレーボールを始めたという横山さん。「実業団(当時ユニチカ)2年目の時、アジア大会の開会式に出て、オリンピックはもっとすごいだろうなと思い、初めて意識した。引退して年齢を重ねて、オリンピックに出たことが不思議に思えてきて、がんばってよかったと思う」。「オリンピックなんか頭になかった。監督に殴られないようにすることだけを考えて練習をしていた」と言う矢野さん。背が高いだけでバレーボール部に誘われ「自分が一生懸命練習してきたのだから世界一は当たり前だと思っていた。でも、長い年月をへて、多くの人に支えられてメダルが取れたのだと思うようになった」と述懐します。
学生時代から注目されていた桑田さんは「大会では12チーム中11位、参加することに意義があると思った。恵まれた環境の中で一生懸命積み重ねた結果がオリンピックだ」だから今、子どもたちのために環境づくりに努めているのだそうです。愛媛県の田舎(新居浜)で足の速い少年だった渡辺さんは、憧れの五輪(バルセロナ)の記憶がないと言います。「400bと1600bリレーの2レースに出ていずれも予選落ち。舞いあがって何も覚えていない。20年経ってロンドン五輪(12年)を観客として見てオリンピックを確認した。楽しいお祭りだった」トラックを疾走するランナーに、かつての自分をダブらせたのでした。
ソチ五輪(日本時間2月24日未明閉幕)から帰国したばかりの宮嶋アナからホットな報告。「(ソチでは)スピードスケートでは競技中、音楽が流れ、スタンドはお祭り騒ぎ。ジャンプの会場でも四六時中音楽が流れていた。日本ではスポーツとなると真面目になるが、スタンドと一体になったお祭りにしたい」、20年の東京は彼女にとっては20回目のオリンピック取材になるのです。

スポーツとは。

中学校では合唱部に所属していた矢野さんは、バレーボールが好きではありませんでした。「勝つことしか意味のないスポーツ(バレーボール)をやって来て、メダルを取った。でも楽しいと思ったことはなかったが、(モン・スポの事業で07年)ネパールへ行った時、難民キャンプでバレーボールをして、(難民に)楽しさを教えられた」のでした。樹理さんは地域(北九州)でバレーボールばかりか、バドミントン、テニスも仲間とプレーします。自ら主催する高齢者を対象にしたソフトバレーボール大会は35年間続いています。「高齢化の時代、年配者だけの大会も必要だ」と言う樹理さんも還暦間近。合言葉は「とにかく楽しく」です。
渡辺さんは小学生にこう言います。「生きていることがスポーツなんだよ」、そして姿勢を注意します。「姿勢が正しくない子は45分の授業さえまともに受けられない。ベースは姿勢、正しい姿勢を継続できればスポーツでもなんでも楽しめる。スポールのベースは走ること。正しく走ればスポーツは楽しい」まさに同感です。「勝つことだけがスポーツではない。楽しむことは勿論仲間もつくれる。ルールを理解し、ルールを守ることは社会教育そのもの。大人から子どもまで楽しめるのもスポーツ。地域のコミュニケーション作りにも役立つ」桑田さんは、スポーツ基盤は各々の生活圏にあると主張します。
宮嶋アナはソチ五輪で思ったそうです。「競技団体にあってメダルが使命の中で育った選手ではなく、楽しくスポーツをしてきた者がメダルを取った」、スノーボード男子ハーフパイプの平野歩夢(銀)、平岡卓(銅)、同女子パラレル大回転の竹内智香(銀)、フリースタイルスキー女子ハーフパイプの小野塚彩那(銅)らの活躍を目の当たりにして「日本のスポーツ界も変わった」と実感したのでした。

2020年東京オリンピック、パラリンピックとは。

64年東京五輪から数えて半世紀を超え、再び東京に聖火が灯ります。日本は高度成長期を過ぎ、少子高齢化が進んでいます。加えて東日本大震災、福島原発事故からの復興を世界中が注目しています。
そんな中、いつものようにメダルの皮算用も始まり、強化費も取りざたされています。が、選手の育成は銭金だけではありません。選手強化は農業と同じは宮嶋アナの持論です。土を耕し、種をまき、水をやり、除草して初めて立派な実が実ります。メダルはあくまでもその結果でしかありません。それを知ってか知らずか、スポーツの在り方も変化してきました。生涯スポーツの社会を実現させようと文部科学省が1995年に推進したのが総合型地域スポーツクラブの設立、全国で3,100を超えるSC(H22年統計)が活動しています。2011年にはスポーツ基本法も制定されました。桑田さんは言います。「東京五輪へ向けて今やらなければならないことは、場所、指導者などを含め地域にスポーツ環境をつくること。総合型SCは行政と一体となって頑張りたい」と。
障がい者スポーツにもやっと光が当たり始めました。
「スポーツは勝たねばならぬではダメ。スポーツは人と人とのつながりを作り、そのつながりは言葉を超える。パラリンピックも長く取材してきたが、人間の可能性がわかり、オリンピックより面白いと思う」と宮嶋アナ。どんな人で楽しめるのがスポーツです。そんな社会こそが成熟した社会です。単なるオリンピックス好きか、本当にスポーツを愛する国民か、試される6年間…=\自らに届いた年賀状の一文を紹介してくれました。

バレーボール教室、寒さ吹っ飛ぶ100名の熱気

春から冬に逆戻り。2日の東京は雪でも降りそうな空模様。しかし、汐入小学校体育館は熱気いっぱい。午前中のバレーボール教室には小学生約60名、ママさん約20名に保護者を加え総勢100名が参加しました。実技指導は矢野(現姓池田)廣美さん、横山(現姓西川)樹理さんのモントリオール五輪金メダルコンビ。樹理さんはちびっ子を担当、「基本プレーを身につけてほしい」とボールの下に素早く入ってキャッチする練習を繰り返しました。ママさんを受け持ちのヒロさんは前夜(1日)、懇親会でお父さん、お母さんと顔を合わせており、和気あいあい。実戦に役立つようにチームプレーをコーチしました。10時から12時半近くまで。どちらもゲームで締めくくりました。「教えることがたくさんあって2時間では短すぎます。(上手くなるためには)先生や私たちの言ったことをしっかり聞いて実行しましょう。頑張ってください」樹理さんは不完全燃焼のようでした。

◇参加チーム▽小学生 瑞光、若葉ビクトリー、倭JVC、ポニーズ石浜、日暮里、赤土、汐入東、汐入
▽ママさん 南千住SC、瑞光小、アヤセ、五峡

荒川区はパラリンピックで頑張ります

シンポジウムには、荒川区から西川太一郎区長、高梨博一教育長、泉谷清文社会体育課長、区報担当の安倍翔広報課員も参加されました。「荒川区には五輪施設はないが、その施設のない14区と一緒になって東京五輪を成功させるための準備をしている。南千住には障がい者の義肢装具サポートセンターもあって、パラリンピック参加者にはなじみの街でもある」と西川区長。高梨教育長から「おもてなしについて教えてほしい」と質問が飛びました。選手として五輪を体験した4人は「人との触れ合い」「親切」を挙げましたが、「ボランティア次第」と断言するのは宮嶋アナ。「オリンピックのイメージはボランティアで決まる。ソチでは皆、英語がしゃべれる。顔見知り成ると気軽に声を掛けてくれる。バスは時間通りに来て、時間通りに目的地に着く。すべてに最高のオリンピックだった」は、ホットな実体験でした。さて、東京は?
 写真撮影=荒川区広報課・安部翔さん、文責=奥本浩平

▽主催 NPO法人バレーボール・モントリオール会
▽共催 東京ブロックSCネットワーク協議会
▽主管 南千住スポーツクラブ
▽後援 荒川区教育委員会、荒川区バレーボール協会 
▽協力 日本スポーツ振興センター、ミカサ



 
 
 
 
 
 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved